スポンサーリンク

鶏むね肉の鴨ロース風、新レシピ、塩分控えめ

新鶏むね肉の鴨ロース風003

 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですか~今日の料理は鶏むね肉の鴨ロース風です。鶏むね肉の鴨ロース風は過去記事でも作りましたが、より簡単に作れるレシピを試してみました。今回のレシピは鶏むね肉をぽん酢しょう油と日本酒、鶏ガラスープの素で漬け込み、電子レンジ加熱、レンジ蒸ししてからフライパンで焼き目をつけます。鶏むね肉はぽん酢しょう油と日本酒の効果で柔らかく蒸しあがり、フライパンで皮にこんがり焼き目をつけることで、焼き目の香ばしさが入って風味よく仕上がります。味付けは鶏むね肉にぽん酢しょう油大さじ1と鶏ガラスープの素小さじ1/2なので薄味。食べるときに練からし、柚子こしょう、レモンなど使って頂きますので、たくさん食べられます。私みたいに筋トレしてる人、低糖質ダイエットしてる方にもおすすめのレシピです。

鶏むね肉の鴨ロース風、新レシピ、塩分控えめ

材料主菜として2~3人、副菜として6人分

鶏むね肉     1枚(300~350g)
大葉、刻み葱、レモン、柚子こしょう、練りからし  お好みで
サラダ油     小さじ1/2

A
ぽん酢しょう油      大さじ1
日本酒          大さじ1
おろし生姜        小さじ1/2
鶏ガラスープの素     小さじ1/2

新鶏むね肉の鴨ロース風026

作り方

1)鶏むね肉は全体をフォークで刺して穴だらけにしてポリ袋に入れます。Aを加えて口をとじ、15分、室温で馴染ませます。
  
新鶏むね肉の鴨ロース風027
新鶏むね肉の鴨ロース風028
新鶏むね肉の鴨ロース風029
新鶏むね肉の鴨ロース風030
新鶏むね肉の鴨ロース風031

2)1)の鶏むね肉を耐熱皿にのせてラップを被せ、電子レンジ600wで5分加熱して熱を通します。半分加熱したところで取り出し、上下を返して加熱ムラを防ぎます。※加熱時間の目安は、鶏むね肉100gに対し、電子レンジ600wで1分40秒です。300gで5分になります。耐熱皿に肉汁が出ているので、捨てずにとっておきます。
 
新鶏むね肉の鴨ロース風032
新鶏むね肉の鴨ロース風033
新鶏むね肉の鴨ロース風035
新鶏むね肉の鴨ロース風036
新鶏むね肉の鴨ロース風037


3)フライパンにサラダ油を入れて中火にかけ、熱くなったら、2)の鶏むね肉の皮がついている方を下にして入れ、皮目に焼き目をつけます。焼き目がついたら2)の耐熱皿にのせ、肉汁をかけて冷まします。
 
新鶏むね肉の鴨ロース風040
新鶏むね肉の鴨ロース風041
新鶏むね肉の鴨ロース風043


4)粗熱が取れたら、3~4mmの厚みに切り、焼き目がついた皮が見えるように盛り付けます。盛り付けたら、耐熱皿に残った肉汁をかけます。

新鶏むね肉の鴨ロース風044
新鶏むね肉の鴨ロース風047

大葉、レモン、刻み葱、柚子こしょう、練りからしなど、お好みで添えてできあがりです。

新鶏むね肉の鴨ロース風006

新鶏むね肉の鴨ロース風009

新鶏むね肉の鴨ロース風013

新鶏むね肉の鴨ロース風018

新鶏むね肉の鴨ロース風025

鶏むね肉の鴨ロース風新レシピバージョンの完成です!鶏むね肉はぽん酢しょう油と日本酒の効果でとても柔らか!塩気は薄いですが旨味があり、皮に焼き目がつくので風味がよくて美味しいです。私的には柚子こしょうをつけて食べるとしけがちょうどよくなる感じなので、お好みのソースやドレッシング、とろみをつけたあんをかけてもいけると思います。このレシピは下の動画のレシピを薄味にし、よりアレンジの幅を広げたものです。手軽に作れるのでお試しください。


関連動画











 

スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.