スポンサーリンク

きびなごキムチ鍋

きびなごキムチ鍋045

 人気ブログランキングへ


こんにちは~筋肉料理人です!皆さん、お元気ですか~
きょうの料理はきびなごのキムチ鍋です。刺身用のきびなごを入れたキムチ鍋なんですが、キムチ鍋を作り、煮立ったところにきびなごを入れ、きびなごの煮え端をすくってキムチと一緒に食べます。煮魚は熱が通った瞬間が美味しいので、そこをすかさず食べようって鍋です。

10月も終盤に入って夜は寒くなりました。筋トレ後にスーパーに立ち寄り、今日は鍋が良いなあ~何鍋にしようかなと思いつつ食材を物色。すると刺身用のきびなごがありました。

きびなごキムチ鍋007

こちら九州ではスーパーで刺身用のきびなごが普通に売ってます。刺身にするのは手間なので、煮付けや唐揚げ、天ぷらにすることが多いです。お安いので、個度の頃は母が大量に煮付けたり、かき揚げや唐揚げにしてくれてました。きびなごは小さいのですぐに熱が入ります。筋トレ語でお腹も空いてるので、さっと食べたい。キムチ鍋にきびなごを入れることにしました。

きびなごキムチ鍋

材料2人分
白菜キムチ      200g~
きびなご        200g
豚こま肉        160g
豆腐           1丁
白菜           1/4個
もやし          1袋
ニラ           1/2束
お好みのきのこ    適宜
にんにく         1かけ
味噌           大さじ3~
日本酒         適宜
ごま油         小さじ2

作り方

1)白菜はざく切りにし、葉の分厚い部分と薄い部分を分けておきます。ニラは4~5cmに切り、根本の太い部分は別にしておきます。きのこは石突きを切り取ります。にんにくは薄切りにします。豆腐、豚こま肉は一口大に切ります。


2)土鍋(2~3人用)にごま油を入れて火にかけ、白菜キムチの半分を入れて炒めます。白菜キムチの水分が少なくなるまで炒めたら、出汁もしくは水600mlと白菜の葉の分厚い部分を入れます。写真では水を入れているので、出汁パックを入れてます。

きびなごキムチ鍋002
きびなごキムチ鍋003
きびなごキムチ鍋004
きびなごキムチ鍋006

白菜が柔らかくなるまで煮込みます。


3)きびなごはボウルに入れ、日本酒をかけて臭み抜きをします。日本酒をかけると劇的にくさみが抜けます。

きびなごキムチ鍋008


4)白菜の分厚い部分が柔らかくなったら、葉を加えます。ニラの根本、豚こま肉も加え、味噌、コチュジャンで味付けします。

きびなごキムチ鍋009
きびなごキムチ鍋011
きびなごキムチ鍋012

豆腐を入れます。

きびなごキムチ鍋013

煮立ったら、きのこ、もやし、ニラの葉を入れ、きびなごを10尾位づつ入れて残りの白菜キムチをのせ、にんにくを散らします。

きびなごキムチ鍋015

きびなごキムチ鍋018

きびなごキムチ鍋019

煮立てて、きびなごに熱を通します。

きびなごキムチ鍋034

きびなごキムチ鍋041

きびなごキムチ鍋049

きびなごキムチ鍋043

きびなごに熱が通ったらすくい、白菜キムチと一緒に食べましょう。煮え端のきびなごはふっくら柔らかで、ワタのほろ苦さが大人の味で美味しいです。これに白菜キムチをのせて食べるとかなり美味しかったです。きびなごの鍋は沖すき鍋が一番のおすすめですが、キムチと一緒に食べるのも良かったですね。









スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

ツイッター、はてなブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

レシピブログ