スポンサーリンク

砂肝ときのこのキムチ炒め

砂肝ときのこのキムチ炒め002

 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!皆さん、お元気ですか~
今日の料理は砂肝ときのこのキムチ炒めです。砂肝は銀皮を切り取ってそのまま使い、シャキシャキの食感を活かします。きのこはお好みのものを200g前後。キムチはお店でよく見かける200gパックをそのまま使う作りやすいレシピです。

砂肝ときのこのキムチ炒め029
 
白菜キムチはそのまま食べても美味しいですが、炒め物や煮物、鍋料理に使うと旨味がきいて料理が美味しくなります。定番の豚キムチ炒めも美味しいですが、シャキシャキの砂肝をキムチ炒めにするのも美味しいです。今回は砂肝を大きなまま炒め、食感と砂肝自体の旨味を活かして作ります。味付けですが、今回は白菜キムチを多めに使うので、薄味にしてキムチの味を活かす方向で味付けしています。キムチ炒めを美味しく作るコツですが、キムチは酸味があるので甘みを適度に入れるのが美味しくするコツになります。

砂肝ときのこのキムチ炒め

材料2~3人分
砂肝        250g(処理前)
白菜キムチ    1パック(200g)前後
お好みのきのこ  200g
ニラ         1/2束
にんにく      1/2かけ
マヨネーズ     大さじ1と1/2

A
しょう油、砂糖、日本酒 各小さじ2

作り方
1)砂肝の下処理をします。砂肝を買ってくると瘤が2つあって両端に白い膜がついてますよね。これのことを銀皮といって加熱すると固くなります。だから通常、これを切り取って料理します。瘤みたいな砂肝の両側についている白い膜を切り取ります。

砂肝ときのこのキムチ炒め024

砂肝ときのこのキムチ炒め025

こんな感じで銀皮を切り取ります。切り取ると小さくなって勿体無いのですが、食感がかなり変わるので切ったほうがいいです。切り取った銀皮は捨てると勿体無いので、これだけをカリカリの唐揚げにするとおいしいです。作り方は過去記事→「砂肝とくとく唐揚げ」をご覧下さい。

2)きのこを切ります。今回はエリンギを1本とブナシメジを使いました。エリンギは一口大のぶつ切りにし、ブナシメジは石突きを切り取ってほぐしておきます。ニラは4~5cmに切り、根本の太いところを別にしておきます。にんにくはみじん切りです。Aは混ぜ合わせておきましょう。

砂肝ときのこのキムチ炒め022

砂肝ときのこのキムチ炒め023

砂肝ときのこのキムチ炒め034

3)フライパンにマヨネーズと砂肝を入れて弱火にかけます。砂肝にマヨネーズをまぶし、気長に炒めましょう。今回、砂肝を大きいまま料理します。中心に熱が通りにくいので、マヨネーズと砂肝を入れてから弱火にかけることで、中心までじっくり熱を入れます。

※肉をマヨネーズにまぶして焼くと柔らかく仕上がります。砂肝は熱を通しすぎると固くなりやすいので、こうすることで固くならず、シャキシャキに仕上げることができます。

砂肝ときのこのキムチ炒め030

砂肝ときのこのキムチ炒め031

砂肝ときのこのキムチ炒め032

砂肝の色が変わったら白菜キムチを入れます。混ぜながら炒め、白菜キムチの水分が少くなってきたら、エリンギ、ニラの根本ウィれて炒めます。

砂肝ときのこのキムチ炒め036

砂肝ときのこのキムチ炒め037

砂肝ときのこのキムチ炒め038

砂肝ときのこのキムチ炒め040

砂肝ときのこのキムチ炒め039

エリンギが一回り小さくなったらブナシメジを入れ、混ぜ合わせたAをかけます。中火にあげて炒め、ニラを入れて炒めます。にらの色が濃くなったら出来上がりです。

砂肝ときのこのキムチ炒め043

砂肝ときのこのキムチ炒め045

砂肝ときのこのキムチ炒め046

皿に盛り付け頂きます。

砂肝ときのこのキムチ炒め008

砂肝ときのこのキムチ炒め013

砂肝ときのこのキムチ炒め020

砂肝ときのこのキムチ炒めの完成です!銀皮を切り取り、そのままマヨネーズにまぶして炒めた砂肝は柔らかくてシャキシャキの食感!濃い味付けではないので、砂肝自体の旨味を存分に楽しめます。そして、砂肝自体も美味しいですが、キムチ炒めなのでその他の食材も美味しい!裏技的な食べ方ですが、酒を飲みながら砂肝を食べ、残ったきのこ、キムチでご飯を食べる。こんな食べ方もおすすめです。




関連動画






  旨い! ビールつまみ (e-MOOK)
㈱宝島社e-MOOK B5変形版 80p   本体680円(税込み734円) 2014年6月21日発売

 筋肉料理人の男子ゴハンレシピ (e-MOOK)









スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

ツイッター、はてなブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

レシピブログ