スポンサーリンク

メシ通!フライパンでサンマとにんにくの炊き込みご飯

チーズ焼肉キャベツサラダa015

 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですか~ メシ通さんのレシピ記事が更新されたのでお知らせです。今回作ったのはさんまとにんにくのフライパン炊き込みご飯です。今年、豊漁のさんまを塩焼きにし、それを炊き込みご飯にします。さんまは個性が強いので、それに負けないようににんにくで香り付けしました。

メシ通 食を楽しみたいあなたのスキマ時間を、笑顔と感動と知って得する情報で満たす、グルメWebマガジンです。


魚の炊き込みご飯は普通に炊飯器で作れるのですが、炊飯器で作るとその後の匂いが気になると言う方も多いようです。特にさんまは青魚で独特の匂いがあります。確かに、普段、白いご飯を炊いている炊飯で作るのは勇気がいります。それと、さんまは細長い魚なので、大きな炊飯器がないと、細切れにして入れないといけません。その点、フライパンを使えば匂いをそれほど気にせず、さんまを半分に切ったくらいで作れるので、とっても作りやすいです。

チーズ焼肉キャベツサラダa070

今回作ったのは炊き込みご飯ですが、普通のご飯も同じようにフライパンで炊くことができますので、炊き方をおぼえておくと便利です。まずは米を研ぎます。研ぎ方にもコツがあります。

チーズ焼肉キャベツサラダa059

米を研いだらザルにあげて水切りし、ボウルに入れて浸水します。浸水とは米に水を吸わせること。これをしないと炊きあがりがイマイチになります。滋賀の画像では炊き込みご飯なので、調味料で味付けした水に漬けています。

チーズ焼肉キャベツサラダa068

さんまは飾り包丁をして半分に切り、塩をします。

チーズ焼肉キャベツサラダa074
チーズ焼肉キャベツサラダa077

にんにくは薄切りにして、フライパンにサラダ油と一緒に入れて弱火でフライにし、一旦取り出します。

チーズ焼肉キャベツサラダa080
チーズ焼肉キャベツサラダa082
チーズ焼肉キャベツサラダa084
チーズ焼肉キャベツサラダa087
チーズ焼肉キャベツサラダa091
チーズ焼肉キャベツサラダa093

フライパンにはガーリックオイルが残ります。ここに浸水した米をいれ、焼いたさんまとフライドガーリックを入れて炊きます。

チーズ焼肉キャベツサラダa105

チーズ焼肉キャベツサラダa109

チーズ焼肉キャベツサラダa108

最初は中火、沸騰しかけたら強火にして沸騰させ、沸騰したら弱火で15分炊き、その後、強火で水分を飛ばしておこげを作ったら、火を消して10分蒸らします。

チーズ焼肉キャベツサラダa122

チーズ焼肉キャベツサラダa003

チーズ焼肉キャベツサラダa002

チーズ焼肉キャベツサラダa012

こんな感じでさんまとにんにくの炊き込みご飯のできあがり。さんまを取り出し、身をほぐして小骨を取り、ご飯と混ぜます。

チーズ焼肉キャベツサラダa037

フライパンご飯のいいところはこれ!おこげを作れます。

チーズ焼肉キャベツサラダa042

弱火で15分炊いた後、強火で水分を飛ばす。このコツを掴むといい感じにおこげが作れます。

チーズ焼肉キャベツサラダa045

出来上がったさんまとにんにくの炊き込みご飯はビターな風味が実にオトコらしい味で美味しいです。詳しい作り方はメシ通さんの記事をご覧ください。



炊飯器のニオイ残りが気になる?ならば「サンマとにんにくの炊き込みご飯」はフライパンで炊こう【筋肉料理人】






スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

ツイッター、はてなブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

レシピブログ