スポンサーリンク

刺身用ブロックを使った刺身の盛り付け方、平皿、シンプル盛り付け

刺身盛り合わせ011

 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですか~今日は刺身の盛り付けについて書かせて頂きます。今年の正月、元日に親戚と家族で新年を祝いました。ご馳走を用意して深淵を祝うわけですが、そうなると欲しいのは刺身です。刺身の盛り合わせがあるのと無いのでは、宴席の料理の楽しみがだいぶ変わっちゃいます。ですが、でっかい鉢盛りの刺身は財布に厳しい。ってことで、我が家では刺身用のブロックを数種類買ってきて、自分で切って皿盛りにしています。上の画像の刺身盛り合わせで使ったのは、カンパチ、サーモン、マグロです。サーモンはノルウエー産、マグロはメバチマグロの赤身、冷凍解凍です。刺身用ブロックを3本買ってきて、お値段は2500円位。出来合いの刺身の大皿盛りを買うより、だいぶ安くあがります。

刺身の盛り合わせですが、職人さんがつくったのには、色々なツマ物やあしらいが添えられてありますが、それらをいちいち用意していては高く付きます。私の場合は大葉を買ってくるくらい。以前はレモンスライスとか添えていましたが、今は無くてもいいかな~と思って添えてません。

刺身の盛り付け方は専門的には色々ありまして、様々な盛り付けテクニックがありますが、個人的に一番簡単な盛り付け方と思うのが、丸皿、あるいは角皿でもいいですが、これに刺身を扇型に盛り付ける方法です。皿の外側から、反時計回りに刺身同士を少し重ねて盛り付けます。この少し重ねて盛り付けるというのがポイントです。

刺身盛り合わせ028

上の画像では右側から左側に盛り付けて行っています。そして、刺身の切り方ですが、ここでは包丁を左に傾けて、刺身用ブロックの右側から、やや薄めの刺身に切っています。

刺身盛り合わせ030
刺身盛り合わせ031

上の画像を見てもらうとわかるかな?包丁を左に傾けて、そぎ切りの逆みたいな感じに切ると、刺身の角が立ちます。この角を外に向けて盛り付けると、きれいに見えます。そして、2枚上の写真を見てもらうとわかりますが、買ってきた刺身用ブロックの断面の形が三角形になっています。この形の刺身用ブロックを切ると、いい形の刺身になりやすいです。

外側にサーモンを盛り付けたら、内側にカンパチを盛ります。サーモンの赤、カンパチの白、マグロの赤の順に盛るためです。間に大葉をはさみます。

刺身盛り合わせ032

上の画像ではカンパチをサーモンに少し重ねて盛り、1周しても余ったので、内側に半周くらい追加で盛り付けています。そして、この内側にマグロです。マグロの刺身用ブロックも同じように切ります。

刺身盛り合わせ034
刺身盛り合わせ035

そして盛り付けます。

刺身盛り合わせ036

右手前に大葉を敷き、わさびを添えたらできあがりです。

刺身盛り合わせ026

刺身盛り合わせ020

刺身盛り合わせ019

刺身盛り合わせ018

刺身盛り合わせ017

我が家ではこんな感じで刺身を盛ることが多いです。大根ツマなし、大葉しか使わないので作るのが楽!赤身と白身を買ってきて、刺身同士の色のコントラストを生かして盛り付けます。これだけで綺麗に見えるので、他のあしらいを買ってこなくても良いわけです。下の動画はまた違った盛り方ですが、参考にご覧ください。






スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

ツイッター、はてなブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

レシピブログ