スポンサーリンク

カレー粉で作る、昔風ポークカレー

カレーパウダーでポークカレー006

 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですか~今日の料理はカレー粉で作る、昔風ポークカレーです。カレールウを使わずにカレー粉を使い、玉ねぎたっぷりのポークカレーをつくります。フライパンを使って作るので、お手軽に作れます。

カレーパウダーでポークカレー053
カレーパウダーでポークカレー047

カレー粉で作るポークカレーは昔懐かしい味です。市販のカレールウを使ったカレーとは違った、あっさり系の味。たまに食べると、ああ、こんな味だったなあと懐かしく思います。カレー粉でカレーを作る場合、小麦粉とオイル、もしくはバターでルウを作って、とろみをつけるのが本来の作り方ですが、具材と一緒に小麦粉、カレーパウダーを炒めても作れます。今日は簡単にこの方法で作ってみます。

カレー粉で作る、昔風ポークカレー

材料4~5皿分

豚こま肉          300g
玉ねぎ           2個(400g)
にんじん          1/2本(100g)
にんにく          2かけ
小麦粉           大さじ4
カレーパウダー      大さじ2~お好みで
ガラムマサラ        お好みで
固形コンソメ        2個
しょう油           大さじ2
はちみつ          小さじ1
バター            20g
水               700ml
ローリエ           2枚あれば

作り方

1)玉ねぎは薄切りにして耐熱ボウルに入れます。ラップを被せ、電子レンジ600wで8分加熱します。

カレーパウダーでポークカレー035
カレーパウダーでポークカレー036


2)にんじんは薄いイチョウ切りにします。にんにくはみじん切りにします。

カレーパウダーでポークカレー037
カレーパウダーでポークカレー038

3)フライパンにバターとにんにくを入れて中火にかけます。バターが溶け、にんにくが泡立ってきたら、1)の玉ねぎを入れます。※電子レンジ加熱直後の玉ねぎは、大変、熱くなっているので、火傷しないように気をつけて入れてください。

カレーパウダーでポークカレー040
カレーパウダーでポークカレー041
カレーパウダーでポークカレー043

ハチミツをかけ、木べらを使って混ぜながら炒めます。※はちみつを入れるのは、玉ねぎが色づきやすくなるようにするためです。

カレーパウダーでポークカレー045
カレーパウダーでポークカレー046

玉ねぎが薄く色づいてきたら豚こま肉を入れて炒めます。

カレーパウダーでポークカレー047
カレーパウダーでポークカレー048
カレーパウダーでポークカレー050

豚肉の色が変わり、軽く焼き目がついてきたら、小麦粉、カレー粉を振り入れ、粉っぽさがなくなるまで炒めます。※カレーパウダーの量はお好みで増やしてもいいです。スパイシー系にしたいなら大さじ3でも大丈夫です。

カレーパウダーでポークカレー051
カレーパウダーでポークカレー052
カレーパウダーでポークカレー053
カレーパウダーでポークカレー054
カレーパウダーでポークカレー055


4)粉っぽさが無くなったら水を入れます。にんじん、固形コンソメ、しょう油、折り目をつけたローリエを入れて混ぜます。カレーパウダーでポークカレー057

カレーパウダーでポークカレー058
カレーパウダーでポークカレー060

軽く煮立つ火加減で20分煮ます。水分が飛ぶととろみが強くなってくるので、時々、混ぜながら煮込んでください。仕上げに、あればガラムマサラ(カレーの仕上げに入れるスパイス)か、カレー粉をお好みでふりかけたら出来上がりです。

カレーパウダーでポークカレー063
カレーパウダーでポークカレー061

皿にお好みでご飯を盛り、カレーをかけて頂きます。ちなみにご飯の量は、男性なら300gくらいは食べると思います。ココイチのご飯が300gです。

カレーパウダーでポークカレー018

カレーパウダーでポークカレー021

カレーパウダーでポークカレー025

カレーパウダーでポークカレー027

カレーパウダーでポークカレー029

カレーパウダーでポークカレー034

カレー粉で作る、昔風ポークカレーの完成です!口に入れたら感じる優しい味、そして軽い食感が昔懐かしいカレーを思い出させてくれます。シンプルな材料で作るので強い旨味などはありませんが、どこか安心して食べられる味です。意外に美味しいので、カレー粉を使ったカレー作り、他の野菜や魚介類を使って作るのもいいかもです。


関連動画












スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 
男の料理ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.