スポンサーリンク

肉じゃがの作り方、フライパンでの作り方を動画にしました。

フライパン肉じゃが011

 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですか~今日の料理は肉じゃがです。フライパンを使った肉じゃがの作り方を動画にしました。レシピ自体は先日、記事にしたものと同じですが、動画にしたことで、より、わかりやすくなっていると思います。動画では直径26cmのフライパンを使い、4人分の肉じゃがを作っています。動画中で作りながら、コツを紹介しています。まずは下の作り方動画をご覧になって頂き、その後に動画下のテキストを読んで頂ければと思います。

フライパンを使った肉じゃがの作り方、動画
まずは作り方動画をご覧ください。




フライパンで作る肉じゃが

材料 4人分

牛薄切り肉        300g
じゃがいも       450g(小3個位)
にんじん        150g(小1本)
玉ねぎ         200g(1個)
糸こんにゃく      150g(1袋)
出汁(和風だし)      2カップ(400ml)
しょうゆ          大さじ4
みりん           大さじ2
日本酒           大さじ2
砂糖            大さじ4
サラダ油        小さじ2

作り方
1)糸こんにゃくはザルに出し、キッチンハサミでザクザクと切り、食べやすい長さにします。鍋に湯を沸かし、糸こんにゃくを入れ、3~4分下茹でしたらザルにあげ、流水に晒しながら揉み、水気を切っておきます。

フライパン肉じゃが061
フライパン肉じゃが062
フライパン肉じゃが077

2)じゃがいもを切ります。洗って泥を落とし、ピーラー(皮むき器)を使って皮をむきましょう。

フライパン肉じゃが057

じゃがいもは芽が出ていたり、皮が緑になっているものがあります。芽や緑色の皮にはソラニンという毒があるので、緑がかっている部分はピーラーで何回かむいて取ります。芽はピーラーの横にある輪っかでえぐり取りましょう。

フライパン肉じゃが058
フライパン肉じゃが059

皮をむいたら半分に切ります。これを大きめの乱切りにしましょう。乱切りとは食材を不規則な形に切ることで、じゃがいもの場合、最初に斜めに切り、次には包丁の向きを変えて切る。これを繰り返して乱切りにします。下なお画像では小さめのじゃがいもを使っているから、半分に切って乱切りにしていますが、もっと大きなじゃがいもを使う場合は、じゃがいもを4等分してから乱切りにするといいでしょう。切ったら水に漬け、水を2~3回替えて、白く濁らなくなったら、水気を切ります。

フライパン肉じゃが063 
フライパン肉じゃが064
フライパン肉じゃが065
フライパン肉じゃが066

にんじんを切ります。にんじんも皮をむいて乱切りにします。にんじんは小さめに切ります(じゃがいもより固いから)。そして、にんじんの場合、細い方から一切れ切ったら少し回して、また切る。これを繰り返して乱切りにします。そうすると、太い部分にきた時、一切れが大きくなります。その時はにんじんを縦半分に切り、上のじゃがいもと同じ要領で乱切りにするといいです。

フライパン肉じゃが067
↑細い部分
↓太い部分は半分に切ってから乱切り
フライパン肉じゃが069
フライパン肉じゃが070
フライパン肉じゃが071

玉ねぎは6~8等分のクシ型に切ります。りんごと同じような切り方です。皮をむいて縦半分に切り、根本に三角に切れ目を入れて芯を取り除き、その後にクシ型に切ります。

フライパン肉じゃが072
フライパン肉じゃが073
フライパン肉じゃが074
フライパン肉じゃが075

牛薄切り肉はお好みの部位をお使い下さい。ある程度、脂があったほうが美味しいです。牛こま肉でもいいし、ここでは牛バラの薄切りを使っています。牛薄切り肉は食べやすく切ります。切ったら、フライパンに入れやすいように広げておきましょう。

フライパン肉じゃが078

3)フライパン(直径26cm)にサラダ油を入れて中火にかけます。牛薄切り肉の半分を広げて入れて炒めます。※肉の半量を炒めて使うのは、炒めた肉の香ばしさを活かし、肉の旨味を煮汁に入れることで、野菜に肉の旨味を入れるためです。

フライパン肉じゃが080

牛肉の色が変わってきたら、玉ねぎを入れて軽く炒めます。

フライパン肉じゃが081
フライパン肉じゃが082

水気を切ったじゃがいも、にんじんを加え、じゃがいもの表面に少し透明感が出るまで炒めます。

フライパン肉じゃが083
フライパン肉じゃが084

出汁、砂糖、みりん、日本酒を加えて煮立てます。

フライパン肉じゃが085
フライパン肉じゃが086

煮立ったら、しょう油大さじ3を加え、糸こんにゃくを入れます。※アクが多いようならすくいますが、すくわなくても大丈夫です。

フライパン肉じゃが087
フライパン肉じゃが088

アルミホイルをで落し蓋をし、沸騰させながら20分煮ます。沸騰した煮汁でアルミホイルが少し揺れてるくらいの火加減がいいです。

フライパン肉じゃが089

20分煮たら落し蓋を外します。

フライパン肉じゃが093

残りのしょう油大さじ1を加えます。※ここでしょう油を加えるのは香りを活かすためです。

フライパン肉じゃが095

残していた牛薄切り肉を広げて入れます。その後、煮汁につけて熱を通します。※肉の半量をここで入れるのは、肉の加熱し過ぎ無いことで、肉自体を美味しく食べるためです。

フライパン肉じゃが096
フライパン肉じゃが097

火力を強くして煮汁の水分を飛ばします。上から見ても煮汁の量はわからないので、フライパンを傾け、下の画像くらいの分量になるまで煮詰めましょう。もしくは、食材を木べらで避け、フライパンの底に5ミリくらいの深さに煮汁が残っている状態にします。

フライパン肉じゃが102
フライパン肉じゃが105
フライパン肉じゃが106

食材の重量を計り、調味料を計り、煮汁の煮詰め加減を同じにすることで、安定した味付けをすることができます。煮汁が煮詰まったらできあがり。すぐに食べて美味しく、一晩、鍋止し、温め返すとより味がしみています。どちらも美味しいので、お好みでどうぞ。



フライパン肉じゃが028

フライパン肉じゃが034

フライパン肉じゃが037

フライパン肉じゃが042

フライパンで作る肉じゃがの完成です!短時間で作っていますが、いい感じに味がしみて美味しいです。このレシピではニシユタカという、荷崩れしにくいじゃがいもを使っています。メークインを使うと更に煮崩れにくくなります。男爵を使うと煮崩れますが、上手にできればホクホクになります。お好みのじゃがいもを使って、お好みに仕上げてください。







スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

ツイッター、はてなブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

レシピブログ