スポンサーリンク

鯛炙りのカルパッチョ風

新潟県中越沖地震の被災者の方に、心よりお見舞いを申し上げます。
最初、TVの画像を見た時、大した事無いんじゃ?と思いましたが、
その後に、つぶれた家の画像が出てきたり、柏崎市が惨状が中継され
被害の深刻さがわかりました。
我が家は福岡西方沖地震の時、震度6だったんです。
幸い被害は殆ど無かったんですが地震の怖さは身にしみました。
被災地が早く復旧する事を祈ってます。


炙り鯛カルパッチョ風15.jpg

 
 


∩・∀・) 皆さん、こんにちは~
鯛炙りのカルパッチョ風です。
先日の黒米酒の記事のときに作りました。

カルパッチョってのはもともとは、牛肉の薄切りで作ったらしいけど、
日本では刺身用の魚を使って作ったりしてるんですよ~
今回は鯛の皮目をバーナーで炙って使いました。

白身ってのはあっさりしてるのが売りなんですが、タイの皮を炙る事で
美味い皮を食べられるし、香ばしさが出て一味変わりますよ~

黒米酒2.jpg



鯛炙りのカルパッチョ風  作り方&レシピ

材料 2人分
       鯛         半身分
       玉葱スライス    半個分
       レモン        少々
       ニンジン千切り    少々
       大葉  千切り    4枚
       塩コショウ
       
       お好みのドレッシング
       すっぱい系のドレッシングが合います。

1)玉葱スライス、ニンジン千切りを作り水に晒します。
  15分ほど晒したら水から揚げ、よく水を切ります。

黒米酒6.jpg

2)鯛をおろします。
炙り鯛カルパッチョ風1.jpg

  鯛のおろし方は過去記事を見てください。
  過去記事→鯛のおろし方  
  おろした身は腹骨をすいておきます。
  過去記事→サク取り

  頭と中骨は後日、料理するので冷凍しました。


3)おろした身をバーナーで炙ります。
炙り鯛カルパッチョ風14.jpg
  これはキャンプ用のバーナーで室内用のバーナーではありません。
  室内用・調理用のバーナーを使ってください。

  室外用・キャンプ用を使う時は室外で炙ってね。

←ぽちっとオネガイシマス
  
まずはボールに氷水を用意します。

  次に鯛の身を皮目を上にして金属バットか耐熱性のある皿の上におきます。

炙り鯛カルパッチョ風2.jpg
  フラッシュのせいで解りませんがバーナーの炎で炙っています。
炙り鯛カルパッチョ風3.jpg
  皮が縮んで身が添ってきます。
炙り鯛カルパッチョ風4.jpg
  皮目を炙ったら氷水に漬けます。
炙り鯛カルパッチョ風5.jpg
  1~2分冷まします。
  冷めたら水から引き上げ清潔な布巾かキッチンペーパーで水気を拭き取ります。


炙り鯛カルパッチョ風6.jpg

4)血合いの小骨を切り取ります。
  赤線部分を指で触ると骨があるのがわかります。
  これを左右から切り取ります。


炙り鯛カルパッチョ風7.jpg

5)身の厚いほうを向こう、皮目を下にして薄く切ります。
  厚みは3ミリくらい長さは5~6センチ。
  この大きさで10g位の重さになります。

炙り鯛カルパッチョ風8.jpg

6)盛り付け。
  皿に薄く玉葱スライスを敷き、上に鯛の切り身を皮が上になるように盛ります。
炙り鯛カルパッチョ風9.jpg

  上にレモンスライスニンジン千切り、大葉千切りを散らして完成です。
  レモンは薄く切って切れ目を入れ開いてから乗せています。

炙り鯛カルパッチョ風10.jpg


7)味付け
  市販の玉葱醤油系ドレッシング(ピエトロ)で食べました。

  普通のドレッシングだと酸味と塩気が足りない場合がるので、
  塩コショウを少し振り、レモン汁等で味を足してやるといいですね。

炙り鯛カルパッチョ風12.jpg

炙り鯛カルパッチョ風13.jpg


  今回は天然鯛を使ったので特に美味かったです。
  白身に炙った皮の香ばしさが加わり、一味も二味も違う感じです。
  鯛やイサキの皮は美味いですね~

←ぽちっとオネガイシマス


携帯用リンク  魚の捌き方 (刺身、料理、レシピ)

スポンサーリンク

コメント

おもちゃのひろくん

こんばんは!
新潟地震、時間が経つにつれて犠牲者の数が増えていきますね・・・。
死者も最初3人と言っていたのが9人になってました・・・。

今日の鯛炙りのカルパッチョ風の作りかたでバーナーで炙るというのは一般家庭でもされているのでしょうか?
ウチではやらないので見た事が無いです・・・。

筋肉料理人

おもちゃのひろくん、こんにちは~
>新潟地震
凄まじいですね。
同じ地震が我が家を襲っていたら嫁さん、子供、
皆、家の下敷きになっていたでしょう。
早く余震がおさまり、インフラが復旧するのを祈るしかないです。
それと、ネットで出来る支援には参加したいです。

>一般家庭でもされているのでしょうか?
普通はやらないでしょう。
バーナーがある家庭って、お菓子作りに凝っている家庭か、
キャンプに凝っている家庭位なものでしょう。
ですから今まで使わなかったんですが、
刺身用に魚をさばくこと自体のハードルが高いみたいなんで、
あえてブログに登場させました。
まあ、こういうやり方もあるってことで見てください。
そして、お店で炙り刺しを見かけたら、
「こんな風に造ってるんだな」
と思ってください。

ぺろりん

こんばんは~
 天然鯛のカルパッチョに黒米酒ですか~v-405
あ~夢に出てきそ~v-393

話は変わりますが我街小倉は今日から祇園祭りです
太鼓の音があちこちで響いてたくさんの出店v-32
でも帰り道が渋滞で込み合うのが辛いですね~

そんな時にゆっくり雰囲気を味わえない&楽しめないv-306
のがもっとツライですね~v-406

筋肉料理人

ぺろりんさん、こんにちは~
天然鯛は美味かったですよ。
やはり一味違いますね。

祇園祭ですか~賑わうでしょうね~
ゆっくり祭り見物できたら楽しいでしょう。
ゆっくり楽しめるといいですね。

ryuji_s1

鯛炙りのカルパッチョ風

美味しそうですね

ステキなレシピです。

筋肉料理人

ryuji_s1さん、こんにちは~
鯛は皮が美味いからいいですよ。
バーナーが要るので一般向けじゃないかもしれませんが、
工夫すればコンロでも出来るかもです。
非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.