スポンサーリンク

豚足味噌煮込み 1  豚足と野菜の下茹で

←ぽちっとオネガイシマス
豚足味噌煮込み04.jpg

∩・∀・) 皆さん、こんにちは~

今回は豚足・トンソクでございます。
豚足と言えば居酒屋、焼鳥屋さんで食べる「豚足焼き」がお馴染みですね。
ワタクシ(・∀・)も豚足が好きで、メニューにあると注文しちゃいます。
ゼラチンのモチモチした食感が大好きなんです。
焼きたてで熱々のにポン酢をちょっとつけて食べる。
ああ・・・想像しただけでビールが飲みたくなりますね~
その場合は是非、炭火で焼いたものであって欲しいです。
あの香ばしさが・・・・たまりませんよね~

で、今回の記事は豚足なんですが、今回は「焼き」じゃなく「煮込み」です。

豚足味噌煮込み」 行っちゃいます。

まあ、ホルモン味噌煮の豚足バージョンですね。
豚足は煮ますと美味しい出汁&ゼラチンが出ますので、野菜も一緒に煮込みます。
柔らかく煮込むと出汁が染みて美味いですよ~


豚足は生、ボイル済み、調味済みの物、色々売っていますが、今回は生を使って、
下茹でから記事にしますね。
ボイル済みの物を使う場合も、軽く下茹でしたほうが良いと思います。


豚足&野菜の下茹で

       (σ´∀`)σ いってみよう!!


☆豚足の下茹で

1)買ってきた生豚足の表面を直火で軽く炙ります。
  (・∀・)所々、焦げ目がつく位ね。

豚足味噌煮込み1.jpg

2)大きめの鍋にたっぷりの水で下茹でします。
  白葱の青い所を臭み抜きに浮かべます。
  初めは強火で、沸騰してきたら火を弱め軽く沸騰する状態で煮ます。

  途中、灰汁が浮いてきますので掬いましょう。

  このまま、1時間以上柔らかくなるまで煮ます。

豚足味噌煮込み2.jpg

  柔らかくなると上の画像のように関節が外れます。
  こうなったらOKです、お湯から揚げて水を切ります。



←ぽちっとオネガイシマス
☆野菜の下茹で

野菜はトンソク2個に大根10センチ位、人参半分、ゴボウ4分の1位使いました。


豚足味噌煮込み5.jpg

1)ゴボウはたわしで洗って大きめに切ります。
  切ったら直ぐに水に漬け灰汁を抜きます。
豚足味噌煮込み6.jpg

  15分も漬けると灰汁が出てきます。
  酢水に漬けると灰汁が消えやすいですが、酢が多すぎると風味が落ちます。
  トンソク煮込みなら水に漬けるだけで良いでしょう。

豚足味噌煮込み4.jpg

2)大根と人参も大きめに切ります。
  大根は半月に切りました。
豚足味噌煮込み3.jpg

  大根と人参は面取りしとくと綺麗で良いです。


3)下茹でします。
豚足味噌煮込み8.jpg

  ゴボウは串が刺さればOK 。
  人参も串が刺さる位。
  大根は透明感が出て串がすっと通る位です。

豚足味噌煮込み7.jpg

  大根を下茹でするときはコメの砥ぎ汁か生米を少し入れるといいです。


次回に続きます豚足味噌煮込み03.jpg



携帯用リンク  魚の捌き方 (刺身、料理、レシピ)

←ぽちっとオネガイシマス









スポンサーリンク

コメント

龍山マスター

こんばんわ!
豚足、マスターも大好きです。
メニューにも豚足メニューがあるくらい。
ただ、こちらの人は苦手な人が結構いますので
調理の仕方に苦労してます^^;
美味しんですけどねー♪

リルアンジュ

豚足はちょっと苦手なリルです。
共食い…みたいで…って冗談ですが。

焼肉やさんでよく父が食べるのですがどうしても
食べられないのですよ~^_^;

でも、これなら柔らかくておいしそう…
こんど試してみます。
禁断の地に足を踏み入れてみますね(^_-)-☆

飛香庵

>大根を下茹でするときはコメの砥ぎ汁か生米を少し入れるといいです
 ↑↑
なぁ~んで?

さとるっぺ

九州では、居酒屋や焼き鳥屋で豚足があるんですか?
しかも、豚足焼きがお馴染みとは、驚きです。
こちらでは、焼肉屋で茹でた物が主流です。
でも・・・煮たのも美味そうだなぁ~♪
今度、生が仕入れられたら絶対作ってみます!

筋肉料理人

龍山マスターさん、こんにちは~
>ただ、こちらの人は苦手な人が結構いますので
そうなんですよね~
まずは、あの形が駄目って人も多いです。
こちらでは業務用のトンソク串があるんですよ。
これは骨無しで原型が解らないんで食べやすいです。
これをそのまま焼くか、甘酢醤油で煮てから焼くと美味いです。

筋肉料理人

リルアンジュさん、こんにちは~
>共食い…みたいで…って冗談ですが。
またまた~

>これなら柔らかくておいしそう…
美味しいですよ。
トンソクって固定観念が無ければ行けるんじゃないでしょうか?
煮込みなら野菜も一緒に取れますからね。
今回は味噌煮込みですが、おでん出汁で煮ても良いですよ。

>禁断の地に足を踏み入れてみますね(^_-)-☆
こちら側へいらっしゃーい。

筋肉料理人

飛香庵さん、こんにちは~
>なぁ~んで?
私は灰汁抜きの為に入れてます。
聞いた話では昔の大根は灰汁が強くて、下茹でに米の砥ぎ汁が必要だったらしいです。
今の大根は生でも食べられますので、それ程、灰汁やエグミは無いんですが、
薄味で炊くときは下茹でしないと大根の香りが強くなりすぎるので、
必ず下ゆでしてます。

米を入れるのは灰汁が抜けやすくなるのと、柔らかかくなるからだそうですが、
正直言って米を入れなくても余り変わらない気がします。

筋肉料理人

さとるっぺさん、こんにちは~
>九州では、居酒屋や焼き鳥屋で豚足があるんですか?
ありますよ~デフォと言っていいと思います。

>今度、生が仕入れられたら絶対作ってみます!
普通のボイルトンソクでOK ですよ。
下茹での時間が短縮できて良いです。
ボイル豚足の場合も軽く下茹でしたほうが良いでしょうね。

飛香庵

ありがとうございました
さすがですねぇ、大根を薄味につける時にいれてみます。

筋肉料理人

飛香庵さん、こんにちは~
まあ、お約束と思ってやってください~
非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

ツイッター、はてなブックマーク

このエントリーをはてなブックマークに追加

レシピブログ