スポンサーリンク

漬け刺身のキムチ納豆丼、余った刺身を使った料理

漬け刺身のキムチ納豆丼009

 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですか~今日の料理は漬け刺身のキムチ納豆丼です。余った刺身を漬けにしておき、翌日に丼にして頂きます。来客があったときとか、お店で刺身が安かった時とか、刺身を多めに買って、余ることがあると思うんです。そんな時はその日のうちに醤油タレに漬け込んで漬けにすれば、翌日も美味しく生食できます。

漬け刺身のキムチ納豆丼024

漬け刺身のキムチ納豆丼、余った刺身を使った料理

材料2人分

余った刺身      120g
卵黄           2個
納豆           2パック
白菜キムチ       80g
練りからし、刻みねぎ、揉み海苔 適宜
丼飯           2杯

漬けたれ
しょう油、みりん    各大さじ4
だし昆布         2×5cm

漬け刺身のキムチ納豆丼032


作り方

1)余った刺身はボウルに入れ、漬けたれの材料、しょう油とみりん、昆布を入れて混ぜます。ラップを被せ、冷蔵庫で1時間以上漬け込みます。※30分位で味は入りますが、翌日のほうが味は濃くなっています。

※タレの量ですが、しょう油とみりんを同量にし、刺身がひたひたに漬かっていれば大丈夫です。

漬け刺身のキムチ納豆丼026
漬け刺身のキムチ納豆丼028


2)翌日、冷蔵庫から取り出すと、下の画像のようになっています。

漬け刺身のキムチ納豆丼030
漬け刺身のキムチ納豆丼031

昆布が水分を吸って伸びています。昆布の旨味、タレの味が刺身に入っています。丼飯に揉み海苔をちらし、漬け刺身、練からしと刻みねぎを混ぜた納豆をのせます。中央に卵黄を落として出来上がりです。

漬け刺身のキムチ納豆丼036
漬け刺身のキムチ納豆丼037

漬け刺身のキムチ納豆丼013

漬け刺身のキムチ納豆丼019

漬け刺身のキムチ納豆丼023

漬け刺身のキムチ納豆丼の完成です!味は言うまでもなく美味しいのはわかりますよね?漬け刺身は身がしまって味が入り、白飯にめちゃくちゃ合います。白飯の上に漬け刺身、白菜キムチ、納豆みたいにして食べるのがお勧め。こうするとわさびがいりません。刺身が余ったときには、普通に加熱料理もいいですが、その日のうちに漬けにしておけば、ご飯がいけるおかずになります。











スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

ツイッター、はてなブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

レシピブログ