スポンサーリンク

サバ缶冷や汁の作り方、そうめんアレンジ

冷や汁016

 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですか~今日の料理はサバ缶冷や汁です。サバの水煮缶詰を使って冷や汁を作ります。冷や汁は宮崎の郷土料理、冷たい味噌汁をご飯にかけた料理で、食欲が落ちる暑い夏にも美味しく食べられます。アジの干物を炙ってほぐし、同じく炙った味噌でと一緒に出汁に溶かして作ります。今回はサバの水煮缶詰を汁ごと使うので、簡単に作れてヘルシー、これからの季節にピッタリの料理です。作り方を動画にしましたので、まずは動画をご覧ください。

冷や汁001
冷や汁009

こちらが作り方動画です。





サバ缶冷や汁の作り方、そうめんアレンジ

材料3~4人分
サバの水煮缶詰   1缶(内容量200g位)
木綿豆腐        1/2丁(200g)
きゅうり          1本
乾燥わかめ       4g
みょうが          1本
生姜           1/2かけ~
白いりごま        大さじ2
合わせ味噌       大さじ3~
和出汁           300ml
塩              適宜
ごま油、ラー油       お好みで
ご飯、そうめん       適宜

C5310014.jpg

作り方

1)木綿豆腐は手で小さくちぎってバットにのせ、バットを傾けて15分水切りします。

C5310016.jpg
C5310017.jpg


2)きゅうりは薄い輪切りにし、塩小さじ1/5をまぶし、時々混ぜながら15分置いて水出しします。水が出たら、手でギューっと絞っておきます。乾燥わかめは水に2~3分漬けて戻し、水気を絞っておきます。

C5310019_1.jpg
C5310020.jpg
C5310021.jpg


3)木べら、もしくは木製のしゃもじにアルミホイルを巻き、味噌を貼り付けます。これをコンロの直火で炙り、焼き目をつけましょう。
※味噌は合わせ味噌を使いました。粒の小さい、濾さずに使えるタイプがいいです。

C5310023.jpg
C5310023_1.jpg
C5310024.jpg
C5310028.jpg
C5310029.jpg


4)ボウルに炙った味噌を入れます。出汁を入れて混ぜて溶きましょう。※出汁は水にほんだしなど混ぜて使ってもいいです。

C5310033.jpg
C5310033_1.jpg

ここにサバの水煮缶詰を汁ごと加え、身を食べやすくほぐします。ほぐしたら、水気を切った木綿豆腐、きゅうり、わかめを加えましょう。

C5310033_2.jpg
C5310033_5.jpg
C5310033_6.jpg
C5310033_7.jpg
C5310033_8.jpg

すりごま、すりおろした生姜を加えて混ぜます。

C5310034.jpg

混ぜたら冷蔵庫に入れ、冷たく冷やします。冷えたら取り出し、混ぜて味見をしてみましょう。味が足りなければ味噌(焼かずにそのままでいいです)を足します。味が整ったら、ご飯、そうめん等にかけて頂きます。

冷や汁016

こちらがご飯にかけた冷や汁です。

冷や汁017
冷や汁023

そして、こちらがそうめんにかけたものです。お好みでラー油やごま油をかけて頂きます。

冷や汁029
冷や汁034
冷や汁035

どちらもいけます。つるつると食べやすいのはそうめんですが、私的にはご飯にかけたのがいけました。サバ缶を汁ごと入れるので、しっかりした旨味があります。そして、味を含んだ木綿豆腐が旨味をつないでくれて、ご飯やそうめんをとても美味しく食べられます。私的にラー油をかけたアレンジがいけました。これから暑くなると食欲がなくなってきますが、サバ缶冷や汁なら美味しく食べられます。是非、お試しください。











スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.