スポンサーリンク

サバ缶カレーチャーハン&温玉サバ缶カレーチャーハン、作り方動画

サバ缶カレーチャーハン050

 人気ブログランキングへ


∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!
皆さん、お元気ですか~今日の料理サバ缶カレーチャーハン&温玉サバ缶カレーチャーハンです。サバ缶を煮汁ごと使ったチャーハンカレーパウダーでスパイシーに仕上げました。サバ缶は煮汁ごと使うので旨味たっぷり!カレーパウダーで魚の臭みを消して美味しくいただきます。そのまま食べても、上の画像のように温玉トッピングでも美味しいです。

C6180046.jpg

サバ缶は私的に高タンパク食品&健康食品、そして味もいいって感じの位置づけで自宅に常備してます。筋トレしているものとしては、ご飯は太りやすいので大量に食べるのは控えないといけない。ですが、ご飯を食べたいときもあります。そんな時はチャーハンにすると、ご飯粒が油でコーティングされてGI値が低く、太りにくくなるので、昼飯にご飯を食べたいなあって時はチャーハンにしています。この日の昼飯は温玉サバ缶カレーチャーハンと肉野菜スープでした。

サバ缶カレーチャーハン&温玉サバ缶カレーチャーハン、作り方動画

まずは動画をご覧ください。



材料2人分

温かいご飯     500g
サバ缶(しょう油味) 1缶
卵  2個
刻みねぎ  大さじ6~
塩  適宜
カレーパウダー 小さじ1
サラダ油 小さじ4
お好みで温泉卵 適宜

作り方

1)サバ缶は身を軽くほぐしておきます。

C6180046_1.jpg


2)小ねぎを切って刻みネギを作ります。

C6180049.jpg
C6180050.jpg


3)卵は溶いておきましょう。※卵液は複数回入れするので、すじをしっかり切っていたほうが使いやすいです。

C6180048.jpg
C6180048_1.jpg


4)フライパン(画像、動画では直径26cmのものを使っています。炒め用の大きなフライパンのほうが作りやすいです)にサラダ油大さじ1(小さじ3)を入れて強火にかけます。熱くなったら、卵液の3/4を入れてさっと一混ぜし、温かいごはんを入れ、木べらで切るようにほぐしながら炒めます。

C6180057_1.jpg
C6180057_2.jpg
C6180057_3.jpg
C6180057_4.jpg
C6180057_5.jpg

ある程度ほぐれたら、残りの卵液の1/4~1/3を入れ、ほぐしながら炒める、これを繰り返してパラパラチャーハンにします。※卵液を複数回入れにすることで、ご飯粒に卵のコーティングをしてパラパラにします。

C6180057_6.jpg
C6180057_8.jpg
C6180057_9.jpg


ご飯にパラパラ感が出てきたら、ご飯をフライパンの端に避け、空いた部分にサラダ油小さじ1を入れて炒めます。※サラダ油も少量、後入れすることでパラパラ感が増します。

C6180057_10.jpg
C6180057_11.jpg


5)サバ缶を煮汁ごと加え、混ぜながら炒めます。※サバ缶の煮汁にしょう油と甘みが入っているので焦げやすいです。ある程度の焦げは旨味になりますが、焦げすぎると苦味が出るので注意してください。

C6180058.jpg

塩をお好みふって味を整えます。

C6180058_1.jpg

カレーパウダーを加えて炒め、香りが出たら刻みねぎを入れて混ぜてできあがり。

C6180058_2.jpg
C6180058_4.jpg
C6180058_5.jpg
C6180058_7.jpg

大きめの茶碗にチャーハンを詰め、皿をかぶせて返します。茶碗を外して刻みねぎを追加でちらします。

C6180059_1.jpg
C6180059_3.jpg
C6180061.jpg
C6180062_1.jpg

お好みで温泉卵をトッピングしても美味しいです。温泉卵は最短15分で作れる自家製温泉卵を使っています。

サバ缶カレーチャーハン003
C6180064_2.jpg

サバ缶カレーチャーハンの完成です!

サバ缶カレーチャーハン038

サバ缶カレーチャーハン041

サバ缶カレーチャーハン022

ご飯粒をしっかり炒め、サバ缶を煮汁ごと使ったサバチャーハンは美味しいです。サバ缶の効いているので、噛めば噛むほど旨味を感じます。そしてスパイシーなカレー風味でサバの臭みは無し。スパイシーな刺激で食欲のない時にも良さそうです。

サバ缶カレーチャーハン019

サバ缶カレーチャーハン044

サバ缶カレーチャーハン047

サバ缶カレーチャーハン054

サバ缶カレーチャーハン067

温泉卵をトッピングした方は、温泉卵を潰してチャーハンと一緒に食べます。温泉卵のとろりとした卵黄の濃厚なコクがチャーハンを美味しくします。自家製温泉卵は卵黄、卵白、療法が半熟なのでチャーハンと馴染みやすいのがいいところです。私的には温泉卵をのせたほうが美味しかったので、是非、こちらの方もお試し頂ければと思います。



関連動画






























スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.