スポンサーリンク

クリスマス、正月にお勧めの肉料理、110℃で焼くローストポーク

110度ローストポーク48

 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですか~
今日は寿司の握り方をアップしようと思いまして、先程まで動画編集をやっていたのですが、時間切れで日付が変わりそうなので、過去記事からクリスマス、正月にオススメの肉料理を紹介させて頂きます。コスパと見た目の豪華さ、味の良さで、ローストポークはどうかなと思います。過去記事で作った料理ですが、アメリカン・ポークの豚ロースを使って作ります。

110度ローストポーク83

国産ポークで作れば、勿論、もっと美味しくなるかもしれませんが、アメリカン・ポークはお値段が安いです。そして脂身が少なめなのでヘルシーです。普通に焼いたりすると脂身が少ないので、国産より固くなりがちですが、低温のオーブンでじっくり焼くと、固くならず、ジューシーに仕上がり、脂の少なさがメリットになります。

通常のオーブンで作る肉料理は、180~250℃で焼くのが普通ですが、これを110~120℃に下げて調理すると、調理時間は長くなりますが、肉が柔らかく、ジューシーーに仕上がります。料理の手順としては、豚ロース肉に塩をして室温に置き、肉の温度を室温に戻すとともに塩気を入れる。その後にスパイスを振り、低温のオーブンでじっくり焼き、低温のオーブンでは焼き目がつかないので、焼き目だけフライパンでつける。冷ましてから切り分けて食べる。こういう手順になります。材料はこんな感じです。

柔らかジューシー!110℃で焼くローストポーク

材料 6人分

豚ロース肉(かたまり肉) 900g / にんにく 1~2かけ / オリーブ油 大さじ1 / 塩 13.5g / 黒こしょう 小さじ1~ / 乾燥セージ 小さじ2 / 付け合せにブロッコリー、ミニトマト、レモン 適宜 / 粒マスタード お好みで

これを下の動画の手順で作ってもらえばOK。



こんな感じで、

下味→オーブン→フライパン→冷ます

この手順で大量に作れます。大量に作れるので、クリスマスや正月前に作ろきしておくのがいいでしょう。

110度ローストポーク56

110度ローストポーク50

110度ローストポーク52

110℃で焼くローストポークは柔らかジューシーで美味しいです。材料費も安いので、今度のクリスマス、正月のお料理におすすめです。












スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

ツイッター、はてなブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

レシピブログ