スポンサーリンク

酢だこの作り方 、 合わせ酢の作り方とレシピ

酢だこ004

 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですか~ 今日の料理は酢だこです。刺身用のタコときゅうり、わかめを酢の物にします。酢の物を作る時に使うのが合わせずですが、酢だこの場合、甘みのある三杯酢と言うものを使います。三杯酢は酢としょう油、みりん(煮切り、アルコールを飛ばしたもの)を全て同じ比率で混ぜたものが基本ですが、砂糖を使って作る方法もあり、料理によって、好みによって割合を変えて作ります。

合わせ酢の作り方、三杯酢と二杯酢

三杯酢 : 三杯酢は和え物によく使われる合わせ酢で、基本は酢としょう油、みりん(煮切り、アルコールを飛ばしたもの)を全て同じ比率で混ぜたもので、薄くしたい時には出汁を加えて調節します。ですが、砂糖を使ったレシピも今は多く使われていて、みりんの煮きりが必要ないので手軽に作れて便利です。私のお勧めの配合は

酢     3
しょう油  2
砂糖    1(あっさり)~2(しっかり) 

こんな感じです。酢だこを作る場合は砂糖を1.5~2の間で作ると良いかなと思います。

ついでに二杯酢の配合です。二杯酢は甘みのない合わせ酢のことで、酢醤油とも言います。基本の配合は酢としょう油を1:1で混ぜます。私のお勧めは

酢     3~4
しょう油  2

この位の配合が良いかなと思います。

酢だこ037


酢だこの作り方 

材料2人分
刺身用ボイルタコ        100g
きゅうり               1本
塩蔵ワカメ             10g
塩                 小さじ1/5

合わせ酢
酢               大さじ3
しょう油           大さじ1
砂糖             大さじ1.5~2お好みで

作り方

1)きゅうりは薄い輪切りにします。ボウルに入れて塩小さじ1/5をかけ、時々混ぜながら15分置きます。15分経ったら手で水気を絞ります(水さらしは必要ありません)。※きゅうり1本(約100g)に対して塩小さじ1/5(1g)なので、塩味としては吸い物程度の味になります。それを水が出た所を絞るので、ほのかに塩味がついている程度となり、水晒の必要はありません。

酢だこ027

酢だこ028


2)塩蔵ワカメをボウルに入れます。たっぷりの水に晒し、何度か水をかえて塩を抜きます。2~3分、水につけると戻るので、水気を絞って切り、ザクザクと食べやすく切っておきます。

酢だこ029

酢だこ031


3)ボイルタコの刺身を切ります。大きなタコの場合は輪切りにしてもいいですが、このタコは小さかったので、薄めの削ぎ切りにしました。1枚7~8g、普通の刺身より小さめに切るといいです。※タコやイカのゲソは足先が固いとされているので、足先5~1cm位は切り取って捨てます。

酢だこ032

酢だこ035



4)ボウルに水気を絞ったきゅうり、わかめ、切ったタコの刺身を入れます。合わせ酢の材料を混ぜ、砂糖を溶かしてから加えて和えましょう。

酢だこ038

酢だこ039

5分位馴染ませたらできあがりです。小鉢に盛り付けて頂きます。

酢だこ002

酢だこ019

酢だこ006

酢だこのできあがりです。きゅうりのシャキシャキとした食感とタコの旨味がいい感じです。それにわかめが磯の香りを添えています。こういうツマミにはやっぱり日本酒ですね。酒がいけます。





関連動画






スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

ツイッター、はてなブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

レシピブログ