スポンサーリンク

沢煮風にゅうめん

にゅうめん2

 
 


∩・∀・)こんにちは~
沢煮風にゅうめんです。
前回の記事で作った沢煮椀の残りを使って作りました。
出汁と野菜の味がきいた沢煮椀に淡口醤油とミリンで少し味を足しています。

私は麺類が大好きで素麺も当然、大好きです。
沢煮椀を作るとき、「素麺も用意しよう!!」と即座に思いましたね。
素麺を普通に麺汁で食べると、何時も食べ過ぎて苦しくなってしまい、
食べた後、しばらく動けない事態に陥るんですが、
にゅうめんなら食べ過ぎないし、
野菜たっぷりの沢煮椀ベースで食べるとヘルシーでいいですね。
今回は「落としたまご」も入れました。
たまごも大好きなんです・・・



沢煮風 にゅうめん      作り方&レシピ

材料                3人分
素麺                 3束
一番だし              800cc
豚の脂身               80g 本来は背脂、お好みの豚肉を使ってもOK
ゴボウ                40g  細かい笹掻きゴボウにしてください。
ニンジン               30g  細かい千切り
シイタケ               3~4枚 薄くスライス
キヌサヤエンドウ          4枚   細かい千切り

自然塩                小さじ4分の3杯~1杯
淡口醤油              小さじ2杯
ミリン                 小さじ1杯
日本酒                大さじ3杯


1)一番だしを取ります。
   水(浄水器の水)          1リットル
   昆布                10g
   花かつお(削り節)        20g
  上の材料で一番だしを取ります。
  昆布を水に漬け15~30分水出しし、鍋を火にかけ10分で沸騰するくらいの火加減で加熱します。
  沸騰寸前に昆布を引き上げ、差し水をし温度を下げて花かつお20gを一気に入れ、
  一煮立ちしたら火を止めます。
  アクをすくい、花かつおが沈んだらペーパータオルを敷いたざるで静かにこします。
  残った花かつおは搾りません。
  一番だしの取り方はこちら→http://dt125kazuo.blog22.fc2.com/blog-entry-826.html


2)汁を作ります。
  前回の記事、沢煮椀の作り方と同じ要領で汁を作ります。
  野菜、豚の脂身の下ごしらえをして、
沢煮椀1 沢煮椀2
  牛蒡は細かい笹掻きにして水に晒し、他の野菜は細い千切り。
沢煮椀3 沢煮椀4
  脂身は千切りして塩でもみ、霜降りします。
沢煮椀6
  一番だしを鍋に入れて沸騰させ、脂身(豚肉)→牛蒡→他の野菜の順に入れて
  アクをすくいながら煮ます。

  ここまでは前回の記事の沢煮椀と同じです。
  前回の記事→http://dt125kazuo.blog22.fc2.com/blog-entry-827.html


3)味付け。
  沢煮椀より少し濃い目に味付けします。
  一番だし               800ccに対して
   自然塩                小さじ4分の3杯~1杯
   淡口醤油              小さじ2杯
   ミリン                 小さじ1杯
   日本酒                大さじ3杯

  上の分量をベースに、お好みで味付けしてくださいね。 
  味見する時は口を水ですすいでから味見してね。


4)鍋にたっぷりの湯を沸かし、素麺を湯掻きます。
  沸騰した湯に素麺を一気に入れ、くっつかないようにかき混ぜます。
  沸騰したら、湯の中で素麺が泳ぐくらいの火加減で湯掻いてください。
  素麺は固めに湯掻き、ころあいの固さになったらザルにあげてください。
  流水をかけて冷ましながら手で揉みます。
  手早くきつめに揉んでください。
  揉んでいるうちに手触りが変わって腰が出てくるのがわかると思います。
  腰が出たら水からあげてください。


5)「落としたまご」を作ります。
  卵はボールに割り入れておきます。
落としたまご2 落としたまご1
  小鍋に少量の湯を沸かし酢を少し入れます。
  火にかけ、沸騰したら、軽く沸騰するくらいの火加減にします。
  ボールの卵をそっと流し入れ、固まってきた卵白を箸でかぶせるように形を整えます。
  この時に鍋を傾けて鍋の角を使うと卵が形よく固まりやすいです。
  このまま、お好みの固さ(半熟くらいが良い)に固めます。
  予め空き缶を用意して鍋の下に敷いて傾けると便利です。

  「落としたまご」の作り方をおぼえると、「玉吸い」(卵の吸い物)を作るときに役に立ちますよ。

  (・∀・)「落としたまご」を作ったのはブログネタの為です。
      6)で汁を沸かすときに卵を落としても全然OKです。


6)3)で作った汁を沸かし、麺を入れてほぐれたら丼に移します。
  (茹ですぎて素麺が伸びないように注意)
  汁と野菜、落としたまごをのせて完成です。
にゅうめん2 にゅうめん1


