スポンサーリンク

チャーハン動画 (弱い火力で作るパラパラ炒飯))

チャーハン動画9.jpg

∩・∀・) 皆さん、こんにちは~
お子様から大人まで大好きな、チャーハンでございます。

お店で食べるパラパラチャーハンはとっても美味しいです。
だがしか~し!!
家庭の弱い火力でパラパラチャーハンを作るのは難しい・・・・
お店と同じ物は出来なくても、何とか家でもパラパラチャーハンが出来ないか?
挑戦してみました!!
強い火力で作ったのと仕上がりは違いますが、家庭のコンロでパラパラに
挑戦しました。
そして今回は初の試み、動画で作り方を紹介します~
(動画って、ちょっと恥ずかしいけど)

チャーハン動画8.jpg



(・∀・)家庭で作るチャーハンが何故パラパラにならないか?
    理由は色々あると思いますが、
       ①ご飯が柔らかい
       ②火力が弱い
    
    この2つの理由が大きいと思います。
    チャーハン用のご飯は固めに炊いた方がいいです。
    炊飯器の寿司飯用の固さ位で炊くと良いと思います。
    ですが、普通はチャーハン用にご飯を炊いたりしませんよね。
    2つ目の火力はどうにもなりませんから、フライパンをコンロの上から
    なるべく動かさず火力を無駄にしないようすると、多少はましでしょう。

    今回は、普通の家庭で炊く、柔らかめのご飯で作ります。
    フライパンもテフロン加工の普通のフライパンです。
    テフロンフライパンを使うのと、火力が弱くて熱くないので、
    お玉でなく木のシャモジで混ぜます。







家庭のコンロで作るパラパラチャーハン。  作り方&レシピ

  筋肉料理人
  (; `・ω・)  。・゚・⌒)   <チャーハン煽るよ!!
   /   o━ヽニニフ))  
   しー-J

チャーハン動画1.jpg

材料 2人分

   ご飯       500g(冷凍しといたご飯を使いました。
                 我が家のご飯は年寄りがいるんで
                 柔らかく炊いています。)
   卵          2個  M玉かL玉
   荒挽きソーセージ   2本
   白葱       100g
   ニンジン      40g
   シメジ       少々
   刻み葱       少々
   塩         
   コショウ      ホワイトペッパーを使いますがブラックペッパー
             も香りがよくて美味いです。
   醤油         10cc
   化学調味料     ほんのちょっと(入れなくてもいい)
   サラダ油      大さじ2杯ちょっと


1)冷凍ご飯はレンジで温めておきます。(普通に食べれる状態)
  ソーセージ、白葱、ニンジンはミジン切りに。
  シメジは石突きを切り取ります。
チャーハン動画2.jpg

  卵は小さなボールに、よ~く溶いておきます←重要

  調味料もコンロの横に用意しときましょう。
2)まずは具を炒めます。
  フライパンに薄く油を敷き、油がサラサラになったら具を入れて炒めます。
  良く炒めますが、焦がし過ぎないようにしましょう。


  チャーハン動画はこちら→ ☆チャーハン動画その1☆

  具が炒まったらボールに移します。


3)フライパンにサラダ油を大さじ1杯ちょっと入れ、サラダ油がサラサラになったら
  溶き卵を半分入れます。

  火力は最強です。

  卵が半熟のうちにご飯を入れます。
  その後はご飯をほぐしながら炒めます。

  ある程度混ざったら残りの溶き卵を少しずつ加え、ほぐしながら炒めます。

  途中、ほんの少しサラダ油を足します。
  (入れすぎに注意、ほんの少しでいいです)

  ご飯をほぐしながら更に炒め、また少しずつ溶き卵を入れていためます。


  チャーハン動画はこちら→ ☆チャーハン動画その2☆


  火力が弱いのと、家の台所なんで豪快な鍋振りが出来ません。
  出来るだけコンロから離さずに炒めます。





  ご飯がパラパラになって来たら具を戻して炒めます。
  具がある程度混ざった所で、塩、コショウで味付けをします。
  味がほぼ決まったら醤油を注ぎ良く混ぜながら炒めて香りを出します。


  チャーハン動画はこちら→ ☆チャーハン動画その3☆



  あとは皿に盛って完成です。

チャーハン動画4.jpg

  適当なご飯茶碗にチャーハンを詰め、皿に盛って完成。
  天辺に刻み葱を盛ります。
チャーハン動画6.jpg

  カナリパラパラになっていますので、この形を保つのが難しいです。
  このまま置いといたら崩れてきましたので、手で修正しました。

(・∀・)今回のチャーハン作りのポイントは、ご飯粒の表面に卵の皮を
    つける事です。
    ご飯粒を卵でしっかりコーティングすると、ご飯の粘りが表面に出ず、
    少ない油でパラパラの状態に出来るんです。


