スポンサーリンク

かき揚げ

皆さん、こんにちは。

今日はかき揚げについて。
居酒屋に行くと「かき揚げ」ってメニューに良くありますよね。

「・・・海老のかき揚げ」

なんてのがあると思います。

先日、新人の調理社員がかき揚げの作り方を教えてくれって言うので
作ってみました。

材料  玉葱      4分の1(繊維に添って2ミリ厚にスライス)
    シメジ     5分の1房
    ニンジン千切り 少々 
    ナス  千切り 少々 
    ミツバ     少々
    剥き海老    4センチくらいの3尾(背ワタを取り酒で洗ってね)

上の材料をボールに入れ、小麦粉を良くまぶし混ぜます。
ここで小麦粉を良くまぶすのがポイント①です。
*余分な小麦粉は除いてくださいね。

普通に天ぷら衣を作ります。

上の材料に天ぷら衣を混ぜて揚げる訳ですが、天ぷら衣を入れすぎると
重いかき揚げになります。
ここではサクサクとした軽いかき揚げを造りますので、加える天ぷら衣は
上の材料同士がやっとくっつく位にします。
これがポイント②です。

そして揚げます。
温度は175℃、型(缶詰の大缶の上下を抜いた物)を使って揚げます。

型に材料を一気に流し入れ、菜箸で軽くかき混ぜます。
そして、中心部にも火が入りやすいように、菜箸で縦に穴を幾つか開けます
これがポイント③です。

型の中は激しく沸騰して湯気が上がっています。
それが幾分治まったら型を抜き取ります。
上下をひっくり返し、軽く色がついたら油から上げ油切りして完成です。

それぞれのポイントに注意すれば、サクサクの軽いかき揚げが出来ると思います。

***********************************

その新人の社員と一緒に味見したら、サクサクでとっても美味しかったんですが、
悲しいかな4分の1も食べていないのに胃もたれが・・・
新人は美味しい、美味しいって一気に食べてるのに・・・

油物に弱い筋肉料理人でした。

←ぽちっとオネガイシマス

携帯用リンク  魚の捌き方 (刺身、料理、レシピ)

スポンサーリンク

コメント

Sarhto

[玄関]・▽・)ノ おじゃまします♪
かきあげ大好きですヾ(@⌒▽⌒@)ノ
先日うちでもしましたよ~
今度作るときこれを参考にします♪

ポチ凸

スガジー

おはようござます!
またまたお越し下さいましてありがとうございます。
ヾ(@^▽^@)ノ  海老~♪
海老のかき揚げ大好きですー。
やっぱりサクサク感がないとダメですよね。
女房のはいつもベッチャリ・・・
(*´ο`*)=3
ではまた遊びに来ますネ♪
ランクリぜーんぶぽちっと♪

カズーオ

いらっしゃいませ!
Sarhtoさん>
こんにちは。
アーシャちゃんの具合はどうですか?
早く良くなる事を祈っています。

かき揚げ、美味しいですよね~
私はチーズと海老の組み合わせで、野菜を千切りにしたのが好きです。
でも、本文中に書いた通り「油物に弱いTTです。」
悲しい・・・

カズーオ

いらっしゃいませ2
スガジーさん>
こんにちは。
昨日の飲み会は如何でしたか?二日酔は有りませんか?

>女房のはいつもベッチャリ・・・
うちもなんですよ。
嫁さん曰く、「時間が経っているから」なんですが、
つなぎの衣が多すぎるんですよね。
重いかき揚げも家庭的で良いんですが・・・

>ランクリ
(*^∇゜)v 毎度ありい~!!

SAM

なるほどー
カズーオさん、おじゃまいたします!
かきあげは過去何度もトライしましたが、満足行くものが出来なかったのでこれを参考にしてみます。私は個人的には子柱のかきあげが好きで、これに濃い目の天つゆをかけた天丼(かきあげ丼)なんていうのが・・・。
ああ、さらにカロリーオーバー(笑)

カズーオ

いらっしゃいませ!
SAMさん、こんにちは。

小柱で軽いかき揚げを作るなら、野菜を少し混ぜた方が軽くなると思います。
細切りにした野菜で適度な空間を作ってやれば、中までサクサクに出来ると
思いますよ。

かき揚げ丼>
濃い甘のツユのかき揚げ丼、美味いですよね~
(あとで、もたれるのが悲しいですが・・・)

>ああ、さらにカロリーオーバー(笑)
うあ~~脂肪が~~~
非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 
男の料理ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.