スポンサーリンク

アジたたきのキムチ納豆和え

アジたたきのキムチ納豆和え014

 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですか~きょうの料理はアジたたきのキムチ納豆あえです。アジの刺身をたたきにし、白菜キムチ、納豆と合わせます。味付けにはコチュジャンをメインに使って、美味しく仕上げます。

アジたたきのキムチ納豆和え020

今の時期、九州では大きなアジが穫れるので、鮮魚コーナーには大きなアジの刺身用ブロックが置いてあります。お値段も手頃で美味しいので、刺身を食べたくなったときなど気楽に買えて助かります。上の画像の半身で100gちょっとあったので、普通サイズのアジの2尾分に近いボリュームです。これを普通に刺身に切っても美味しいですが、せっかく安く買えたので、白菜キムチと納豆を合わせて、美味しくボリュームアップします。

アジたたきのキムチ納豆和え

材料1~2人分
アジの刺身用ブロック      100g
卵黄                 1個
納豆                 1パック
白菜キムチ             50g
おろしにんにく           小さじ1/4~
刻みねぎ              大さじ2
コチュジャン            小さじ1~
ラー油               小さじ1/2

作り方

1)アジの刺身用ブロックの下ごしらえをします。パックから出して、酢大さじ2をかけて洗います。洗ったらキッチンペーパーで水気を吸い取ります。※この処理を酢洗いといい、魚の生臭みを消すのに絶大な効果があります。

アジたたきのキムチ納豆和え022
アジたたきのキムチ納豆和え023
アジたたきのキムチ納豆和え024


2)アジは刺身用ブロックを使うので、おそらく小骨が残っていると思われます。皮がついていない方の身の中央を触ると、小骨が当たるはずです。これを骨抜きで抜くか、両サイドを包丁で切って、切り取ります。

アジたたきのキムチ納豆和え025
アジたたきのキムチ納豆和え026
アジたたきのキムチ納豆和え027

※上の画像の中央が小骨がついた身です。このように身と一緒に小骨を切り取るので、骨抜きを使ったほうが身が無駄になりません。骨の抜き方は記事下の動画を参考にご覧ください。


3)小骨を取ったアジの身を細く切ります。

アジたたきのキムチ納豆和え028
アジたたきのキムチ納豆和え029


4)白菜キムチの水分を軽く絞り、粗みじん切りにします。

アジたたきのキムチ納豆和え031
アジたたきのキムチ納豆和え032

コチュジャンを小さじ1加えます。※コチュジャンは韓国の甘辛味噌です。和え物、炒めもの、スープなど、色々な料理に使えます。

アジたたきのキムチ納豆和え034

おろしにんにくをお好みで加えます。お手軽なチューブにんにくで大丈夫です。

アジたたきのキムチ納豆和え035

納豆と混ぜますが、ついでにラー油で辛味を入れます。そして、包丁で叩いて混ぜます。

アジたたきのキムチ納豆和え037


5)切ったアジ、4)のキムチ納豆、刻みねぎを混ぜましょう。

アジたたきのキムチ納豆和え040
アジたたきのキムチ納豆和え041

円盤状に形を整え、包丁ですくって小皿に移します。中央にくぼみを付け、卵黄を落としたら出来上がりです。

アジたたきのキムチ納豆和え012

アジたたきのキムチ納豆和え009

アジたたきのキムチ納豆和え002

アジたたきのキムチ納豆和え015

アジたたきのキムチ納豆和え019

アジたたきのキムチ納豆あえの完成です!アジは名前の通り味の良い魚、キムチには酸味、辛味と旨味があり、これに納豆が合わさると、アジの旨味にキムチのアクセントが加わって、大変美味しいです。そして、納豆は独特の臭みがありますが、これもキムチの風味のアクセントで軽くなり、食べやすくなっているのも嬉しいところでした。お酒の肴にとてもいけます。キムチ、納豆には整腸作用もあるので、お腹の調子が良くなるのも嬉しいところです。丼にしても美味しいので、丼にする時はコチュジャンを少し多めにして、味を濃くするといいでしょう。下の動画はアジのたたきの作り方です。参考にご覧ください。



関連動画








スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.