    チャーハンの作り方は人それぞれで、色々なやり方があると思います。
    作り方の一例としてみてね。

チャーハン動画6.jpg

食感はパラパラ、フワフワって感じ。
これは火力が弱いからこんな食感になります。
業務用の強い火力で作るとパラパラ、サラサラって感じになり、より食感が強くなります。

今回は火力が弱いのに2人分一緒に作ってますんで、よりパラパラ、フワフワ
って感じになってます。
(家庭向きなら2人分くらいは一緒に作らないとね)
1人分の分量で作れば、もっとしっかりした食感になります。



チャーハン動画5.jpg

チャーハン動画7.jpg

マヨで線を引いてみました。
恥ずかしながらマヨラーです、美味かったです~





記事を修正しました。
動画を3枚も貼り付けてたんで重くて表示され難かったようです。
動画を別ページに貼りました。


味付けについての補足です。
今回は味付けに塩、コショウ、醤油しか使っていません。
これは具に白葱ソーセージを使っているからです。
白葱もソーセージも炒めると美味しいですよね。
白葱とソーセージをミジン切りにして炒める事で、具であり調味料代わりになっています。

更に一味加えたい時は本格的な中華の調味料を使うのもいいし、最後に焼肉
のタレ、ドレッシング、焼鳥のタレ、練り味噌等で味付けすると良いですよ~

←ぽちっとオネガイシマス


携帯用リンク  魚の捌き方 (刺身、料理、レシピ)

関連記事カテゴリー → チャーハン・炒飯

スポンサーリンク

コメント

三毛猫

しっかり拝見しましたっ!
玉子をちょっとずつ入れていくんですね~。今まで先に玉子を全部入れて具と一緒に炒めてたのでイマイチぱらぱら感が出なかったのだと思います☆なるほど~~

それと、味付けが「塩とこしょう、それにちょこっとお醤油だけ」だったのも驚きました。チャーハンの素を私は使ってました・・だはは・・

フライパンがぴゅっと振れるようになりたいです。かっこいいです~~~明日やってみます。出来たらまた報告します☆

mecha

うわ!分かりやすっ!
v-238すご~いv-424
動画、とても分かりやすかったです☆
1の途中に2~の途中に3時間差で見ました。
だいだい理解しました<(_ _*)>~♪
な~るほど、中でちょこっとだけの油の継ぎ足しが
パラパラのコツなんですね。
後は最初の卵の~と鬼のよ~に炒める。。。
マヨ好きですが~ちょこっとだけにしときます。

ブ~ビィ

こんばんは~
筋肉料理人さん! 今回はすごいですね。

動画だとやはり分かりやすいですねっ。
パラパラチャーハンはやはり美味しいです。

今度は是非、筋肉料理人さんの肉声もふんだんに交え
動画で魚の盛り付けもお願いします!

飛香庵ママ

うえ~ん!
動画が動かな~いv-406

流離いの料理人

こんにちは!
家のPCからだと動画が動かなかったので、(何でだろ?ちゃんと動くツールいれてあるのに…)
今日は会社のPCからです。
そしたら動画、見れました!

これが筋肉料理人さんのフライパン捌き!
少し筋肉料理人さんが身近に感じました!♬

筋肉料理人

三毛猫さん、こんにちは~
>玉子をちょっとずつ入れていくんですね~。
私はこうやってます。

>今まで先に玉子を全部入れて具と一緒に炒
業務用の強い火力のコンロで作る時は、
具を炒めた所に卵を入れてます。
家庭では火力が弱いんで、具とご飯を炒めるのを
分けた方が良いと思って、こうしました。

>味付け
味付けの基本は塩コショウだと思います。
卵とご飯だけのチャーハンでも、しっかり炒めれば
塩コショウで美味しいものが出来ると思いますよ。
ただ、何時もそれじゃ飽きるんで、「チャーハンの素」
を使うのも良いし、本格調味料を使うのも良い、
焼肉のタレでも美味しいと思います。
基本はご飯をしっかり炒める事でしょうね。

>出来たらまた報告します☆
豪快な鍋振りでお願いします!!

