スポンサーリンク

土鍋ごはんで鰆のりゅうきゅう丼、クリンスイ×レシピブログ連載

土鍋ごはんで鰆のりゅうきゅう068_R
 


∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です!皆さん、お元気ですか~クリンスイ×レシピブログ連載更新のお知らせです。今回紹介したのは、旬の鰆の刺身を使ったりゅうきゅう丼です。→連載

りゅうきゅう

りゅうきゅうは大分県の郷土料理で、要するに刺身のしょう油漬けです。もともとは漁師さんが沖合の船上で作った賄い飯で、釣れたての魚をさばいて刺身にし、「しょう油+みりん」もしくは「しょう油+砂糖+日本酒」の甘目のタレに漬けたものを、炊き立てのご飯にのっけていただきます。大分のりゅうきゅうは決まった魚でなく、色々な魚を使うのも特徴で、鰆で作っても美味しいのです。

鰆の刺身002_R
鰆の刺身003_R

上の画像が料理に使った鰆の半身。半身で3000円でした。かなり状態の良い鰆で、ここ10年内に食べた鰆の中で一番美味しかったです。

土鍋ごはんで鰆のりゅうきゅう028_R
土鍋ごはんで鰆のりゅうきゅう029_R

これをしょう油タレに漬け込み、その間に土鍋ごはんを炊きました。

土鍋ごはんで鰆のりゅうきゅう033_R
土鍋ごはんで鰆のりゅうきゅう054_R

炊きあがったご飯を茶碗によそい、鰆のりゅうきゅうをのせます。

土鍋ごはんで鰆のりゅうきゅう057_R

鰆のりゅうきゅう、りゅうきゅう丼の出来上がりです。

土鍋ごはんで鰆のりゅうきゅう069_R

土鍋ごはんで鰆のりゅうきゅう079_R

りゅうきゅうは、15分位の漬け込みでは刺身の食感ですが、1時間漬けると脱水されて味が入り、食感もかわります。

土鍋ごはんで鰆のりゅうきゅう080_R
土鍋ごはんで鰆のりゅうきゅう081_R

画像のりゅうきゅうで1時間ちょっと漬けた状態。脱水されて表面はつややかに、身は締まって珍味的な食感に代わっています。脱水されているので旨味は濃くなっており、甘目のしょうゆ味はご飯に合います。炊き立てのご飯と一緒に食べたら、箸が止まらないほどです。刺身を買ってくれば簡単に作れるので、是非ともお試しください。レシピは連載をご覧ください。


連載→土鍋ごはんで鰆のりゅうきゅう丼





スポンサーリンク

コメント

非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 
男の料理ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.