スポンサーリンク

基本の煮物、筑前煮、がめ煮、簡単、美味しい作り方、動画

簡単美味しい筑前煮がめ煮026

 人気ブログランキングへ


こんにちは~筋肉料理人です!皆さん、お元気ですか~
きょうの料理は筑前煮、がめ煮です。煮物の定番、筑前煮を冷凍和風野菜と鶏もも肉で、フライパンを使ってお手軽、簡単、美味しく作ります。

筑前煮は九州では「がめ煮」と言います。お祝いの席に必須の料理で、お盆正月には必ず作るし、美味しいので日常的に作っているご家庭も多いです。がめ煮が本来の名前ですが、学校給食で全国の郷土料理を普及させる時に「筑前煮」として紹介されたそうです。なので、こちらではがめ煮と呼ぶのが普通です。

C5070014 (2)

鶏肉、根菜を使う煮物なので、本格的に作るには里芋、れんこん、にんじん、ごぼうなど、多数の根菜を用意しないといけませんが、上の画像にある和風冷凍野菜ミックスを使うとかなり便利。里芋、れんこん、ごぼう、にんじん、しいたけ、いんげんが入っていて、4人分レシピをフライパンで作れます。本格的に作るときは大鍋一杯になって、野菜の下ごしらえ、作るのも大変ですが、今日のレシピは手軽に作れるのが良いとこです。冷凍野菜は、ニッスイさんの和風野菜ミックスを使っています。



基本の煮物、筑前煮、がめ煮、簡単、美味しい作り方



材料 4人分

鶏もも肉      大1枚(350g)
冷凍和風野菜ミックス   1パック(300g)
こんにゃく      1/2枚(150g)
生姜          1かけ(15g、お好みで増やしてもOK)
出汁         300ml
日本酒       大さじ3
砂糖         大さじ3
みりん        大さじ3
しょう油       大さじ3
サラダ油      大さじ1/2

1)こんにゃくはレンゲを使い、削るようにして小さく千切ります。たっぷりの湯で4~5分茹でてアク抜きします。流水さらし、ザルに上げておきます。

2)生姜(皮付きでいいです)は千切りにします。鶏もも肉は大きめの一口大に切ります。
 
3)フライパン(直径26cm)にサラダ油を入れて中火にかけます。切った鶏もも肉の皮を下にして入れましょう。皮に軽く焼き目がついたら弱火にします。砂糖を入れ、鶏もも肉にまぶしながら炒めます。※鶏もも肉の皮に焼き目をいれるのは香ばしさを出すためで、身の方に砂糖をまぶするのは、砂糖の保水効果で身が固くなるのを防ぐためと、甘味を入れるためです。
 
4))鶏もも肉の色が変わったら冷凍和風野菜ミックスを凍ったまま入れましょう。こんにゃくも入れます。軽く炒めたら、出汁、日本酒を入れて煮立てます。煮立ったら、いんげんを取り出しておきます。いんげんを取り出したら、アルミホルで落し蓋をします(動画をご覧ください)。

※がめ煮は材料を炒めてから煮るのが特徴です。冷凍野菜は炒める必要はないのですが、がめ煮なので軽く炒めます。いんげんを取り出すのは、色が悪くなるのを防ぐためです。


5)7~8分煮たところで落し蓋を外し、みりんとしょう油を入れます。再び落し蓋をしたら、火加減をやや強くして3分煮ます。

3分煮たら落し蓋を外し、取り出しておいたインゲン、刻んだ生姜を入れます。木べらなどで混ぜながら煮汁の水分を飛ばします。フライパンの底に少し煮汁が残るくらいに煮詰めたらできがり。※フライパンを使うので食材が重ならず、混ぜやすいです。なので、煮崩れしにくいです。また、フライパンは口が広いので、煮汁の水分も飛ばしやすいです。

簡単美味しい筑前煮がめ煮029

簡単美味しい筑前煮がめ煮024

簡単美味しい筑前煮がめ煮035

鶏もも肉と冷凍和風野菜で基本の筑前煮、がめ煮の完成です!鶏もも肉は砂糖をまぶして熱を入れたので柔らか。最初に甘味だけで煮込み、その後にしょう油を入れて煮込む。この方法で作っているので、柔らかい味、短時間の煮込みでも美味しく仕上がります。お手軽レシピとは思えない美味しさです。是非、お試しください。




関連動画



スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 
男の料理ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.