筋肉料理人

mechaさん、こんにちは~
>中でちょこっとだけの油の継ぎ足しが
>パラパラのコツなんですね。
これもコツの一つなんですが、要はご飯粒に卵のコーティングをする事ですね~
ご飯粒にしっかり卵が絡むと、少しの油でパラパラになるんです。
絡みが悪いと大量の油が要ります。
(それはそれで美味しいんですけどね)

卵が絡んだら、しっかり炒めてください。
なにせ「炒」飯ですからね~

筋肉料理人

ブ~ビィ さん、こんにちは~
動画の編集に苦労しましたよ~
撮影する時にでかいサイズで撮影してたんで、
ファイルを小さくするのが手間でした。

自分の料理を動画で見ると面白いですね~
味見の仕方がちょっと下品でした~

>肉声もふんだんに交え
実は音声も入れようと思ってたんですが、
思いっきり変な声だったんでやめました。

筋肉料理人

飛香庵ママさん、こんにちは~
記事を修正しました。
今度は動くと思います、別窓で動画を開くようにしましたので、
一つずつ見てください。

筋肉料理人

>こんにちは!さん、こんにちは~
見れましたか?
1ページに動画を貼りすぎていたようで、
私のPCで動きが遅かったので記事を修正しました。

>これが筋肉料理人さんのフライパン捌き!
家庭用ですけどね。
業務用ではもっとご飯を撒き散らしてますよ~
時間にするとご飯を煽るのに9分かかってるんですが、
業務用なら3分かからないです。

はぎぞう

出遅れました~;;
さすが、筋肉料理人さんですね~
てっきりお冷ご飯を卵と混ぜてから暑く熱したフライパンで作るのかと思いました。
このお冷ご飯に先に卵を絡める方法、確かスマスマで木村拓哉さんが紹介してました。
我が家でもやってみましたが結構上手に出来ますよ。
ちなみに、私は家で作るパラパラでないチャーハンも意外と好きですw

ひろくん

こんにちは~
(´¬`*)よだれ
いただきま~すv-421

龍山マスター

こんばんわ!
動画でチャーハンの作り方紹介ですか?
これだと分かりやすくていいですね~
作ってる段階で香りがしてきそうで
見てると腹減ってきますね^^;
でも筋肉料理人さんファンの方々にとっては
作り方が分かり易くて為になりますね♪
アツアツ頂きたいです!!

なきねこ

筋肉さん・・
お絵かきありがとうございました・・って素直に喜べないやいっヽ(`Д´*)ノ参加賞は掲示板においてあります。どうぞ・・しくしく・・

おもちゃのひろくん

こんばんわ!
飛香庵ママの次のコメント、僕です!
会社からPCで送ったのに、名前入れ忘れてました!

おもちゃのひろくんです!(^_^;)

筋肉料理人

コメントありがとうございます。
>ひろくん、こんにちは~
私はこれに餡を掛けた「あんかけチャーハン」が
好きなんですよ~
いずれ、これも記事にしようかな~


>はぎぞうさん、こんにちは~
実は卵ご飯で作るチャーハンはやった事が無いんです。
一度はやってみたいと思います。
今回のやり方は、私のスタイルです。
このやり方なら柔らかめのご飯でもチャーハンになるんですよ。

パラパラじゃないチャーハンも好きですよ。
汁気のある具を入れたり、具を乗せたチャーハン好きですね~


> 龍山マスターさん、こんにちは~
うちの嫁さんが、私のチャーハン作りを見て感心してくれたんです。
それで、動画を公開しようと思いました。
やってみると面白いですね。
でも、家庭用のコンロじゃ時間がかかりますね~


>なきねこさん、こんにちは~
どういたしまして。
絵の題材に問題があるとは思ったんですが、
人気の鶏だからカンベンしてね。


>おもちゃのひろくん、こんにちは~
たぶん、そうだろうと思ってましたよ!!
何となくわかりますね。

飛香庵ママ

見れたよ~ん!
料理の流れとか、時間がわかってよいですね!
でも、会話も楽しかったですv-432

筋肉料理人

飛香庵ママさん、こんにちは~
ええ~会話入ってました?
それはヤバイ!!

ぺろりん

お疲れ様です~
分かりやすかったで~す!
ありがとうございますv-290

卵と油をこまめに分けるんですか~
やはり料理もめんどくさがらずに
手間を加えると一味も二味も変わってくるんですね~
横で奥さんの「油の量が気になる~っ!」
と言っていた気持ちよ~く分かります!(笑)
パラッと仕上げたいけどベタッとしたくないし
カロリーも気になる(笑)

私は時々昆布茶や和風だしの素
を使ったりします!
でもからし高菜チャーハンがいいですね~v-426

北九州と違う方言がほのぼのして隠し味に
なってますよ~v-218

筋肉料理人

ぺろりんさん、こんにちは~
玉子ちょっとずつ作戦は良いですよ~
うちの嫁さんは油の量がと言っていますが、
嫁さんの炒飯より油っぽくないです~
って音声が入ってるのがヤバイデス。
今、再編集して音声をカットしてます。

うちの嫁さんは佐賀弁と筑後弁が混ざってます。
私は筑後弁です~
非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.