スポンサーリンク

しめじと豆腐の吸い物 、 出汁パックで簡単、おいしいレシピ

しめじと豆腐の吸い物003

 人気ブログランキングへ



∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですか~今日の料理はしめじと豆腐の吸い物です。出汁パックを使って出汁をとり、簡単、美味しく作ります。



実は来月、福岡県久留米市で男の料理教室の講師をする予定で、講座の中に焼き鯖寿司を入れます。男の料理講座なので、手軽の作れる寿司レシピは喜ばれるかなと思いまして、参加者全員に、1人1本づつ焼き鯖寿司を作ってもらおうと思っています。メインはそれで決まりなのですが、寿司に合う汁物は、やっぱり吸い物かなってことで、簡単な吸い物レシピを作りました。

しめじと豆腐の吸い物:だしパックを使った作り方

材料4人分
水        700ml※
だしパック    2パック
豆腐       1/2丁
ぶなしめじ    1/2株
小ねぎ      2本
塩        小さじ4/5
薄口しょう油   小さじ1
旨味調味料    ひとふり

※だしパックを使わない時は、和風出汁600ml

作り方
1)出汁をとります。鍋に水700mlとだしパックを入れ、弱めの中火にかけます。※弱めの火にかけることで、時間をかけて温度を上げ、出汁が出やすくなるようにします。ここでは、出汁パックを表示より多めに使っています。

しめじと豆腐の吸い物018


2)ぶなしめじは石づきを切り取り、ほぐしておきます。豆腐は大きめのサイコロに切ります。小ねぎは2~3cmに切っておきます。
 
しめじと豆腐の吸い物019
しめじと豆腐の吸い物020
しめじと豆腐の吸い物021
しめじと豆腐の吸い物024



3)1)の鍋が煮立ったら、だしパックを取り出します(取り出すとき、軽く汁気を絞ってください)。塩を加えて混ぜ、ぶなしめじ、豆腐を入れます。※ここで薄めの味付けをして、具材にも下味をいれます。

しめじと豆腐の吸い物022
しめじと豆腐の吸い物023
しめじと豆腐の吸い物025

中火に上げ、再沸騰してきたら弱火にし、薄口しょう油を加えます。※ここでしょう油を加えるのは、香りが飛ぶのを防ぐためです。

しめじと豆腐の吸い物026

味見をします。旨味、塩気が足りないと感じたら、うま味調味料を一振りします。※物足りないと感じた時は、まず、うま味調味料を一振りしましょう。旨味が入ることで、塩分控えめでも美味しく感じます。旨味が少ないと、塩気を多くしがちなので、うま味調味料を使うことで減塩にもなります。

しめじと豆腐の吸い物027

小ねぎを入れてできあがりです。

しめじと豆腐の吸い物009

しめじと豆腐の吸い物011

しめじと豆腐の吸い物016

しめじと豆腐の吸い物の完成です!しっかりと旨味を入れた吸い物は、口に含むとしみじみ美味しいです。ぶなしめじの風味もよく、美味しく飲めます。長めに切った小ねぎは薬味と具材兼用。長く切ることで、薬味意外の役目もします。この位の簡単レシピなら、料理教室でメインの料理を頑張った後にも簡単に作れます。家庭での料理にも応用できるので、是非お試しください。


関連動画



スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.