スポンサーリンク

ハマチ ユッケ丼

ハマチユッケ丼3
 
 


∩・∀・)こんにちは~ 
今日の料理は「ハマチのユッケ丼」です。
前々回の記事でさばいたハマチを使って作りました。
ハマチ1 レシピブログ
小振りなハマチだったんですが、やはり1匹分って言うとかなりの分量がありますね。
半身で4~5人分の刺身が取れて、前回の記事の「ごまハマチ」そして今回の記事の「ハマチのユッケ丼」、あと「ハマチの生姜焼き」、「ハマチの柚庵焼き」を作りました。それに、まだアラが残っています。アラも焼いたり煮たりして食べられます。丸ごと1匹買うと捌く手間はあるんですが、お安く、色々な料理が作れますね。

 

ユッケは韓国の肉料理で本来は牛肉を細切りにし、コチュジャン、醤油、胡麻、松の身、葱、卵黄等で和えたものです。これを魚で作っても美味いんですよ。私が一番好きなのはサバの刺身で作ったユッケで、マグロや鰯、サンマ、鯵、タコ、イカ、今回使うハマチ(ブリ)で作っても美味いんです。
過去記事でもサバやマグロ、鰯、鯵で作りました。
アジユッケサラダ風5 鯵のユッケ サラダ風
sabayukke8.jpg サバと長芋のユッケ風
鮪アボカドユッケ9 マグロとアボカドのユッケ風
鰯たたきユッケ17.jpg イワシのたたき ユッケ風
どれも美味しかったです。
ユッケと同じく韓国料理に「ビビンバ」があります。
ビビンバはご飯の上に肉やナムルを乗せたもの、そしてビビンバにユッケをのせたのが「ユッケビビンバ」です。
今回の「ハマチのユッケ丼」はユッケビビンバ風に、酢飯の上に刻んだキムチ、長芋、もみ海苔をちらし、その上にハマチのユッケと卵黄、刻み葱をのせて作りました。
酢飯にしたのは、好みもありますが夏場だからです。
酢飯の上なら、暖かい米飯と違って、安心して生魚を乗せられるんですよ。

 

ハマチのユッケ丼          作り方とレシピ

材料   一人分
刺身用ハマチ             70g
酢飯                  250g
長芋                   30g
白菜キムチ               20g
刻み葱                 少々
胡麻                   少々
もみ海苔                少々
卵黄                   1個分

ユッケのタレ
コチュジャン            大さじ、すりきり1杯
醤油                大さじ2杯
砂糖                大さじ、すりきり1杯
ミリン                小さじ半分
穀物酢               小さじ半分 
胡麻油               小さじ半分           
おろししょうが           チューブから5ミリ
おろしニンニク           チューブから5ミリ
ゴマ                 小さじ半分
ブラックペッパー           少々

1)ユッケタレをつくります。
  上記の材料を小さなボールに入れてよく混ぜます。
鮪アボカドユッケ2

  コチュジャンの銘柄により辛味が違いますので、辛味にあわせてコチュジャンの量と砂糖の量を加減してください。
  上のレシピで1.5人前位のタレの量になります。

2)ハマチの刺身は薄めに切ります(3~4ミリ厚、10gくらい)。
ハマチづけ4
  切った刺身をユッケタレと和えて、冷蔵庫で15~30分程寝かせて味を馴染ませます。


3)長芋の皮をむき、薄くスライスしてから千切りにしてください。
  キムチは小さめにざくざく切って下さい。

4)酢飯を丼に盛り、刻んだキムチ、長芋、もみ海苔を散らします。
  その上にユッケタレと和えたハマチをのせ、天辺に卵黄、まわりに刻み葱をちらして完成です。
ハマチユッケ丼1 ハマチユッケ丼2
 

お味は当然ですがとても美味しかったです。
ハマチのユッケだけでも美味しいんですが、長芋、キムチ、もみ海苔、刻み葱、酢飯、どれも邪魔な物は無く、食事としても酒の肴としてもいけました。

魚のユッケは前回の記事の「ごまハマチ」のような「づけ」とは親戚のような物です。
どちらも美味しく、「ごまハマチ」を今回のユッケ丼のようにご飯、もしくは酢飯の上に乗せても美味しいです。



 

