スポンサーリンク

サーモン漬け丼、余った刺身は漬けにして美味しく食べる

サーモン漬け丼008

 人気ブログランキングへ


こんにちは~筋肉料理人です!皆さん、お元気ですか~
今日の料理は余った刺身のリメイクレシピ、サーモン漬け丼です。余ったサーモン刺身をしょう油、みりんを使ったタレに漬け込んで漬けにし、翌日、美味しく食べます。刺身は買ってきた当日に食べてしまうのが当然ですが、買いすぎてしまって余ることもままあると思います。今月はお盆がありましたが、親戚が集まるので多めに買ってきたら余った・・・意外に皆さん、経験しているのでは無いでしょうか?

サーモン刺身008

刺身を沢山用意したけど食べきれない・・・そう思った時は、食べきれない刺身をささっと漬けにしちゃいましょう。漬けにすれば翌日も美味しく食べられますよ。

サーモン刺身011

漬けを作る時の注意点ですが、刺身として美味しく食べられる状態の刺身、つまり、鮮度の良い刺身を漬けにすることです。余った刺身と言っても、余った刺身を翌日に漬けにするのでは無く、買ってきた当日に漬けにしましょう。

サーモン漬け丼

材料 2人分
サーモン刺身      10~12切れ(120~150g)
温泉卵※         2個
丼飯            2杯
わさび、のり       適宜

漬けたれ
刺身しょう油(無ければ濃口しょう油)  大さじ3
みりん                     大さじ3

※簡単温泉卵の作り方は→カレーのっけ焼きそば、お湯に入れるだけ、簡単温泉卵

作り方

1)余った刺身をボウルに入れ、漬けたれ材料(刺身しょう油、みりん)をかけ、冷蔵庫で一晩、なじませます。※途中、2~3回、混ぜて馴染みを良くするといいです。だし昆布(2×3cm)を入れるとより美味しいです。すぐに食べたい時は30分漬ければ、味は薄いですが食べられます。

下の画像は一晩漬け込んだものです。上の鮮やかな紅色のサーモン刺身が、鼈甲色に変わっています。

サーモン漬け丼015


2)丼飯に1)のサーモン漬けと温泉卵をのせ、わさびを添えます。お好みで漬けタレをかけて頂きます。海苔や刻みねぎをちらしても美味しいので、お好みでどうぞ。

サーモン漬け丼007

サーモン漬け丼012

サーモン漬け丼014

こんな感じで、簡単にサーモン漬け丼が作れます。 食べてみると、普通のサーモン刺身より歯ごたえがあり、旨味が強いです。これは漬けタレにサーモン刺身を漬けることで脱水され、旨味が濃くなるとともに身がしまるからです。しょうゆ味がしみているのでご飯に合います。温泉卵を潰して食べると旨味二重奏で美味しいですよ。漬けタレにみりんを混ぜるのは濃い味がつくからで、みりんの甘みで食べやすく美味しくなります。これを茶漬けにするのもいいでしょうね。

















スポンサーリンク

コメント

-

承認待ちコメント
このコメントは管理者の承認待ちです
非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

ツイッター、はてなブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

レシピブログ