スポンサーリンク

鶏むね水晶の梅味噌納豆添え

鶏むね水晶の梅味噌納豆添017

 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですか~きょうの料理は鶏むね水晶の梅味噌納豆添えです。鶏むね肉を使った水晶鶏に、味噌、梅肉、にんにくで味付けした納豆ををあわせます。つるっと美味しい水晶鶏を梅味噌納豆風味で、さっぱりと美味しく食べられます。

水晶鶏は鶏肉に片栗粉をまぶして茹でたものです。普通はささみで作ることが多いですが、私は鶏むね肉を使って作っています。鶏むね肉は皮を除けば、ささみと同じくらい低カロリー。そしてお値段は鶏むね肉のほうが、ぐっと安いからです。私は筋トレをしてるので、トレーニング後に鶏むね肉の水晶鶏をよく食べています。水晶鶏はシンプルにわさびしょう油、わさびぽん酢で食べて美味しいのですが、アレンジすると更に美味しい。今回は梅味噌納豆でアレンジです。

鶏むね水晶の梅味噌納豆添え


材料2~3人分
鶏むね肉          1枚(300g)
納豆             1パック
梅肉             小さじ1
味噌             大さじ2
おろしにんにく       小さじ1/4
刻みねぎ          適宜
茹でブロッコリー、ミニトマト、ぽん酢しょう油 適宜

A
片栗粉          大さじ2
日本酒          大さじ1と1/2
しょう油          小さじ1
鶏ガラスープの素    小さじ1/2
おろしにんにく、おろし生姜 各小さじ1/4

作り方

1)鶏むね肉は1cm厚、小さめの一口大に切ります。これを肉叩き、もしくは麺棒などで肉の繊維が潰れるくらいに叩いてボウルに入れ、Aを加えて鶏むね肉が水分を吸い、水気がなくなるまで揉みます。皮はつけたままでも外しても、お好みで。外した場合はラップして冷凍しておき、ある程度溜まったら鶏皮ぽん酢など作るといいです。レシピは→鶏皮のぴり辛ぽん酢

鶏むね水晶の梅味噌納豆添027
鶏むね水晶の梅味噌納豆添030
鶏むね水晶の梅味噌納豆添032
鶏むね水晶の梅味噌納豆添033
鶏むね水晶の梅味噌納豆添035
鶏むね水晶の梅味噌納豆添036


2)鍋にたっぷりの湯を沸かし、沸騰したら弱火にします。1)の鶏むね肉を1枚づつ広げて入れ、沸騰しないくらいの火加減で10分ほど茹でたら冷水で冷まし、冷めたらザルにあげて、しっかり水気を切ります。鶏むね肉の小さくなってしまった部分、形の悪い部分は、幾つか手でひとまとめにし、形を整えて入れるといいです。

鶏むね水晶の梅味噌納豆添038
鶏むね水晶の梅味噌納豆添042
鶏むね水晶の梅味噌納豆添044


3)納豆に梅肉(チューブ入りを使いました)、味噌、にんにく、刻みねぎ大さじ2を加えて混ぜましょう。

鶏むね水晶の梅味噌納豆添039
鶏むね水晶の梅味噌納豆添047
鶏むね水晶の梅味噌納豆添048
鶏むね水晶の梅味噌納豆添049


4)皿に鶏むね肉の水晶鶏、ブロッコリー、ミニトマトを盛り付け、梅味噌納豆を小皿に入れて添えます。刺し猪口にぽん酢しょう油を注いで、できあがり。

鶏むね水晶の梅味噌納豆添009

鶏むね水晶の梅味噌納豆添012

鶏むね水晶の梅味噌納豆添014

鶏むね水晶の梅味噌納豆添026
水晶鶏はしっとり柔らかく、ぽん酢しょう油を少しつけて食べるだけで美味しいです。鶏むね肉は加熱するとパサパサ・・・なんてことは全然、ありません。その水晶鶏に梅味噌納豆をのせ、ぽん酢しょう油をほんの少しつけて食べます。梅肉、味噌、にんにくの風味で納豆臭さは和らぎ、水晶鶏にさっぱりとしていながらボリュームのある旨味が入ります。これを筋トレ後に食べたのですが、翌日は実に快調でした。納豆はそれ自体、完全食と行っていいほど栄養豊富、そして整腸効果もあるので、食べた後の体調が良くなります。筋トレ後にお勧めの料理です。


関連動画


スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

ツイッター、はてなブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

レシピブログ