人気ブログランキング



このブログで作った料理レシピ→レシピ一覧                  
上の記事は8月1日の昼前に書いていました。
ほぼ書き終え、昼飯を食べている時に実家の弟から電話があったんです。
声の調子で何か大変な事があったとすぐに解りました。
私の歳は45です。当然ですが親は高齢、何かあるとしたら親に決まっています。
電話をうけ、声の調子を聞いた瞬間に覚悟を決めました。
何があっても冷静に受け止めるとです。
案の定、母が倒れて救急車で運ばれたとの連絡でした。
母は腰痛持ちで腰痛を抑えるために水泳に通っているんですが、その水泳中に倒れ、救急車で運ばれたとのことでした。
弟も仕事中に病院から連絡を受けたらしく病状はわからない、ただ、既に久留米市の新古賀病院に運び込まれたと言う事だけが解りました。
私の父親は5年前に亡くなっているんです。
5年前の7月31日に心筋梗塞で亡くなりました。
昨日は8月1日です、5年前の記憶が蘇りました。
私は電話を受けた時、事務所にいたんですが食べかけの昼飯を全てたいらげ、仕事を義父に引継ぎ、着替えてから病院に行きました。
病院に着くまでに思っていたのは死んだ親父に「まだ連れて行くなよな」と思い続けていたこと。
私は普段、信心深いほうじゃないんですが日付の符号に、そう思わずにはいられませんでした。
病院に着くと既に弟夫婦と私の嫁もパート先から駆けつけていました。
話を聞くと詳しい事は解りませんが脳溢血で意識はあるとのことで、母はまだ緊急処置室に入っていました。
その後、看護士の方から話があり命に関しての話がでない事から一安心し、ICUに移り面会すると不自由ながら会話でき、手足も動かせる事から一先ずは皆で安心できました。
そして今日、8月2日の昼ごろから脳の血栓を取り除く手術が行われます。
実を言うと私は養子にいっており、親孝行らしき事は何もしていないんです。
親孝行していないどころか心配ばかりかけています。
親父はもう亡くなっていませんが、母にはできる事ならまだ元気で長生きしてもらいたい。
出来るなら私の娘が子供を生むまでは元気でいてもらいたいと思っています。
今日、行われる手術がうまくいくことを祈っています。

8月2日深夜、親不孝者が思う。



スポンサーリンク

コメント

たかっち

こんにちは。
続きを読んでビックリしました。
手術は今日の昼とあるので、
今はまだ手術室かも知れませんね。
お母様の無事を
元気に回復され、また水泳されてる事を
心よりお祈り申し上げます。

昨夜から、まともに睡眠取られていないかと思いますが、
無理はせず、交代交代でも良いので
体を休めて下さいね。

筋肉料理人

たかっちさん、こんにちは~
ご心配頂き、ありがとうございます。
昨日は無事に手術が成功しました。
10時半に病院に行き、説明を受け、12時に手術室に入り、
手術が終わったのは10時位でした。
実に10時間かかりました。
お医者さんの話では長くなるかも知れないけど、
内容的には難しい手術じゃないとの話だったんですが流石に心配しましたね。
手術が終わり、お医者さんから問題は無いだろうとの説明を受け安心して帰宅しました。
昨晩はワインを1本飲み手術の成功を祝ってから爆睡しました。
久しぶりにゆっくり眠れましたよ。
今日も午前中は病院に行き様子を見てきました。
そしたら、カナリ意識がはっきりして、平常に近い感じなのに驚き、
おまけに今日の晩飯から通常食を食べていいそうです。
そして来週にはリハビリを創めるとの事で、医学の進歩って凄いなあと思いましたよ。

私の体は全然、大丈夫です。
日頃の仕事で体を使うし、立ちっ放し長時間労働には慣れています。
もう、平常に戻りましたよ。
ご心配、ありがとうございました。

mecha

ビックリしました
でも、お母さん、ダイジョウブだったんですね?
手術が成功されたのなら良かったです!
うわ~~10時間ですか?!
ワタシも、4年前の父親の血管手術を思い出しました。
それは7時間だったんですが、
手術を待っている時のたとえようがない気持ちは分かります。
母もずいぶん前に筋肉料理人さんのお父さんと同じ
心筋梗塞で~初めて救急車に乗りましたっけ・・・。
経過が良くて~無事に
お母さんの笑顔が見れると良いですね(゚▽゚*)。

筋肉料理人

mechaさん、こんにちは~
ご心配頂き、ありがとうございます。
頭の手術って大変なんですね~
待ってるあいだは長かったですよ。
経過は今のところ順調です。
多少の後遺症は残るようですが来週から本格的なリハビリ、
今日の午後から一般病棟に移ります。
一昨日、手術したばっかりなのにびっくりです。
非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。