スポンサーリンク

茹ですぎたそうめん、ひやむぎリメイク「かた焼きひやむぎの生姜焼きのっけ」

堅焼きひやむぎ生姜焼きのっ001

 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですか~今日の料理は茹ですぎたそうめん、ひやむぎのリメイクレシピ、かた焼きひやむぎの生姜焼きのっけです。茹ですぎて余ったひやむぎをフライパンでかた焼きにし、生姜焼きをトッピングして頂きます。余ったそうめんやひやむぎを美味しく食べられます。

こちら九州は只今、台風が通過中です。私が住んでいる佐賀は、今の所強風は吹いていますが暴風って感じではなく、雨もそれほど強くなくてホッとしています。昨晩は台風準備で忙しく、お米の代わりにひやむぎをゆでました。多めに茹でたの余ったので、それを使ってこの料理を作りました。

堅焼きひやむぎ生姜焼きのっ019

茹ですぎてあまったそうめんやひやむぎは粘りが出て団子になっています。水に浸せばほぐれますが、食感が悪くなっているので、焼いて食べるのがお薦めです。

茹ですぎたそうめん、ひやむぎリメイク「かた焼きひやむぎの生姜焼きのっけ」

材料2人分
茹ですぎて余ったそうめん、ひやむぎ    400g
豚こま肉                      160g
もやし                        1袋
小ねぎ                        5~6本
タカノツメ                      1/2本
ごま油                       大さじ1
サラダ油                      小さじ1

A
しょう油          大さじ2
みりん           大さじ4
味噌            小さじ1
おろし生姜        大さじ1(15g)

作り方

1)フライパンにサラダ油大さじ1/2を入れ、弱めの中火にかけます。余ったひやむぎ、もしくはそうめんを入れます。菜箸でほぐして広げ、フライ返しで時々押さえながら焼いて焼き目をつけます。

堅焼きひやむぎ生姜焼きのっ020
堅焼きひやむぎ生姜焼きのっ021
堅焼きひやむぎ生姜焼きのっ023


2)小ねぎは3~4cmに切ります。小ねぎの代わりにニラを使ってもいいです。

堅焼きひやむぎ生姜焼きのっ027

Aを混ぜ合わせます。生姜はチューブでも構いませんが、フレッシュの生姜をすりおろしたほうが美味しいです。これに小口切りにしたタカノツメを加えます。

堅焼きひやむぎ生姜焼きのっ025
堅焼きひやむぎ生姜焼きのっ026
堅焼きひやむぎ生姜焼きのっ034


3)1)のひやむぎ、もしくはそうめんに焼き目がついたら返します。ごま油大さじ1/2をフライパンの端から流し込みます。両絵mンに焼き目がついたらまな板に移し、食べやすく切って皿に盛ります。

堅焼きひやむぎ生姜焼きのっ024
堅焼きひやむぎ生姜焼きのっ031
堅焼きひやむぎ生姜焼きのっ032


4)同じフライパンにサラダ油を入れて中火にかけ、豚こま肉を炒めます。色が変わったらもやしを入れて一炒め、混ぜ合わせたタレをかけ、強火で炒めます。タレが馴染んだら火を消し、小ねぎを入れて混ぜます。

堅焼きひやむぎ生姜焼きのっ035
堅焼きひやむぎ生姜焼きのっ036
堅焼きひやむぎ生姜焼きのっ037
堅焼きひやむぎ生姜焼きのっ039
堅焼きひやむぎ生姜焼きのっ041
堅焼きひやむぎ生姜焼きのっ042


かた焼きひやむぎに汁ごとかけたらできあがり。

堅焼きひやむぎ生姜焼きのっ011
堅焼きひやむぎ生姜焼きのっ004
堅焼きひやむぎ生姜焼きのっ012
堅焼きひやむぎ生姜焼きのっ015

堅焼きひやむぎの生姜焼きのっけの完成です!フライパンでかた焼きにしたひやむぎは香ばしく、そのまま食べても美味しいくらいです。それに生姜焼きのタレをかけると、更に美味しく、食欲を刺激されてパクパク食べられますよ。このレシピは茹ですぎて余ったそうめんを使うレシピなので、新たにそうめんやひやむぎを茹でて作るときは、茹でて30分くらい置いて、粘りが出て来てから作ってください。



関連動画


スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.