スポンサーリンク

男の鯛めし!フライパンで美味しいオコゲが作れます。

メシ通男の鯛メシ046

 人気ブログランキングへ


∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!皆さん、お元気ですか~フライパンで作る男の鯛めしです。今の時期、桜鯛が旬で、魚屋さんに切り身が並んでいますので、それを使って鯛めしを作ります。鯛めしを作る時、臭み消しに生姜を使うのが普通ですが、ここは男気あふれる鯛めしにしたかったので、にんにくをつかいました。結果、これは男の料理っていう鯛めしが出来上がりました。このレシピをメシ通さんで紹介しました。

メシ通 食を楽しみたいあなたのスキマ時間を、笑顔と感動と知って得する情報で満たす、グルメWebマガジンです。



魚を使った炊き込みご飯は炊飯器で作ると匂いが移るので、嫌だなあって方が多いようです。そこでフライパンの登場です。一般的な直径26cmのフライパンで3合までご飯が炊けます。3合の米はご飯になると1キロ弱になるので、1人分200gとして5人分炊けるわけです。今回は鯛めしなので2合、2~3人分レシピとなります。

天然鯛は4~5月に産卵期を迎え、卵、白子を持った鯛のことを桜鯛といいます。産卵のために浅瀬に来るので漁獲量が多く、多く穫れるので旬になっていますが、味は冬場のほうが美味しいです。漁獲量がおいので、比較的安く買えるのが嬉しいところです。安いので鯛めしにも気軽に使えます。切り身に塩をふって下味&水出しをします。

メシ通男の鯛メシ083

米はといで浸水しておきます。

メシ通男の鯛メシ087
メシ通男の鯛メシ100

男の鯛めしなので、にんにくを使います。スライスして芽をとっておきます。

メシ通男の鯛メシ102
メシ通男の鯛メシ105

にんにくスライスをフライパンでフライにし、ガーリックオイルを作り、にんにくはフライドガーリックにします。

メシ通男の鯛メシ111
メシ通男の鯛メシ121

塩をした桜鯛を焼きます。皮目に焼き目をつけて取り出します。

メシ通男の鯛メシ127
メシ通男の鯛メシ131

同じフライパンに米を水ごと、調味料と刻んだ塩昆布を入れます。塩昆布は旨味と塩気を入れます。

メシ通男の鯛メシ108
メシ通男の鯛メシ148

鯛を入れてフタをし、火にかけます。沸騰してきたら強火で完全に沸騰させ、その後は弱火で15分炊きます。

メシ通男の鯛メシ175
メシ通男の鯛メシ163
メシ通男の鯛メシ183
メシ通男の鯛メシ170

15分炊いたら、ここがポイントです。強火にして水分を飛ばし、鍋底にオコゲを作ります。

メシ通男の鯛メシ163

水分が飛ぶと鍋底からチリチリと音が聞こえ、オコゲの香ばしい香りがしてきます。ここで火を消し、10分蒸らしたら出来上がり、仕上げにフライドガーリック、刻みネギをちらします。

メシ通男の鯛メシ005

こんな感じで男の鯛めしの出来上がりです。これを取り分けるか、鯛の身をほぐし、骨を取り除いて混ぜてから頂きます。

メシ通男の鯛メシ038
メシ通男の鯛メシ039

混ぜるとオコゲが顔を出します。このオコゲを作るためにフライパンで炊飯すると言っても言い過ぎではありません。

メシ通男の鯛メシ045

メシ通男の鯛メシ049

メシ通男の鯛メシ058

オコゲ入りの鯛めしはそのまま食べて美味しいですし、バター黒こしょうでアレンジすると、実に男気あふれる味になります。

メシ通男の鯛メシ062

結構、量が多いので、翌朝に食べようってときなどには茶漬けもいけます。

メシ通男の鯛メシ068
メシ通男の鯛メシ073
メシ通男の鯛メシ082

桜鯛で男の鯛めし、とってもおすすめです。レシピは連載をご覧ください。


【これはラク】フライパンと塩昆布の「鯛めし」の出来栄えに目が覚めた【筋肉料理人】



スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.