スポンサーリンク

トマトと明太の冷製パスタ、トマトピューレーを使うレシピ

トマトと辛子明太子の冷製パ019

 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!皆さん、お元気ですか~
今日の料理はトマトと辛子明太子の冷製パスタです。ミニトマトとトマトピューレー、辛子明太子を使って冷製パスタを作ります。トマトピューレーを使うのでたいへんお手軽、トマトの旨味たっぷりに作れますよ。

トマトと辛子明太子の冷製パ038

トマトピューレーは完熟トマトを裏ごしし、3倍に濃縮した食材です。ケチャップと似てますが味付け、他の食材は一切入って無く、トマトのみを濃縮したものです。トマトだけ濃縮してあるので、トマトをソースにする料理に使いやすく、トマトの旨味を手軽に入れられますので、冷製トマトパスタのソースに使いやすいです。これとミニトマトを使います。ミニトマトは小さくて皮が固いですが甘みが強く、湯剥きして使うと麺との絡みもいいし、お値段も割とお安いので使っています。

トマトと明太の冷製パスタ、トマトピューレーを使うレシピ

材料2人分

細めのパスタ        160g(カッペリーニかフェデリーニ)
辛子明太子         40g
ミニトマト           10個
大葉              2~3枚
塩               適宜
3倍濃縮麺汁        小さじ1

A
トマトピューレー       100g
3倍濃縮麺汁         大さじ2
オリーブ油          大さじ1
おろしにんにく        小さじ1/4
黒こしょう           少々

B
オリーブ油          大さじ2
レモン果汁          小さじ1
作り方

1)ソースベースを作ります。Aをボウルに入れて混ぜ合わせておきます。

トマトと辛子明太子の冷製パ040

トマトと辛子明太子の冷製パ042


2)ミニトマトはヘタを切り取り、包丁で浅く十字に切れ目を入れます。※湯剥きする時、皮がむけやすいように、こうしておきます。

トマトと辛子明太子の冷製パ044



3)鍋に2リットルの湯を沸かし、塩大さじ1と1/3を入れてパスタを茹でます。湯で時間は説明書の通りに茹で、茹で上がる1分前にミニトマトを入れます。茹で上がったらザルにあげ、流水にさらして冷まします。冷めたら水気を切り、ミニトマトを取り出します。パスタには濃縮めんつゆ小さじ1をかけて混ぜ、下味としつつ水切りします。取り出したミニトマトは皮をむき、半分に切って1)のソースに入れておきます。

トマトと辛子明太子の冷製パ045

トマトと辛子明太子の冷製パ046

トマトと辛子明太子の冷製パ047

トマトと辛子明太子の冷製パ050

トマトと辛子明太子の冷製パ051

トマトと辛子明太子の冷製パ052


4)辛子明太子は包丁で切り開いて中身をしごき出し、Bを混ぜておきます。大葉は細く切っておきます。※辛子明太子にはオリーブ油とレモン果汁を混ぜることで生臭みが消えます。

トマトと辛子明太子の冷製パ054

トマトと辛子明太子の冷製パ056


5)ソースとパスタを合わせましょう。混ぜ合わせたら皿に小高く盛り付けます。4)の辛子明太子ソースをかけ、大葉をちらしたらできあがりです。

トマトと辛子明太子の冷製パ057

トマトと辛子明太子の冷製パ059

トマトと辛子明太子の冷製パ020

トマトと辛子明太子の冷製パ011

トマトと辛子明太子の冷製パ013


トマトと辛子明太の冷製パスタの完成です!ソースにトマトピューレーを使うので、トマトのさっぱりした旨味がパスタにしっかり絡み、とても美味しいです。塩気は薄めなのですが、トマトの旨味と辛子明太子の辛味、旨味が効いています。パスタは細めのほうがソースが良く絡むので、カッペリーニかフェデリーニがおすすめ。今回は1.4ミリのフェデリーニを使っています。カッペリーニは置いていないスーパーも多いので、その時はフェデリーニを使うといいですよ。


関連動画










スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

ツイッター、はてなブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

レシピブログ