スポンサーリンク

レシピブログ連載、サバ缶とミニトマトのぶっかけそうめん

サバ缶とミニトマトのぶっかけそ016

 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですか~レシピブログさんの連載を更新したのでお知らせです。今回、更新したのは冷たいそうめん、サバ缶とミニトマトのぶっかけそうめんです。実は先週、冷たいそうめんにはまだ早いかな~と思って、トマトカレーにゅうめんを紹介したんですが、その後、九州は酷暑に見舞われ、夏日を記録する有様・・・梅雨を通り越して夏の気温になったので、冷たいスタミナそうめんを紹介しました。

実際、九州の昼間の気温は夏です。梅雨を通り越して夏の気温になっちゃってます。ただ、湿度が低いので夜は涼しいと言うか、ちょっと寒かったりします。なので、キンキンに冷えたぶっかけそうめんでなく、水道水レベルの冷たさのぶっかけそうめんにしました。ベースに使うのはサバの水煮缶詰です。一時は人気になりすぎて、お店から消えましたが、今では普通に手に入ります。

サバ缶とミニトマトのぶっかけそ033

そして、これからの時期、お安くなるミニトマトです。ミニトマトは何気に大きなトマトより甘味が強く、栄養豊富。

サバ缶とミニトマトのぶっかけそ036

鍋にたっぷりの湯を沸かし、ヘタを取ったミニトマトを入れ、皮が破れたら冷水で冷まします。冷めたら皮をむきます。※ミニトマは皮が強い(かたい)ので、湯むきしたほうが料理に使いやすいです。

サバ缶とミニトマトのぶっかけそ037
サバ缶とミニトマトのぶっかけそ038
サバ缶とミニトマトのぶっかけそ039
サバ缶とミニトマトのぶっかけそ040

鯖の水煮缶詰は汁ごとボウルに入れ、味噌を加え、身を粗くほぐします。

サバ缶とミニトマトのぶっかけそ034
サバ缶とミニトマトのぶっかけそ035

湯剥きしたミニトマトと、薄く切った新玉ねぎを加えます。

サバ缶とミニトマトのぶっかけそ043

すりごま、しょう油を混ぜて味付け。

サバ缶とミニトマトのぶっかけそ047
サバ缶とミニトマトのぶっかけそ048

生姜、山椒で風味づけします。

サバ缶とミニトマトのぶっかけそ052
サバ缶とミニトマトのぶっかけそ056
サバ缶とミニトマトのぶっかけそ055

これをそうめんにトッピングします。

サバ缶とミニトマトのぶっかけそ059

そして、錦糸卵を天盛りします。錦糸卵は電子レンジで作っています。作り方は→冷しゃぶ冷やし中華

サバ缶とミニトマトのぶっかけそ058

刻みねぎをちらしてできあがり。

サバ缶とミニトマトのぶっかけそ013

サバ缶とミニトマトのぶっかけそ015

サバ缶とミニトマトのぶっかけそ021

サバ缶とミニトマトのぶっかけそ026

こんな感じでサバ缶とミニトマトのぶっかけそうめんの出来上がり。サバ缶の旨味と栄養をすべて美味しく食べられる一品です。湯剥きしたミニトマトとサバの水煮缶が、味噌、しょう油、すりごまが合わさって、さっぱり美味しく食べられます。レシピは連載をご覧ください。




スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