スポンサーリンク

余った刺身で漬け納豆

余った刺身の漬け納豆010

 人気ブログランキングへ


こんにちは~筋肉料理人です!皆さん、お元気ですか~
きょうの料理は余った刺身で作る漬け納豆和えです。余った刺身を漬けにし、納豆と和えて卵黄をトッピング。薬味は刻みねぎと練からしでいただきます。ご飯もいけますが、酒のつまみで食べると美味しいですよ~

余った刺身の漬け納豆025

先日、たまには楽をしようかと思い、スーパーでパック刺身を買ってきました。そしたら、盛り合わせが半額!ついつい、予定より多めに買っちゃって、食べ切れすに余っちゃいました。翌日も生食したかったので、しょう油タレに漬け込んで漬けにしました。

漬け

漬けとは魚をしょう油ベースのタレに漬け込んだもので、もともとは冷蔵設備がなかった時代、生魚を常温で保存するための手法でしたが、今では刺身を一味変えて食べる手法として使われています。漬けにすると脱水されて身が締まり、味が入るので、刺身に珍味的な美味しさが入ります。って事で、今どきの漬けは保存食じゃなくて、味を変える意味が強いですが、刺身が余った時、翌日にも美味しく安全に生食するためには良い方法です。

余った刺身で漬け納豆

材料 1人分

余った刺身       80g
納豆           1パック
しょう油、みりん、昆布 適宜
卵黄            1個
刻みねぎ、練からし   適宜

作り方

1)余った刺身をボウルに入れます。ここにしょう油とみりんを刺身が漬かるくらいに入れます。しょう油とみりんの割合は1:1です。入れたら軽く混ぜ、その状態で刺身が漬かっていなかったら、しょう油とみりんを足しましょう。

※しょう油とみりんを1:1で使うのは、しょう油だけだと塩辛くなるからと、甘味を入れて食べやすくするためです。

余った刺身の漬け納豆026
余った刺身の漬け納豆029

そして、その上に出汁昆布をのせます。

余った刺身の漬け納豆030

ラップをして、チルド室で一晩漬け込みます。できれば、途中、何度か混ぜます。


2)一晩漬け込みと、昆布が水分を吸って伸びています。

余った刺身の漬け納豆031

昆布は取り出して冷凍しておき、ある程度溜まったら、昆布の佃煮にするといいです。

漬け込んだ刺身を半分くらいに切ります。

余った刺身の漬け納豆034

納豆をパックから出し、粗く刻んで漬け刺身と混ぜて小鉢に盛り付けます。

余った刺身の漬け納豆035
余った刺身の漬け納豆036
余った刺身の漬け納豆037

中央に凹みを付け、卵黄を落とします。刻みねぎをちらし、練からしを添えたら出来上がりです。

余った刺身の漬け納豆013

余った刺身の漬け納豆020

余った刺身の漬け納豆009

余った刺身の漬け納豆和えの完成です!漬けと納豆の相性は抜群です。卵黄を落とすと旨味が増します。これを丼飯にのっけても美味しいですが、ここはやっぱ酒でしょう。燗酒がいけます。


関連動画








スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.