スポンサーリンク

シマアジの刺身

皆さん、こんにちは。

今日は前回サク取りしたシマアジを刺身に切ります。

私の後ろでは待ちきれない子供達から

「お父さん、まだあ~!」

の声が、

「ちょっと待ってね~写真撮りながらだから時間がかかるんだよ~」

「え~~~、早く~~~」子供

「はい、はい、わかりました」

それでは

 「マッチョな僕がシマアジを刺身にしますよ」 
 ちょっと飽きてきましたが、お約束ということで


シマアジ15

前回、サク取りしたシマアジです。
シマアジは腹側の銀色を落さないように皮を引きましょう。

シマアジ16

1)まず、背側の身から平造りに切ります。

  まな板の上にサクの血合側、高くなっている方を向こう側に置きます。

  右端が尾側になります。

  尾のほうが細くなっているので斜めに幅広く切ります。

  これは中央部の太いところと、頭、尾の細い部分を同じ大きさの
  刺身に切る為です。

シマアジ17


2)背側が切れました。

シマアジ18


3)腹側を切ります。
  端を少し落します。

シマアジ20


4)腹の方は画像の様に細長く切ります。

シマアジ21


5)皿に大根ツマと大葉を置き、背側の身を置きます。
  刺身を盛るときは刺身が寝ないように気をつけます。
  (刺身は立てて盛るのが基本です)

シマアジ22


6)スライスしたレモンを2枚置きます。

シマアジ23


7)レモンの上に腹側の身を置きます。

シマアジ24


8)右に大根ツマ、大葉を置きます。

シマアジ25


9)左と同じように刺身を置きます。
  この時左右に高低差、前後のズレを作ってやります。

  それと腹側の銀色が目立つように盛ります。

シマアジ26


10)ワサビを添えて完成です。
   これが2皿取れました。

**********************************

写真で自分の盛り付けをチェックすると、アラだらけで反省する部分が多い
のに気付きます。

切り方イマイチ。

盛り方イマイチです。

飾りはシンプルでも良いんですが・・・・

盛り付けは左右を入れ替え、右を高く奥に、左を低く手前に置くべきでした。

***********************************

「早く食べよう」

と言う子供をなだめすかして風呂に入れ、風呂上りのビールを飲みながら
食べると、予想通り、プリプリ感は有りませんが替わりにウマミが出てい
ました。
臭みや癖も無く子供達には大好評でした。
(私の口には2切れしか入りませんでした)


携帯用リンク  魚の捌き方 (刺身、料理、レシピ)
←ぽちっとオネガイシマス

スポンサーリンク

コメント

スガジー

( ゚▽゚)/コンバンハ
コメントありがとうございます!!
1000円食べ放題ですかーーーー!!
(ノ*゚▽゚)ノ ウォォォォォン
すごいですね♪
では、また遊びに来ますネ!
ランクリも完了♪5連発です!!!

カズーオ

コンニチハ!
ご丁寧に、ありがとうございます。

>1000円食べ放題ですかーーーー!!
はい、自分がお客さんになりたかったですよ^^;

市内の飲食業界では評判でした。
「マジかよっ!!」
って。

先月は1000円しゃぶしゃぶ食べ放題でした。
これは楽だったけど、店は大赤字ですね~
まあ、客寄せのイベントだからいいんでしょうが。

何時も応援ありがとうございます。

ミル

こんにちわ~i-1
刺身は立てて、盛るんですね~。
なるほど、大根を下に敷いて、大葉とレモンを使ってバランスよく盛ったらいいのですね。
あれあれ、カズーオさんは2切れしか食べてないんですかi-200
お魚好きな子供達の、やさしいパパなんですね~。

カズーオ

こんにちは
今日は良い天気ですね~
チョコたんの散歩日和ですね。

そう、刺身は立てて盛るんですよ。
ツマを使わない場合は刺身だけで経つように切ります。
でも、魚によって立つように切れない場合があります。
そんな時はツマを利用したり、重ね盛りにしたりします。

>カズーオさんは2切れしか
そーなんです。
うちの子供は刺身大好きで・・・

>やさしいパパなんですね~
いや~照れるなあ(*^。^*)
非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

ツイッター、はてなブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

レシピブログ