スポンサーリンク

「カブ・蕪の煮物 その2」 

カブ煮物02.jpg

∩・∀・) 皆さん、こんにちは~

馴れない煮物に悪戦苦闘していますが、前回に引き続き「カブの煮物」いきます。

カブの皮を剥き、茎の根元を掃除しましたカブ煮物7.jpg



切り取った茎と葉カブ煮物8.jpg

6)茎と葉の部分を切り分けます。

カブ煮物9.jpg

  鍋に湯を沸かし塩を一摘み入れ。沸騰したら茎を入れます。

カブ煮物10.jpg

  色が鮮やかな緑になったらザルに上げ流水で冷やします。


カブ煮物12.jpg

7)鶏腿肉1枚を一口大に切って沸騰したお湯に通し、表面に火を入れて
  霜降りします。
  (・∀・)熱湯に通し、表面が白くなったらザルに上げます。


カブ煮物11.jpg

8)カブと鶏肉を水(出汁)から煮ていきます。
  鍋に鶏肉とカブを入れ、ヒタヒタになるまで出汁もしくは水を入れます。
  (・∀・)この時、カップで水を入れて、どの位入れたか覚えておきます。

  この日は、あいにく出汁昆布も無かったの、昆布があれば昆布も一緒に入れてください。
  昆布は沸騰したら引き上げます。



  もっと丁寧にやるなら、前日から昆布を水につけて出しを水出しすると良いです。(水1リットルに昆布20~30g)
  それを翌日に沸かし沸騰したら鰹節5gを入れアクを掬い、火をとめて
  15分放置後に漉せばOK、白出汁が出来ます。

 

  昆布と鰹節を使って出汁を取るのが一番だとは思いますが、市販の
  出汁の元を使うのも全然OKだと思います。
  各社から売られている昆布出汁の元(液体タイプ)を使って良いと思います。
  (・∀・)ワタクシはヒガシマルの業務用を使っていますが、キッコーマンとか
      の他社製品も美味いと思います。


カブ煮物13.jpg

  強火で沸騰させ、最初に浮いてくるアクを掬います。
  アクを掬ったら火をフツフツと泡が出る程度に調節します。

  ミリンを入れます。
  最初に入れた水の量の5分の1から4分の1位です。
  
  カブに半分位火が入ったら(串を刺して芯が残っている状態)、醤油
  水の量の5分の1位を入れ、砂糖を少し入れて「うす甘いかな?」って
  感じの味にします。
  この時、カツオ本出汁を小さじ半分位入れ、火を強くし沸騰させ
  表面に浮いたアクを再び掬います。
  アクを掬ったらまた弱火にして、落し蓋をして煮ます(落し蓋はアルミホイルでOK)。

カブ煮物14.jpg

  
9)透明感が出て串がすっと刺さるようになったら完成ですが、もう一度
  味を見ます。
  8)で加えた醤油と砂糖が馴染んで味が変わってるはずです。
  ご自分のお好みで醤油、砂糖を少し加え味を調えます。

  6)でお湯に通した茎を加えて一煮立ちしたら火を止めます。

  一度、完全に冷まし味を染ませたら、食べる前に暖めなおしていただきます。
  (・∀・)煮物の味は冷める時に染み込んでいくらしいです。
      加熱中に出た水分が戻る時に一緒に味が染みるの。
      それで、一度冷ましてから暖めなおします。
  

カブ煮物16.jpg

うす甘い味が染みて大変美味しかったです。
嫁さんが喜んでくれましたね。
私は柚子胡椒(ツナバのゆずとんからし)を付けて食べました。
こうすると酒の肴にも良いですね。




今回は作り始めてから、薄口醤油、出汁昆布が無い事に気が付き、
ガ━━━(;゚Д゚)━━━ン!!!!!!
鶏肉から出汁が出るから良いや(・∀・;と開き直り作りました。
ほんのちょっと残ってたカツオ本出汁に感謝しましたよ。

本文中の8)で水をヒタヒタに入れるのは、水が少ないとカブの肌が悪くなるからです。
水は少ない方が良いんですが、見かけ重視で出汁を少し多くしました。




←ぽちっとオネガイシマス


携帯用リンク  魚の捌き方 (刺身、料理、レシピ)






スポンサーリンク

コメント

ちゃこ

カブねぇ~!家ではなかなか登場しない食材ですわ~。
大人2人もお子様仕様の料理が好きで、中性脂肪が高くてヤバイです。
カブと言えば、漬物ぐらいかなぁ~。
甘酢になってるピンクのヤツ・・・何て言うんでしたっけ?
アレは私も子供も好きです~♪
夫は子供より好き嫌いが多くて・・・何でも小さくカットして誤魔化しながら食べさせています。
手のかかるヒゲをはやした子供ですわ・・・。

あっそうそう!
じゃがいもを炒めるやつ、やってみました!
ホントに、シャキシャキしてておいしかったです。でも、今度はもっと炒める時間短くしようかな・・・。
じゃがいも2つ分もカットしちゃったもんだから、てんこ盛り・・・焦りました(笑)

さとるっぺ

カブかぁ、懐かしいなぁ、サリーちゃんの弟(おぃ
ちゃこさん同様、料理で使う事はまず無いです。
ヌカヅケには、しょっちゅう使いますけど。
大根とは違った感触に炊けるんでしょうねぇ。
美味そうっす♪
出汁・醤油ベースも勿論美味しそうだけど、
コーラで作っても何気に合いそう!?

