スポンサーリンク

夏大根で作る「ぶり大根」 作り方1 

ぶり大根1

∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です。
今日の記事は夏大根で作る「ぶり大根」です。
お盆の料理で刺身と寿司に使った鰤(ぶり)の頭を使って作りました。
刺身と寿司を作った当日に料理し切れなかったので、チルド保存していたのを数日後に、ぶり大根にしました。
(・∀・)ほんとはね~焼いて食べようと思っていたんだけど、過去記事「ハマチのかぶと焼き」で焼き物は記事にしていたんで今回は煮物にしました。
それに大根の煮物は美味いですからね、夏大根で作っても美味いですよ。

ぶり大根の作り方は色々で仕上げ方も色々ですが、今回は鰤の頭を切り分けずに大きいまま、たっぷりの煮汁で煮る料理方法でつくってみました。
手順は
大根→手頃な大きさに切る→皮をむき、面取り、隠し包丁→柔らかくなるまで下茹で
ぶりの頭→塩を振って水を出す→霜降り(熱湯に通して表面をかため、旨みを封じ込め、臭みを抑える)→掃除(ヌメリ、ウロコ、血を取り除く)
上の下処理をしてから煮汁で煮て作ります。
今日の記事は大根の下茹でと鰤の頭の霜降りまでです。

大根下茹で  レシピブログ




夏大根で作る「ぶり大根」      作り方とレシピ

材料  2~4人分
ブリの頭             1尾分
大根                半分
生姜                
白葱 

煮汁:煮汁の量は鍋の大きさ、鰤の大きさによって変わります。
水                600cc
醤油               75cc
みりん              75cc
砂糖               30cc~60cc

1)大根を下茹でします。
  大根はタワシで擦り洗いし、3~4センチの厚さの輪切りにします。
ぶり大根作り方2
  皮を厚くむいて下さい。皮の内側にある筋(しょうじ)の部分までむきます。
  厚くむいた皮は、あとでキンピラにします。
ぶり大根作り方3

ぶり大根作り方4こんな感じで分厚く皮をむきます。

  次に「面取り」をします。
  角の部分を2~3ミリ切り取って煮崩れにくくします。
ぶり大根作り方5大根の面取り

ぶり大根作り方6隠し包丁をいれる。
  大根の厚みの1/3~1/2まで十字に切り込みます。
  (・∀・)隠し包丁を入れるのは味がしみやすいように、火が入りやすいようにするためです。
ぶり大根作り方7
  

ぶり大根作り方8大根を下茹でする。
  大根は水の状態から煮てください。
  大根はアクを抜くために米の研ぎ汁で煮るんですが、研ぎ汁が無い場合はたっぷりの水と、米を大さじ1杯くらい入れて煮てください。
  コンロの強火にかけ、沸騰したら火を弱め、常に軽く沸騰する位の火加減で落し蓋をして煮ます。
  落し蓋が無い場合はクッキングシート、アルミホイルなどを落し蓋代りに使ってください。

  落し蓋をしたまま、大根が柔らかくなり、竹串がすうっと刺さるまで煮てください。
ぶり大根作り方9
  柔らかくなったら火を消し、落し蓋をしたまま置いてください。

  
2)鰤の下処理をします。
  2つに割った頭の両面に塩を振り、水出しをします。
ぶり大根作り方1 
  頭の割り方(あらの切り分け方)は過去記事の「ヤズ、イナダの刺身 動画編」で動画で説明していますので、そちらを見てくださいね。

  ぶり大根ぶり霜降り1
  鍋にたっぷりの湯を沸かし、沸騰したところへブリの頭を入れ、3~5秒位漬けてから冷水で冷やします。
  こうすると表面だけに火が入り臭みが抑えられます。
ぶり大根ぶり霜降り2
  冷めたら表面のヌメリ、ウロコをこすり落としてください。
  カマの部分には細かいウロコがついていますので、スプーン等でこすり落とすといいです。
  裏面には上の画像の丸で囲った部分(鰓の付け根)に血の塊がありますので、指先か竹串などで取り除いてください。


これで大根の下茹でと、鰤の下処理ができましたので、次回は煮汁で煮て完成させます。



 

人気ブログランキング


このブログで作った料理レシピ→レシピ一覧

スポンサーリンク

コメント

たかっち

こんにちは~
大根も卵も
味がしみてるのって
メチャクチャ美味しいですよねぇ
娘は時折、味付け卵の白身を器変わりに
汁をすくい飲んでます・・・・・

夢大吊り橋
HPでは霧がかかり天空状態でしたが
この日は晴天だったようですね。
それにしても高いですねぇ
ふざけて揺らしたら周りから怒られそうですね(;^_^A アセアセ・・・

筋肉料理人

たかっちさん、こんにちは~
煮玉子は美味いですね!!
煮物の味のしみたのは本当に美味いです~
私、大根も定期的に食べたくなります。

この吊橋は九重町が国からの補助を一切受けずに作って、
作る時に町内でも大変な論争になったそうですが、
出来上がってからは大正解で、既に建設費用は償却してしまったそうです。
実際、眺めはいいし、風で揺れるのでスリル満点、
周辺には温泉が多数あり、素晴らしい観光施設になっています。
何度も行くところではありませんが、一度は行こうかなって施設です。
ちなみに人力で揺らすのは難しいかな?
全長が長いんで風で揺れるようです。
非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.