スポンサーリンク

れんこんとちくわのきんぴら

れんこんとちくわのきんぴら008

 人気ブログランキングへ


こんにちは~筋肉料理人です!皆さん、お元気ですか~
きょうの料理はれんこんとちくわのきんぴらです。佐賀県産のれんこんを皮ごと薄切りにし、ちくわ、にんじんと一緒にきんぴらにします。

きんぴら

きんぴらは細く切った食材を炒め、しょう油、砂糖で味付けしたものです。きんぴらと言えば、ごぼうのきんぴらを思い出しますが、ごぼうのきんぴらが、まさにきんぴらって感じの料理です。れんこんで作る場合は千切りでなく、薄切りして作ることが多いです。れんこんはでんぷん質が多いので、水に晒してから炒めます。水に晒すことででんぷんを抜き、しゃきっと炒めるのが目的です。私的には、れんこんの栄養を洗い流すのが気になるのですが、シャキッとした食感のレンコンきんぴらは、酒の肴、ご飯のお供に最高。です。

れんこんとちくわのきんぴら

材料 4~5人分
れんこん      1節(300g)
にんじん      1/4本
ちくわ        1本
タカノツメ      1本
ごま油        大さじ1

A
しょう油、砂糖   各大さじ3
日本酒        大さじ5

作り方

1)れんこんはたわしで洗って泥を落とし、太いものは半分に切ります。これを薄く切って水に晒し、濁りが消えるまで何回か水換えします。濁りが取れたらザルにあげて水切りします。※れんこんは酢水につけることが多いですが、きんぴらにするなら酢水につける必要はありません。

れんこんとちくわのきんぴら022
れんこんとちくわのきんぴら023
れんこんとちくわのきんぴら024
れんこんとちくわのきんぴら025
れんこんとちくわのきんぴら029



2)にんじんは薄い輪切り、ちくわも薄めの輪切りにします。タカノツメは種を取り、キッチンハサミで細かい小口切りにします。

れんこんとちくわのきんぴら026
れんこんとちくわのきんぴら027
れんこんとちくわのきんぴら030


3)フライパンにごま油を入れて中火にかけます。れんこんとにんじんを入れて炒めます。れんこんに透明感が出てきたら、タカノツメを加えて炒めます。

れんこんとちくわのきんぴら032
れんこんとちくわのきんぴら034

Aとちくわを加え、混ぜながら炒めて水分を飛ばします。※ここで焦げやすいので、危ないなあと思ったら弱火で飛ばします。

れんこんとちくわのきんぴら036
れんこんとちくわのきんぴら038

水分が飛んだらできあがり。

れんこんとちくわのきんぴら009

れんこんとちくわのきんぴら010

れんこんとちくわのきんぴら011

れんこんとちくわのきんぴら014

れんこんとちくわのきんぴら019

れんこんとちくわのきんぴらの完成です!シャキシャキのレンコンきんぴらはキリリと辛さの入った甘辛味で美味しいですね~タカノツメの辛味を効かせすぎってくらいに効かせ、甘くて濃い味に仕上げるのが味付けのコツかなと思います。何時もはベーコンを入れるのですが、ちくわもいい感じでした。ちくわの旨味がしっかり入って美味しかったです。
















スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

ツイッター、はてなブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

レシピブログ