スポンサーリンク

パンガシウスの蒲焼丼 、 初ライトショアジギングに行きます!呼子です。

パンガシウスの蒲焼き丼016

 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですか~
きょうの料理はパンガシウスの蒲焼丼です。最近、イオン系列のスーパーで見かける白身魚、パンガシウスのフィレを蒲焼き丼にしました。パンガシウスは癖のない白身で料理簡単、色々な料理に使いやすいです。

パンガシウスの蒲焼き丼037

上の白身魚のフィレがパンガシウスです。淡水ナマズで、アメリカでは重要な食用魚らしいですね。業務用では白身魚のフライによく使われるようです。なので、一番、美味しい食べ方はフライだと思います。ならばフライで食べれば?って感じですが、脂を出すのは面倒なので、簡単に料理したいです。フライパンで蒲焼きにするのは、とても簡単なのでおすすめです。パンガシウスの蒲焼きは、一時、鰻の蒲焼の代用として注目されたので相性は良いはずです。そして、上の画像のフィレで1枚200g、お値段は200円位でした。このお値段なら使いやすいんじゃないでしょうか?

パンガシウスの蒲焼丼

材料2人分
パンガシウスのフィレ      1枚(200g)
錦糸玉子※            卵1個分
大葉                 4枚
小麦粉               適宜
サラダ油              大さじ1
山椒粉               お好みで
丼飯                 2杯

A
しょう油、みりん、日本酒     各大さじ4
砂糖                 大さじ2~4お好みで。

※錦糸玉子の作り方→明太冷やし中華、甘い錦糸卵のつくり方、電子レンジで簡単レシピ

作り方

1)大葉は千切りにしておきます。


2)パンガシウスのフィレはキッチンペーパーで包み、水気を吸い取り、大きめに切ります。

パンガシウスの蒲焼き丼039

下の画像はフィレの裏側、皮がついていた方の反対側です。このフィレは骨抜きなので、小骨を抜いた部分が割れやすくなっています。

パンガシウスの蒲焼き丼041

そこで、尾ひれの方はそのままブツブツと切って、小骨を抜いた部分は小骨がついていた部分に沿って切り、それを切り分けます。

パンガシウスの蒲焼き丼043
パンガシウスの蒲焼き丼044
パンガシウスの蒲焼き丼045

切ったら、薄く小麦粉をまぶします。小麦粉は下の画像のを使うとまぶしやすいです。

パンガシウスの蒲焼き丼046
パンガシウスの蒲焼き丼047


3)フライパンにサラダ油を入れて中火にかけ、熱くなったらパンガシウスを焼きます。片面をじっくり時間をかけて、焼き目がつくまで焼き、返して反対側にも焼き目をつけます。皮なし、骨なしフィレを焼くときは、焼き目がつくまで触らないのが、切り身を崩さずに焼くコツです。

サラダ油の量が多いですが、パンガシウスはサラダ油と相性が良いようなので、ある程度、多めに使ったほうが美味しく焼けると思います。

パンガシウスの蒲焼き丼048
パンガシウスの蒲焼き丼049

焼き目がついたら、切り身を取り出します。

パンガシウスの蒲焼き丼051


4)同じフライパンにAを入れて煮立てます。砂糖の量はお好みで調節してください。私の好みでは大さじ3くらいです。

パンガシウスの蒲焼き丼052

フライパンを前後左右に傾け、煮汁を回しながら煮詰めます。

パンガシウスの蒲焼き丼054
パンガシウスの蒲焼き丼055

煮汁が煮詰まり、泡が大きくなってきたら、取り出しておいた切り身を入れます。煮汁を大スプーンですくって切り身にかけます。

パンガシウスの蒲焼き丼057
パンガシウスの蒲焼き丼058
パンガシウスの蒲焼き丼060

切り身が色づいたら、また取り出します。

パンガシウスの蒲焼き丼061

丼飯に錦糸卵(錦糸卵は電子レンジで作れます)をちらし、パンガシウスの蒲焼きをのせます。

パンガシウスの蒲焼き丼063
パンガシウスの蒲焼き丼064

お好みでフライパンに残ったタレをかけます。刻んだ大葉を天盛りし、お好みで山椒粉をふりかけて頂きます。

パンガシウスの蒲焼き丼003

パンガシウスの蒲焼き丼004

パンガシウスの蒲焼き丼022

パンガシウスの蒲焼き丼025

パンガシウスの蒲焼き丼の完成です! パンガシウスはあっさりした白身で、加熱しても固くならないので美味しいですね。流石に鰻のようなとろりとした旨味とはかけ離れていますが、これはこれで美味しいと言えるのではないでしょうか。鰻の代用と考えず、あっさりした白身魚の蒲焼き丼として食べるのが良いですね。フィレ1枚のお値段を考えると、かなり、オススメの料理です。




明日、佐賀県の呼子に釣りに行きます。人生初のライトショアジギングです。竿とリールは用意していたので、今日はダイソーで100円ジグを仕入れ、釣具屋さんで釣り針とサルカンを購入し、100円ジグの改造をしました。明日は先生に連れて行ってもらうので、釣れると信じて頑張りたいと思います。

BB270902.jpg
BB270905.jpg
BB270911.jpg
BB270913.jpg
BB270917.jpg
BB270920.jpg

明日は呼子ロッジ下に行きます。初心者っぽいのが頑張ってますので、見かけたら声をかけてください!






スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

ツイッター、はてなブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

レシピブログ