スポンサーリンク

試作品、牛ステーキ串羊羹みたらしあんかけ

C7180118.jpg

 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですか~昨日、出演したサガテレビ50周年記念番組で作った、羊羹と佐賀牛コラボ料理の試作品を紹介させて頂きます。最初に作った羊羹ステーキ丼はボツになり、次に試作したのが牛ステーキを焼いて一口大に切り、羊羹を使ったソースを掛ける料理です。牛ステーキは普通に焼いて一口大に切ります。これを串に刺して焼鳥のようにします。

ステーキ焼鳥035
ステーキ焼鳥036
ステーキ焼鳥039
ステーキ焼鳥040
ステーキ焼鳥045
C7040023.jpg

このまま食べると、めっちゃ美味しいのですが、今回のお題は佐賀牛+羊羹です。なので、これに羊羹を使ったソースを掛けます。イメージしたのはみたらし団子です(先日、作った羊羹みたらしだんご)。みたらし団子のタレはしょう油、砂糖、片栗粉、水または出汁を入れた鍋を火にかけ、混ぜながらとろみを付けて作ります。これの甘みを羊羹で入れたらどうか?そんな感じで作りました。

羊羹みたらし団子059
羊羹みたらし団子061
羊羹みたらし団子062

羊羹を使ったタレをかけると、食べられないことは無いんですが、やっぱり羊羹の風味があと引きます。ならば羊羹を減らせばいいですが、それではテレビ的な見せ場に欠けます。

C7040025.jpg

C7040030.jpg

なので、甘みを消す、さっぱり成分をトッピングする実験をしました。本当はイチゴをトッピングしたかったのですが、季節的に手に入らないので、上の画像では左からスモモ、キウイフルーツ、みかん、ミニトマト、レモンをトッピングしています。食べてみるとレモンが1番いい感じでした。レモンの酸味で羊羹の風味が和らぎ、食べやすくなりました。更に思ったのが、レモンでなくライムを使ったら、酸味とビターな風味でもっといいのでは?です。これでイケるのではと思いましたが、番組的に羊羹をソースにかけるだけでなく、肉の間に挟むとか、のっけたいという要望がありました。ハードルが更に上がりましたが、羊羹を肉の間に挟む分、ソースの羊羹を減らして作ってみました。

C7180096.jpg
C7180098.jpg
C7180101.jpg
C7180103.jpg
C7180105.jpg

そして、トッピングのフルーツをライムとグレープフルーツにしました。

タコとサーモンのフルーツサラダ032
C7180107.jpg
C7180118_201907212124576cd.jpg

そうやって作ったのがこちらです。牛ステーキ串羊羹みたらしあんかけです。羊羹が間に挟んでありますが、割と気にならずに食べられます。正直言うと、羊羹を挟まないと普通に美味しいのですが、そこは番組的に仕方ありません。こんな感じで試作できたので、番組には自身を持って望めました。たまにはこんな案件も面白いと思いました。
































スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.