スポンサーリンク

アジの南蛮漬け、赤酒を使ったレシピ

アジの南蛮漬け024

 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!皆さん、お元気ですか~
今日の料理はアジの南蛮漬けです。小ぶりのアジをカラッと唐揚げにし、南蛮酢に漬け込みます。南蛮漬はみりんの代わりに赤酒を使って作りました。小アジを1/2キロ使い、大量仕込みします。

暑くなるとさっぱりしたアジの南蛮漬けが食べたくなります。今回も暑くなったし、久しぶりにアジの南蛮漬けが食べたいね!などと思っていたところ、手頃なアジが並んでいたので買ってきました。

アジの南蛮漬け032

17~8㎝のアジ24尾で1.2キロありました。刺し身にもできそうな鮮度でしたが、全部、南蛮漬けにします。南蛮漬けにしておけば日持ちがするので、作りおき惣菜、作りおきのつまみとして大活躍してくれます。そして、南蛮漬けといえば南蛮酢ですが、今回、みりんの代わりに赤酒を使いました。赤酒は日本酒、清酒の原型のような酒で、みりんのような甘みがあって、みりんのように料理に使うことができます。独特の風味があって、こちらでは赤酒ファンが意外に多いです。赤酒は色がついているので、料理の仕上がり色が濃くなります。レシピを捌き方から紹介しますが、捌き方については記事下の動画も参考にご覧ください。

アジの南蛮漬け

材料 10人分
アジ       17~8㎝のもの24尾、1.2キロ
玉ねぎ       3個(600g)
にんじん      1本(200g)
レモン        1/2個
生姜         1かけ(15g)
タカノツメ      2~3本
刻みねぎ      適量

A
酢、薄口しょうゆ、赤酒(もしくはみりん) 各300ml
砂糖               250ml
日本酒、出汁(和風)     各150ml

作り方

1)あじの下処理をします。まずは尾ひれの前にあるゼイゴを薄く切り取ります。※ゼイゴは10㎝位までの小アジなら取らなくてもいいですが、それ以上のサイズなら固いので切り取った方が良いと思います。

アジの南蛮漬け039

エラブタを開き、エラに包丁の刃先を引っ掛けて引き出します。

アジの南蛮漬け035

アジの南蛮漬け036

腹を切り開き、ワタを引き出します。

アジの南蛮漬け037

アジの南蛮漬け038

流水で洗い流し、まな板を流しに斜めに立てかけ、そこにアジを並べて水気を切ります。その後、厚手のキッチンペーパー(キッチンタオル)に挟んでバットに入れ、水気を吸い取ります。

2)野菜の下ごしらえをします。玉ねぎは縦方向に半分に切り、それを薄切りにします。にんじんは斜めに薄切りし、それを千切りにして玉ねぎと混ぜておきます。生姜は薄切り、タカノツメは種を取り、キッチンハサミで細かい小口切りにします。レモンは薄切りにします。

アジの南蛮漬け044

アジの南蛮漬け045

アジの南蛮漬け046

アジの南蛮漬け047

アジの南蛮漬け043

アジの南蛮漬け048


3) 南蛮酢を作ります。鍋にAの赤酒と日本酒を入れて火にかけ、沸騰したら、他の材料を加えて混ぜ、一旦火を消しておきます。


4)アジの唐揚げを作ります。フライパンの半分の深さにサラダ油を入れて火にかけ、160~170℃にします。アジには薄く片栗粉をまぶし、余分な片栗粉をはたき落としてから油に入れます。※油に入れる時は尾ひれを持ち、頭から静かに入れ、油の表面近くて手を離します。こうすると油が飛び跳ねまぜん。

アジの南蛮漬け049

アジの南蛮漬け050

アジの南蛮漬け051

アジに水分が残っていると派手に油が沸騰するので、水気をしっかり切ってから片栗粉をまぶして揚げます。6~7分、じっくりと時間をかけて揚げ、揚がったら菜箸でつかみ、油を切ります。

アジの南蛮漬け054

アジの南蛮漬け056

油切りを敷いたバットに頭を下にして立てかけ、油を切ります。大量です。。。。

アジの南蛮漬け057


5)あじが揚がったら南蛮酢を再び火にかけ、沸騰しかけたら玉ねぎと人参を入れます。熱い中に入れることで玉ねぎの辛味を抜きます。煮立てる必要はありません。

アジの南蛮漬け058

アジの南蛮漬け059

アジの南蛮漬け060


6)大きな保存容器にアジの唐揚げを入れ、上から5)の玉ねぎとにんじんをのせます。タカノツメ、薄切りした生姜、レモンを入れ、鍋の南蛮酢をかけます。2~3時間の漬け込みで食べられますが、翌日以降にはもっと美味しくなってます。漬け込む際は何時間か置きに容器を傾け、南蛮酢をすくってアジに回しかけてくださいね。

アジの南蛮漬け061

アジの南蛮漬け062

アジの南蛮漬け064

皿に盛り付けて頂きます。飾りにねぎの穂先を添えています。

アジの南蛮漬け026

アジの南蛮漬け031

アジの南蛮漬け019

アジの南蛮漬けの完成です! 赤酒を使ったので色濃く仕上がり、まろやかな、さっぱりした味に仕上がっています。作って2~3時間で十分に美味しく、翌日はより味がしみ、2日後にはより骨が柔らかくなって丸ごと食べやすくなります。南蛮酢を使っているので基本、日持ちするのですが、冷蔵庫に入れてさわらずに置くと表面に水が浮いたりしますので、2日おきくらいに南蛮酢をすくって回しかけると良いです。赤酒で作った味の南蛮漬けは美味しかったです。



関連動画



  旨い! ビールつまみ (e-MOOK)
㈱宝島社e-MOOK B5変形版 80p   本体680円(税込み734円) 2014年6月21日発売

 筋肉料理人の男子ゴハンレシピ (e-MOOK)







スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

ツイッター、はてなブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

レシピブログ