スポンサーリンク

骨付きラム肉のガーリック塩焼き、ラムチョップのステーキ

骨付きラム肉のガーリック塩焼001

 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですか~今日の料理は骨付きラムのガーリック塩焼き、ラムチョップのステーキです。骨付きラムは子羊の骨付きロース肉です。これを骨1本づつに切り分けたのがラムチョップ、骨付きラム肉になります。切り分けていないものはオーブン焼きにしてから切り分けますが、ラムチョップはフライパンでステーキにすると、手軽に美味しく食べられます。今日は骨付きラム肉を塩こしょうし、ガーリックオイルで塩焼きステーキにします。

骨付きラム肉のガーリック塩焼042

ラムチョップ、骨付きラム肉は肋骨にロース肉がついた状態で切られています。上の画像がそれです。断面を見ると、赤身と脂身がきれいな層にわかれています。脂身と赤身の間には筋があるので、筋切りしてから焼きますが、ラム肉はデリケートなので、荒く扱わないように注意が必要です。そして、焼き加減は牛肉と同じでいいので、ミディアム・レアーを狙って焼いていきます。

骨付きラム肉のガーリック塩焼き、ラムチョップのステーキ

材料2人分
骨付きラムロース肉 4本
にんにく 2かけ
塩、黒こしょう 適宜
ブロッコリー、ミニトマト、レモン、マヨネーズ 適宜
オリーブオイル 大さじ1

作り方

1)骨付きラムロース肉の筋切りをします。筋は脂と赤身の間、赤身の肉質が変わる境目にあるので、包丁の切っ先で切ります。下の画像では片面、2cm置きに、肉の厚みの半分くらいの深さに切り込み、反対側からも、互い違いになるように切り込んでいます。

骨付きラム肉のガーリック塩焼043

筋切りをしたら、室温に30分から1時間置いて肉の温度をあげます。骨の温度が上がりにくいので、時間をかけたほうがいいです。



2)にんにくは薄切りにして、中心にある芽を取ります。爪楊枝や菜箸で押し出すといいです。先に芽をとっておくことで、後でガーリックオイルを作る時、芽が外れて焦げるのを防ぎます。焦げると臭みが出るので注意が必要です。

骨付きラム肉のガーリック塩焼045
骨付きラム肉のガーリック塩焼046

フライパンにオリーブオイルとにんにくを入れて弱火にかけ、時間をかけてフライにします。下の画像のようにフライパンを傾けて、端に寄せるといいです。

骨付きラム肉のガーリック塩焼047
骨付きラム肉のガーリック塩焼049
骨付きラム肉のガーリック塩焼051

きつね色になったら、取り出しておきます。

骨付きラム肉のガーリック塩焼052


3)筋切りした骨付きラム肉に塩と黒こしょうをふります。塩の量は肉の重量の1%ちょっと位。肉の重量が骨付きで320gだったので、小さじ2/3(約3g)の塩を振りました。黒こしょうもふります。

骨付きラム肉のガーリック塩焼050
骨付きラム肉のガーリック塩焼053


4)2)のフライパンを強めの中火にかけます。十分に熱くなってから焼きます。焼く前に骨付きラム肉を重ねます。骨のついてない方に脂がついているので、まずは脂の面を肉を重ねたまま1分ほど焼いて脂身を溶かします。

骨付きラム肉のガーリック塩焼057
骨付きラム肉のガーリック塩焼058
骨付きラム肉のガーリック塩焼060

脂身を1分焼いたら片面を焼きます。強めの中火のまま、1分ほど焼きます。

骨付きラム肉のガーリック塩焼061

1分焼いたら返します。返したらフタをして火を消します。余熱で3~4分蒸し焼きにして熱を入れます。

骨付きラム肉のガーリック塩焼064

焼き上がったら皿に盛り付けます。ゆでたブロッコリー、ミニトマト、レモン、マヨネーズを添えます。取り出しておいたフライドガーリックをちらしてできあがりです。

骨付きラム肉のガーリック塩焼010

骨付きラム肉のガーリック塩焼012

骨付きラム肉のガーリック塩焼014

骨付きラム肉のガーリック塩焼028

骨付きラム肉のガーリック塩焼き、ラムチョップステーキの完成です。頃合いに焼いたラムチョップは超柔らかで、噛むと脂身の甘み、肉の旨味が口に広がり、とても美味しいです。マトンは匂いがありますが、ラムは癖がなくて本当に美味しいです。ただし、焼き加減が大事で、焼きすぎると台無しになります。下の断面画像をご覧ください。

骨付きラム肉のガーリック塩焼029

骨付きラム肉のガーリック塩焼037

赤では無い、ピンクがかったバラ色に焼き上げることで柔らかく仕上がり、熱も入っているので旨味も出ます。骨付き肉は骨の周りに熱が入りにくいので、肉の温度を十分に室温に戻してから焼くのが大事です。余熱を利用するといいので、レシピを参考にお試しください。


関連動画




スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.