スポンサーリンク

ハヤシパスタ温玉のっけ、残ったハヤシライスのリメイクレシピ

ハヤシパスタ021

 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!皆さん、お元気ですか~
今日の料理は残ったハヤシライスをリメイクした料理です。残ったハヤシライスでハヤシパスタを作り、15分で作れる簡単温泉卵をトッピングしました。

今回、使ったハヤシライスのルーは過去記事で作ったものです。実は7月29日に佐賀アバンセで親子料理教室をやってきたのですが、そのレシピ確認のために試作したものをリメイクしました。

ハヤシライス011

トマトベースのハヤシライスなのであっさり系の味付けなので、温泉卵をトッピングしてボリュームをだしています。温泉卵は自宅で15分で作れる簡単温泉卵です。まずは簡単温泉卵の作り方を紹介します。


簡単温泉卵の作り方

材料

卵 2個

作り方

小鍋に500mlのお湯を入れ、火にかけて沸騰させます。沸騰したら火を消し、水道水100mlを入れます。ここに冷蔵庫から出した卵をお玉を使ってそっと入れます。入れたらフタをして13分~15分置きます。

201511021252501ba_20180304200200860.jpg

20151102125251850_20180304200202cda.jpg

20151102125252d1f_201803042002038d3.jpg

2015110212525492d_20180304200205764.jpg

13~15分経ったら冷水につけて冷ませばできあがりです。

鶏むね肉のユッケ風温玉のっt24

最短、15分で温泉卵を作れます。鍋の厚み、その時の季節(気温)で仕上がりが変わるので、何度か作ってると自分の好みの具合に作れると思います。この方法で作った温泉卵は卵白がとろりと固まり、卵黄は少しかたくなった程度でほとんど生です。箸で割ると卵黄が流れ出してきます。この位のかたまり具合に仕上げると、トッピングにした時、馴染みがよくて美味しくなりますよ。


ハヤシパスタ、残ったハヤシライスのリメイクレシピ

材料 1人分

残ったハヤシライスのルー    200g
温泉卵                1個
ペンネ等のショートパスタ     80g
塩、昆布出汁の素、粉チーズ、乾燥パセリ  適宜

作り方
1)ペンネを茹でます。水1リットルに塩小さじ2、昆布出汁の素小さじ1/2を入れ、説明書の時間より少し長めに茹でます。※昆布出汁の素を入れると旨味が入り、より美味しく仕上がります。

ハヤシパスタ027

ハヤシパスタ031

ペンネを入れて沸騰したら、とろ火にし、フタをして茹でましょう。ガス代の節約になるし、暑くなりません。

ハヤシパスタ032


2)残ったハヤシライスのルーを耐熱ボウルに入れ、電子レンジで温めます。

ハヤシパスタ034


3)茹で上がったペンネをザリにあげて湯を切ります。しっかり切ったら、2)のボウルに入れて混ぜましょう。

ハヤシパスタ037

ハヤシパスタ038

混ざったら皿に盛り、温泉卵をトッピングします。粉チーズ、乾燥パセリをふってできあがり。お好みでタバスコをかけても美味しいですよ。

ハヤシパスタ007

ハヤシパスタ010

ハヤシパスタ016

ハヤシパスタ021

ハヤシパスタ026

ハヤシペンネの完成です! ご飯にかけて美味しいハヤシライスのルーは、パスタと合わせても当然、美味しかったです。温玉を潰して卵黄をまぶすと旨味が増し、更に美味しく食べられます。ペンネ80gはしっかりした量で、男子でもこの量で満腹すると思います。




関連動画




  旨い! ビールつまみ (e-MOOK)
㈱宝島社e-MOOK B5変形版 80p   本体680円(税込み734円) 2014年6月21日発売

 筋肉料理人の男子ゴハンレシピ (e-MOOK)

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

ツイッター、はてなブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

レシピブログ