スポンサーリンク

ヨコワ(メジマグロ)の刺身1   ヨコワのさばき方

ヨコワ刺身7.jpg

∩・∀・) 皆さん、こんにちは~
ヨコワの刺身でございます。

ヨコワヨコワ刺身1.jpg黒マグロの幼魚です。
地方により呼び名が異なり、ヨコワと呼んだり、メジ、メジマグロと呼んだりするようです。

は夏から秋です。

クロマグロ(本マグロ)の幼魚ですから見た目は似ています。
大きさが違うだけで、うえの画像のヨコワで7キロ、1メートル近くあります。
船釣りで釣れるらしいから、こんなのが釣れたら興奮するでしょうね!
ヨコワ→ヨコワ刺身2.jpg本マグロ→本マグロ7.jpg

見た目は同じですが身の質はカナリ違います。
ヨコワの身は脂分が少なく淡白な味がし、小さい物は脂の少ないカツオに近い感じです。
それに対して成魚のクロマグロは腹にたっぷりと脂が乗っています。
ヨコワは赤身ヨコワ刺身5.jpg本マグロのトロ本マグロ2.jpg
ヨコワは全体に脂が少なく、クロマグロ(ホンマグロ)のように脂が乗っていないです。
クロマグロは養殖物なら背中の赤身もピンク色に脂が乗っています。

どちらが美味いか?
と言えば、ホンマグロと言う方がほとんどだと思います。
ヨコワは脂が少ないかわりに、さっぱりとした味で食べやすいんですが、
脂が乗った刺身の方が好まれますからね。
ですが、活きの良いヨコワはさっぱりした味と価格が安い事もあってお勧めの魚です。


ヨコワ(メジ、メジマグロ)のおろし方
ヨコワ(メジ、メジマグロ)のおろし方はカツオのおろし方とほとんど同じです。
(大きさが違うだけで身質、構造が似てるから)
違うのは厚皮を切り取らない所です。
大きいので最初は戸惑いますが、頭を切り落とし、肛門から腹を切り開いてワタを抜く、
そして腹腔内を良く洗い、その後に三枚おろしにします。
参考記事→イナダのおろし方
三枚におろしたら、おろした半身は血合いの横に包丁で切れ目を入れておきます。
こうしないと自分の重みで身が割れてしまうからです。

三枚におろしたら、血合いを切り取ります。
参考記事→カツオのサク取り
そしてヨコワの身は大きいので節をいくつかに切り分け柵にします。

おろし方の画像が無くて申し訳ないです。
何せ1匹買うと自分の家族じゃ食べきれないので自宅でおろさないんですよ。
何れ機会があったら画像付きで再アップしたいと思います。



レシピ一覧

ご協力お願いします

関連記事
マグロ(鮪)

スポンサーリンク

コメント

ブ~ビィ

メジなんて釣れたらホントに嬉しいですよね~。
1級の免許まで取ったのに釣りにも行ってません(笑)

大きな魚を捌くのってウキウキしますね。
サクにして豪快に大きなお刺身にするのがいいっすね!

店長

店長です。

「ヨコワ」って言うんですか、メジマグロは聞いたことがあります。
本マグロの幼魚ですか・・・

脂分が少なく淡白な味なんですね、もちろんワサビ醤油でしょうね!
薄く切って、醤油ずけにしてもいいんですかね・・・?

筋肉料理人

ブ~ビィ さん、こんにちは~
メジが釣れたら〆るのが大変そうですね。
でも、釣れたら嬉しいだろうなあ~
釣れたらしっかり血抜きして持ち帰ってくださいね。
マグロは血抜きが大切ですよ。

>サクにして豪快に大きなお刺身にするのがいいっすね!
メジやヨコワはあっさりしてるから、
大きな切り身でも食べやすいからいいですね。
でっかく切って食べたいです。

筋肉料理人

店長 さん、こんにちは~
メジもヨコワも同じ物ですよ。
地方により呼び名が違うだけです。
>もちろんワサビ醤油でしょうね!
そうです。
あっさりしてるから沢山食べれます。
ズケももちろんいけます。
新鮮なら血合いも美味いです
非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 
男の料理ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.