スポンサーリンク

鮭と零余子(むかご)の炊き込みご飯   土鍋ご飯

鮭とむかごの炊きこみご飯11

 
 


∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です。
今日の記事は秋の味覚、「鮭」と「むかご」の料理、「鮭とむかごの炊き込みご飯」です。
昨日の記事「晩飯、鶏肝と豆腐のチリソース & 金木犀」で秋を感じちゃったんで、その余韻が残っているうちに秋の味覚を記事にしましょう。

が秋の味覚ってのは皆さん、ご存知ですよね。
もうそろそろ、秋鮭なんてのが店頭、広告のチラシを飾ります。
でも、「零余子(むかご)」は知らない方が多いんじゃないでしょうか?

m9(・∀・)解説しましょう!!
 「むかご」とは山芋などの葉の付け根にできる、丸い芋みたいな芽です。
 鮭とむかごの炊きこみご飯1 小さいボールに 入っているのが「むかご」
 茶色の小さな芋みたいな形をしています。
 生で食べると皮に渋みがありますが、白い身は山芋の味がします。
 「むかご」は炊き込みご飯や塩茹で、バター炒めにして食べられます。


流通量は少ないそうですが、大きなスーパー、道の駅に行けば手に入ると思います。
珍しい割りにお値段は、そう高くは無いです。
今回は秋の味覚、「鮭」と「むかご」を炊き込みご飯にしました。

鮭とむかごの炊きこみご飯10 レシピブログ





鮭と零余子(むかご)の炊き込みご飯    作り方とレシピ

材料    2~3人分

米           2合(360cc)
水           380cc
淡口醤油       40cc  佐賀の生しょうゆ淡口を使いました。
日本酒         40cc
昆布          5g位

鮭           甘塩鮭の切り身2枚
むかご         100g
バター          10g
白葱          青い部分10センチを細かく小口切りして水に晒します。
             水に晒しヌメリが取れたらザルに揚げて水を切ります。


1)米を研ぎます。
鰆炊き込みご飯2

  ボールとザルを使います。
  ザルに米をいれ、水を大量に注ぎながら米を洗います。
  米は硬いようでもろいので、米粒がつぶれないように強く押さえつけないでください。

  最初に水を注いでざっと洗い、すぐにボールの水を捨てます。
  白濁した研ぎ汁を捨てたらすぐに水を注いでください。
  再びやさしく洗います。
  これを3~4回繰り返します。

  水が白くにごらなくなったら米に水を吸わせますので、水につけたまま15分置きます。
  15分水につけたらザルごと水から揚げ15分水切りしてください。  

  吸水と水切りの30分の間に具を用意します。


2)甘塩鮭を魚焼きグリルで焼いてください。
  後で炊き込みますので表面が焼ければいいです。
鮭とむかごの炊きこみご飯2


3)土鍋に米、水、調味料、昆布、むかごを入れます。
  むかごは水で洗ってから入れてくださいね。
鮭とむかごの炊きこみご飯3 佐賀の生しょうゆ淡口

  一人用の土鍋に米2合(360cc)、淡口醤油40cc、日本酒40cc、昆布を入れます。
  米10に対し、水10.5、淡口醤油1、日本酒1の割合です。

  (・∀・)水加減は米の種類、炊く量によって変わるので調節してください。
      新米は少なめ(1割減)、古米は多目(1割り増し)の水加減です。
  使う土鍋は炊く米の量により大きさを変えます。
  例えば3合(540cc)の米を炊くときは、使う土鍋に6合(1080cc)の水を入れ、
  8分目くらいまでなら大丈夫です。
  もし、口まで来ている時はもっと大きな土鍋を使ってください。


4)土鍋を強火にかけます。
鮭とむかごの炊きこみご飯4 鮭とむかごの炊きこみご飯5

  沸騰してきたらすぐに弱火にしてください。
  それでも吹きこぼれると思いますので、吹きこぼれてきたら蓋を少しずらしてください。
  このまま5~8分火にかけます。
鮭とむかごの炊きこみご飯7蓋をずらす

鮭とむかごの炊きこみご飯6 最初は蓋を開けても大丈夫。
  水が見えなくなるまでは蓋を開けて確認しても大丈夫です。


5)水が減ってきたら焼いた鮭、バターを入れます。
  昆布を取り出してください。
鮭とむかごの炊きこみご飯8
  再び蓋をして弱火で5~8分ほど火を入れます。
  途中、コゲの匂いがしてきたら火を止め、匂いが収まったらまた火をつける。
  その繰り返しで火を入れてください。
  火を入れたら15分間蒸らします。
鮭とむかごの炊きこみご飯9

  15分蒸らした時点で火を入れ始めて25~30分以上経っているはずです。
  (・∀・)米を炊き、ご飯にするには最低でも20分以上必要なのだそうですよ。

鮭とむかごの炊きこみご飯12

  鮭を取り出し、身をほぐしてご飯と混ぜます、この時、小口切りにした白葱を混ぜてください。

鮭とむかごの炊きこみご飯13

二合の米を炊くには土鍋が少し小さかったですが、何とか炊き上がりました。

鮭とむかごの炊きこみご飯14 鮭とむかごの炊きこみご飯15

「むかご」って私にとって食べなれない食材だったんですが、食べてみると美味しかったです。
ヤマノイモ特有のコクがありますね。
鮭を一緒に炊き込んだんで、若い人でも抵抗無く食べられると思いますよ。

(・∀・)秋をかんじたとたい~


関連記事→鰆とごぼうの炊き込みご飯

 

人気ブログランキング

このブログで作った料理レシピ→レシピ一覧   

関連記事

簡単わかめスープ ← ご飯物と一緒にどうぞ
チキンライス・オムライス
Hotな夏ガーリックライス
他人丼 
親子丼
豚キムチチャーハン
あんかけ炒飯
シシリアンライス
牛丼

スポンサーリンク

コメント

たかっち

こんにちは~
食べ終わる頃に、
おこげが出現しちゃうんでしょうねぇ
(´¬`*)よだれ

フィギュア用写真
見事な逆三角形が羨ましいです・・・・・
今から完成が楽しみです(^◇^)

おもちゃのひろくん

こんばんは!
むかごは知りませんでした。
山芋みたいということは、ほくほくした食感なんでしょうか?
             ↑
       あ~表現しにくい・・・。(^_^;)

キリ番用の画像、しっかり受け取りました!
少し時間がかかりますが、楽しみに待っててくださいね!(^o^)

筋肉料理人

たかっちさん、こんにちは~
ダイエット効果でウエストが締まりましたよ。
フィギュア完成は楽しみですね~
オコゲは美味いですね!!

筋肉料理人

おもちゃのひろくん、こんにちは~
そうですよ~山芋の味がしますよ。
秋の味覚ですね~

フィギュア、楽しみに待ってます。
時間はいくらでもかけてください~
非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 人気ブログランキングへ

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.