スポンサーリンク

ヤズ・イナダの姿造り その③ 姿造りのおろし方・さばき方

ヤズ・イナダ姿造り03.jpg

 
 


∩・∀・) 皆さん、こんにちは~
「ヤズ・イナダの姿造り その② 姿造りの捌き方」の続編でございます。
早速、続きから参ります。


前回、半身を取りました。ヤズ・イナダ姿造り17.jpg
今回は反対側の半身を取ります。

姿造り用に捌くとき難しいのが、この残りの半身を取る時です。
何故ならば頭がついているので、まな板に置いた時身が浮いてしまうのです。

上の画像は半身を取った状態、このままひっくり返すと頭の後ろが浮いちゃうんです。
そうすると切る時に身が逃げちゃって切りにくい。
馴れるのに多少の時間がかかります。
慣れない内は頭をまな板からはみ出させて、身をまな板に密着させると良いですよ。



それでは前回の続きから

前回
、半身を取ったヤズ・イナダ姿造り17.jpg



8)胸鰭の後ろ、後頭部を結ぶ線に中骨まで切込みを入れます。
  その時、包丁を右に寝かせます。
  (・∀・)こうすると後頭部の身を無駄にしません。
ヤズ・イナダ姿造り21.jpg

←ぽちっとオネガイシマス

9)残りの半身を取ります。

  頭を右、背側を手前にしてまな板に置きます。
ヤズ・イナダ姿造り22.jpg


  包丁を逆手にして刃先で5ミリくらいの深さに切り口をつけます。

  その切り口から中骨に添って背骨まで切り込みます。

  その時、頭の後ろが浮いているので切りにくいです。
  切り難い時は頭をまな板からはみ出させて捌きます。 


ヤズ・イナダ姿造り23.jpg
10)身を指で起こし、包丁を立て気味にして包丁の切っ先で腹骨を切ります。


11)包丁を逆手にして、切っ先で5ミリくらいの深さに 切込みを入れます。
ヤズ・イナダ姿造り24.jpg
  (・∀・)皮が固いんで切りにくいんですよ。
      まずは皮に切り込みを入れて、その切れ目から深く切り込んでいきます。

ヤズ・イナダ姿造り25.jpg



 9)と11)は前回の5)、6)と同じ要領です。


ヤズ・イナダ姿造り26.jpg

12)尾鰭の方から背骨で繋がった部分を切り離します。
ヤズ・イナダ姿造り18.jpg
  
   身が血で汚れている時は、キッチンペーパーを湿らせ固く絞りってから
   拭き取ります。


   これで頭付きのまま3枚に卸せました。
   次は腹骨を漉き、血合い骨を切り取り、皮を引きます。


←ぽちっとオネガイシマス


携帯用リンク  魚の捌き方 (刺身、料理、レシピ)

スポンサーリンク

コメント

龍山マスター

こんばんわ!
やっぱり生きてるみたいですね^^
いや生きてるよ!!
今にもピチピチ頭と尻尾を動かして飛び跳ねそうです(笑)

おもちゃのひろくん

こんばんは!
刺身包丁って、何でもスパスパ切れそうなのに皮が硬くて切りにくいんですね~?

しかも真ん中に骨も通ってるから作業がしにくそうですね・・・。

いなずまん

私、頭付きでおろす時は、まず半身を中骨だけくっついてる状態まで切って、そのまま半身を外さずにひっくり返し、両面に切り込みを入れてから中骨を外すようにしてます。これだと、後頭部が浮かなくて切りやすいんです。人によって捌き方って違うもんだとは思いますが、一度お試しあれ(゚∀゚)

飛香庵

おろし方もいろいろですねぇ・・
>慣れない内は頭をまな板からはみ出させて、身をまな板に密着させると良いですよ。

>まず半身を中骨だけくっついてる状態まで切って、そのまま半身を外さずにひっくり返し、両面に切り込みを入れてから中骨を外すようにしてます

どちらも勉強になりましたv-410

よね

こんにちは~
なるほどなるほどですね(笑)
勉強になります!

それにしても右から左から見事に捌かれますね~

筋肉料理人

龍山マスターさん、こんにちは~
ありがとうございます。
マスターのブログを拝見してきましたが、
八甲田山は素晴らしい雪景色ですね!!
私も行ってみたいです。

筋肉料理人

おもちゃのひろくん、こんにちは~
そうなんです、意外と切れないんですよ。
特に皮は固いから色々工夫が要りますよ~

筋肉料理人

いなずまんさん、こんにちは~
初めまして。
良い捌き方の一例をありがとうございます。
捌き方ってのは人それぞれですが参考になりますよ。
おっしゃられる通り、魚を捌くのに馴れてない方には良い方法だと思います。
ありがとうございます。

筋肉料理人

飛香庵さん、こんにちは~
そうですね、卸し方は人それぞれです。
私も初心者の頃に試したことがあります。
それ以来、やっていませんが。

色々試してみて、自分に合った方法でやるのが一番でしょうね。
非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.