スポンサーリンク

牛こま肉のすき焼き鍋

牛こますき焼き023

 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですか~きょうの料理は牛こま肉のすき焼き鍋です。牛こま肉ですき焼きを作りました。肉が牛こま肉(切り落とし)なので、割り下と野菜、豆腐を入れた鍋を火にかけ、煮立ったところに牛こま肉を入れ、熱が通ったところをすかさず頂きます。

すき焼きは肉が命なので、国産のすき焼き用の肉を使うのが大正義なのですが、肉屋さんに行くと値札を見て、ついつい、切り落としの方に行っちゃいます。牛切り落としでも国産なら、私的には結構なお値段なのです。

牛こますき焼き039

なんですき焼きをしようと思ったかと言えば、親戚から長ねぎをもらったので、これをすき焼きに入れたら、さぞや美味しかろうという話になったからです。

牛こますき焼き041

下仁田葱みたいですが、普通の長葱だそうです。この長ねぎと牛こま肉ですき焼きを作ります。

牛こま肉のすき焼き鍋

材料 5~6人分
牛薄切り肉(お好みの部位をどうぞ)    1キロ
白菜                        1/2個
長ねぎ                       4本
きのこ類                     お好みで
焼き豆腐                     2丁
糸こんにゃく                   2袋
生卵                        6個~
七味唐辛子                   お好みで
締めのうどん                   4玉

割り下材料
和出汁                2カップ
しょう油、砂糖、日本酒      各1カップ

※野菜はお好みのものを使ってもらって大丈夫です。

作り方
1)割り下を作ります。まずは出汁パックで出汁をとります。

牛こますき焼き043

出汁をとったら、割り下材料の比率で混ぜ、ひと煮立ちさせておきます。

牛こますき焼き044


2)糸こんにゃくを下茹でします。糸こんにゃくは袋からだし、包丁でザクザクと切るか、キッチンハサミで切っておきます。これをたっぷりの湯で2~3分茹でてザルにあげ、流水で洗っておきます。

牛こますき焼き051

3)野菜を切りましょう。白菜はザクザクと大きめに切り、葉と茎に分けておきます。長ねぎも大きめにぶつ切りし、葉と茎に分けます。冬場の長ねぎは葉も美味しいので、葉も大きく切って使います。焼き豆腐も一口大に切り、皿に上げて水切りしましょう。

牛こますき焼き045
牛こますき焼き042
牛こますき焼き046

4)割り下を土鍋(4~5人用)に入れます。白菜の茎と長ねぎの茎を適当に入れて火にかけます。白菜が柔らかくなったら糸こんにゃく、焼き豆腐、長ねぎの葉、白菜の葉、きのこ類を入れます。※野菜、豆腐は鍋に入りきれないので皿盛りにしておきましょう。

牛こますき焼き050
牛こますき焼き052

煮立っったら、牛こま肉を広げて入れましょう。※こんにゃくの反対側に入れて下さい。こんにゃくと肉を並べると、肉が固くなると言われています。

牛こますき焼き006

牛こますき焼き016

牛こますき焼き017

牛こますき焼き026

牛こますき焼き030

熱が通ってきたら、すかさず頂きます。

牛こますき焼き032
牛こますき焼き033

溶き卵につけ、七味唐辛子をふって食べると美味しいですよ~牛こま肉は熱を通しすぎると美味しくないので、食べる分入れては食べを繰り返して頂きました。締めはうどん、ガッツリ4玉入れて、家族5人で満腹しました。





スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.