  こしょう、もしくは一味唐辛子、柚子胡椒、お好みで振ってください~
  出汁が効いて大変美味しかったです。




 

人気ブログランキング



このブログで作った料理レシピ→レシピ一覧
独り言

沢煮椀

沢煮椀の「沢」には沢山と言う意味、と薄味(あっさり味)という意味があるそうです。
沢山の種類の野菜が入っていると言う意味と、薄味(あっさり味)の汁物と言う両方の意味があるそうです。



煮麺

「麺」を「煮る」と書いて「にゅうめん」とは、日本の料理における素麺の位置がわかるような気がします。
現在の形に近くなったのは室町時代だそうです。

スポンサーリンク

コメント

たかっち

こんにちは~
にゅう麺と聞くと、あっさり味と思いますが
豚トロの油が入るとなると
あっさりだけどコクがある!!
そんな感じがしますね(*^。^*)
う~ん、3時のおやつに食べたいです。。。。。。

流音

これまた、おいしそうですね~(^~^)
沢煮椀のおつゆがおいしくできたら、こちらも作ってみたいです!
私も麺類好きです。そうめんは冷やしより、温かいにゅうめんが好きです。
おとしたまごは別に作ってられるのですね。私は直接おつゆに入れてしまうのですが、
つゆが濁ったり、煮すぎたりして失敗することがあります(--;)
別にした方がよさそうですね♪
しばらく動けない状態・・・(^m^)私もあります(笑)

アリババ

こんばんは~
出汁の取り方から教えてくれるなんて、流石!!
かつおだしばかりで、
一番だしの取り方知らなかったので、( ..)φメモメモしました。
コレ知ってたら応用も利くし、絶対美味しいし!
頑張って、作ってみま~す。

筋肉料理人

たかっちさん、こんにちは~
豚肉ってね、けっこう出汁が出るんですよ。
確かに、そこはかとなくコクがありますね。
私も椀物よりこちらの方がいいかな~

筋肉料理人

流音さん、こんにちは~
>しばらく動けない状態・・・(^m^)私もあります(笑)
ありますよね~
夏場の休日の昼飯に素麺を食べると必ず動けなくなります~
なかなか学習できないです。
あれは素麺の魔力ですね!

落としたまごはブログネタの為に作りました。
こちらの方が綺麗にあがりますからね。
暇な時にはいいですよ。

筋肉料理人

アリババさん、こんにちは~
私も普段は本だしを活用してますよ~
でも、たまに昆布とカツオで出汁を取ると美味いですね~
やはり出汁は大事だと思いますよ。

mecha

しばらく動けない状態
沢煮ですね~の、中に素麺を。
全く管理人筋肉料理人さんの意図とは反しちゃうけど、
中の脂身を抜いて~
最後の卵でアクセント・・だと出来るかな。
動けないというくらい食う・・・
(´;ェ;`)最近、そういう状態は避けて食べちゃうもので、
・・ひさびさ、やってみようかな?
素麺とかだったら・・可能かもです。

Anne

はじめまして
キャンプ料理で検索していてこちらのページに辿り着きました
アリゾナ在住です

キャンプ料理の他にも色んな料理がてんこ盛りの楽しそうなブログですね!
また覗きにきますね!

筋肉料理人

mechaさん、こんにちは~
脂身のかわりにベーコンなんてどうですか?
風味は全く変わっちゃいますが美味いと思いますよ。
ちょっと洋風、中華風になるかもですが、
間違いなく美味いと思います。

>・・ひさびさ、やってみようかな?
わざわざ挑戦しますか(^^)
あれは夏場の素麺がいいですよ~

筋肉料理人

Anneさん、こんにちは~
アリゾナからご訪問&コメントをありがとうございます。
私のブログは魚のおろし方と刺身関係を中心に、
居酒屋料理、その他、もろもろでやっています。
キャンプも好きで年に数回ですが行っています。
アリゾナってキャンプにはよさそうですね~

ご訪問、ありがとうございます。

店長

こんばんは
店長です。

これは食べ過ぎてしまいそうなにゅうめんですね!
いつも美味しそうな参考になる料理をありがとうございます。

すみません、しばらく休止します。
状況が整ったら再開しますので、宜しくお願いします。

筋肉料理人

店長さん、こんにちは~
ブログ休止されるんですか~
それは残念ですが、お仕事の都合なら仕方ありませんね。
私のほうはボチボチ更新してますんで、
お暇な時に来てくださいね。
それではまたの時を楽しみに!

おもちゃのひろくん

こんにちは!
にゅう麺って母がよく作ってくれました。
嫁にも頼んでみようかな・・・。(^o^)

筋肉料理人

おもちゃのひろくん、∩・∀・)こんにちは~
ひろくんにとって煮麺はお母さんの味なんですね~
あったかいですね~
非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.