ひろくん

ごくっ・・・・
こんばんは~
カブより思わず鶏肉?に
目が行ってしまいました・・・

龍山マスター

こんばんわ!
近くで見ると鶏肉も旨そうですねー
茎も汁をいっぱい吸ってイイ感じです。
あまりの美味しさに奥さんも喜んでましたか?
マスターも食べたいです!!
最近はカブといったら漬け物しか食べてないので
たまには煮物とか食べたいです!

ブ~ビィ

こんばんは~。 カブと鶏肉にじっくり染みた
汁を飲んで見たいですね!
鶏肉もおいしそ~う!

ぺろりん

いいですね~
私はこのカブが気になりますよ~
絶対いい味が染み込んで美味しいと思います!
茎も彩りと食感がいいのでありですよね~

ゆずとんからしも美味しそうですね~

悪戦苦闘の中とても丁寧な解説は
いつもながらアッパレでござ~すなぁ~v-441

ミル

こんばんは~
今回はカブですか~。
筋肉料理人さんも書いてたけど、大根とカブって見た目は似てるけど、カブはすごく柔らかいですよね。
カブの煮物はあのとろけるような食感がいいですよね!!
前ホテルの和食の店で食べました^^;
筋肉料理人さんのは、茎がついて形もかわいらしいですね。

>竹崎の牡蠣焼き小屋とか行った事ありますか?
竹崎にも牡蠣焼き小屋があるんですね。
行ったことないです・・・。
佐世保は遠いので、近くの方がいいですね。
福岡も西区の方で獲れるとか。
うぅ、これからが季節ですね!!

-

管理人のみ閲覧できます
このコメントは管理人のみ閲覧できます

筋肉料理人

ちゃこさん、こんにちは~
>家ではなかなか登場しない食材ですわ~。
我が家でもそうですよ。
自宅でカブを炊くのは私だけです。

カブの甘酢漬けは美味いですよね~
大根と似てますが、大根じゃあの味は出ないです。

ジャガイモ炒め、シャキシャキで美味しかったでしょう。
大人向けにはスパイシーな仕上げにするとグーですよ。

筋肉料理人

さとるっぺ さん、こんにちは~
カブってサリーちゃんの弟でしたね。
あのテーマソングは何気にディキシーランド・ジャズでしたね。

カブは加熱すると大根とは食感がカナリ違いますね。
それに馴染むか馴染まないかが、好き嫌いの分かれ目みたいです。

カブって洋風料理にも相性が良いみたいですよ。

筋肉料理人

ひろくん、こんにちは~
鶏肉の煮物も美味いですね~
私は手羽先が好きです。
柔らかく煮てプルプルに仕上げるんです。
これが好きなんですよ~

筋肉料理人

龍山マスターさん、こんにちは~
書くのを忘れてましたが、鶏肉は皮目を直火で炙っています。
皮を直火で炙って焦げ目をつけると食感が良くなりますよ。
「鶏の皮が嫌い」って方も食べやすくなります。

嫁さんは喜んでくれましたね~
嫁さん、普段はカブを使わないんで珍しかったみたいです。

筋肉料理人

ブ~ビィさん、こんにちは~
汁も中々美味しいですよ。
残った汁は別の料理の出しに使うと良いですね。
本当は、こんなに出汁を使うと旨みが抜けるから良くないんですが、
カブの肌を綺麗に仕上げる為に煮汁を多めにしました。

筋肉料理人

ぺろりんさん、こんにちは~
煮物も結構楽しいですよ~
良いですね~
男の料理は刺身と思ってましたが煮物もいいです。

薄味のカブは柚子胡椒が合いますね!
「ツナバのゆずとんからし」は普通の柚子胡椒と違って、
昆布の旨みと鷹の爪が入ってるんですよ。
これ、本当に美味いですよ。

筋肉料理人

ミルさん、こんにちは~
>茎がついて形もかわいらしいですね。
茎を付けるのはデフォみたいですね。
八方剥きにして4カットして、面をきちんと取るんですよ。
そうすると本当に可愛い形になりますね~

>竹崎と佐世保
竹崎の方が少し近いかな?
ミルさんの自宅からなら三瀬を越えて、
佐賀から鹿島の方に行くといいですね。
たまには気分が変わって良いかも?
寒い中食べる牡蠣が美味いですよね~

筋肉料理人

秘密のコメント様、こんにちは~
ご心配をおかけしました。
金曜日はコンサートに行っていたようです。
花の金曜日に休むとは・・・
儲かってるんでしょうね~
非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 
男の料理ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.