スポンサーリンク

サバ缶とミニトマトのサラダ丼

サバ缶とミニトマトのサラダ丼015

 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですか~今日の料理はサバ缶とミニトマトのサラダ丼です。ミニトマトを湯剥きし、鯖の水に缶詰と一緒にタレに漬け込み、ご飯にかけて丼にします。ご飯は炊きたてアツアツじゃなくて、ちょっと時間がたったのか、冷やご飯(カチカチじゃないやつ)でもいいです。サバ缶の旨味とミニトマトの甘味と酸味でご飯を美味しく食べられます。

サバ缶とミニトマトのぶっかけそ032
サバ缶とミニトマトのぶっかけそ034
サバ缶とミニトマトのぶっかけそ036

きょうの料理はサバ缶を使った冷や汁的な料理です。冷や汁は宮崎の郷土料理で、焼き魚のほぐし身が入った冷たい味噌汁です。味噌汁として飲むこともありますが、ご飯にかけて食べることが多いです。これをアレンジしたのがきょうの料理。味付けは味噌を隠し味的に使い、しょう油で塩気を入れています。

サバ缶とミニトマトのサラダ丼


材料2人分

サバの水煮缶詰     1缶(200g前後)
錦糸卵※         2人分
そうめん        3~4束
ミニトマト       1パック
新玉ねぎ        1/4個
みょうが         1個
しょう油        大さじ2
味噌          大さじ1
すりごま        大さじ5
おろし生姜       小さじ1/2
刻みねぎ        適宜
山椒粉         適宜
丼飯           2杯
揉み海苔        適宜
かいわれ大根、もしくは刻みレタス 適宜
マヨネーズ        適宜

※錦糸卵を電子レンジで簡単に作ります。作り方は→冷しゃぶ冷やし中華

作り方

1)ミニトマトはヘタを取ります。新玉ねぎは薄く切っておきます。みょうがはみじん切りにします。

サバ缶とミニトマトのぶっかけそ042

2)鍋にたっぷりの湯を沸かします。沸騰したら1)のミニトマトを入れ、皮がめくれてきたら冷水に漬けて冷まします。

サバ缶とミニトマトのぶっかけそ037
サバ缶とミニトマトのぶっかけそ038
サバ缶とミニトマトのぶっかけそ039
サバ缶とミニトマトのぶっかけそ040



3)ボウルにサバの水煮缶詰を煮汁ごと入れます。ここに味噌を入れ、サバの身を粗くほぐしながら混ぜます。

サバ缶とミニトマトのぶっかけそ035

湯剥きしたミニトマト、新玉ねぎをいれ、すりごま、しょう油、おろし生姜、刻んだミョウガを加え、山椒をふって混ぜます。冷蔵庫に入れ、15分以上馴染ませましょう。

サバ缶とミニトマトのぶっかけそ043
サバ缶とミニトマトのぶっかけそ047
サバ缶とミニトマトのぶっかけそ048
サバ缶とミニトマトのぶっかけそ052
サバ缶とミニトマトのぶっかけそ054
サバ缶とミニトマトのぶっかけそ056


4)丼飯に揉み海苔をちらします。かいわれ大根か、細かくちぎったレタスをのせます。ここに3)をたっぷりと汁ごとのせましょう。

サバ缶とミニトマトのサラダ丼023
サバ缶とミニトマトのサラダ丼024
サバ缶とミニトマトのサラダ丼026

錦糸卵を天盛りして出来上がりです。

サバ缶とミニトマトのサラダ丼009

サバ缶とミニトマトのサラダ丼012

サバ缶とミニトマトのサラダ丼007

こんな感じでサバ缶とミニトマトのサラダ丼の完成です。このまま食べて美味しいですが、私的にはこれにマヨネーズをかけます。

サバ缶とミニトマトのサラダ丼013

サバ缶とミニトマトのサラダ丼018

やっぱこれですよ~めっちゃ美味しい。旨味のベースはサバの水煮缶詰の煮汁と味噌、しょう油です。これに湯剥きしたミニトマトの甘味と、さっぱりした酸味が入ります。これがご飯に合うんです!汁だくの汁かけご飯って感じになるんですが、汁ごと食べるご飯が美味しい。サラダがご飯に合うのか?と思う方もいると思いますが、意外や意外、生野菜は合わせ方によってはご飯に合います。今年は梅雨前に猛暑がきて、これからの暑さが思いやられます。そんな時にもご飯を美味しく食べられるレシピです。









スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.