スポンサーリンク

具たっぷり豚汁

豚汁レシピ、作り方14

 
 


∩・∀・)こんにちは~筋肉料理人です~
11月に入り、いよいよ朝晩が冷えるようになりましたね。
自宅でもコタツが登場し、夜はコタツに座って暖を取るようになりました。
こう寒くなると晩御飯には鍋物、汁物がいいですね。
昨晩は豚汁(・ω・)ブヒブヒを作りましたよ~

「豚汁」って全国余すとこなく普及している人気料理だと思うんですが、
皆さんがお住まいの地域では「豚汁」をなんて読んでます?

ぶたじる」と「とんじる」のどちらの読み方をしますか?

ちなみに佐賀県や福岡県では「ぶたじる」が圧倒的だと思います。
お店のメニューにも「ぶたじる」って書いてあることが多いですね。

豚汁レシピ、作り方15

今回は具に豚バラ薄切り、ゴボウ、里芋、大根、コンニャク、ニンジン、シイタケ、厚揚げ、白葱を使い、ちょっと大きめに切って具の存在感を出しました。
具を大きめに切ったので具材は下茹でしましたよ。
そんじゃ~ブヒっと(σ´ω`)σ行ってみよう!!





具たっぷり豚汁      作り方とレシピ

豚汁レシピ、作り方1

材料 5~6人前
豚肉薄切り          250g
ゴボウ             100g
ニンジン            100g
大根              100g
シイタケ             4~5枚
白葱               1本
黒板コンニャク         1枚
里芋               2~3個
厚揚げ              2枚

水                1リットル
昆布                5g(5センチくらいかな)
味噌               60~70g前後
醤油               少々


①野菜を切ります。
ゴボウはタワシで泥をこすり落とし、小さめに斜めに切り、すぐに水に漬け晒してください。

ニンジン、大根は皮を剥き(大根の皮は厚めに剥いてね)、5ミリちょっとの厚さにイチョウ切りして下さい。
豚汁レシピ、作り方2
イチョウ切りってね、皮を剥いて縦に半分に切り、はんげつがたにするでしょう、それをまた縦に半分に切るの。
それを切ると銀杏(イチョウ)の葉みたいな形になるんですよ。

里芋はタワシで泥を洗い流し、皮をむいて一口大に切って下さい。
洗ってからしばらく置き、乾かしてから剥くと剥きやすいです。

白葱は白い部分を斜めに小さめに切り、葉の部分を5センチほど切り開き、縦に細く千切にして下さい。
千切にした白葱の葉は笊にいれ水で流しながら手でもみ、ヌメリを洗い流します。
これをトッピングに使います。
残った葉は豚肉を煮る時の匂い消しに使います。
豚汁レシピ、作り方4

コンニャクはレンゲかスプーンで一口大にちぎってください。
豚汁レシピ、作り方3

シイタケは石突きを切り取り、一口大に切ります。
軸も縦に切って使いますよ。

豚汁レシピ、作り方5


②野菜とコンニャクを下茹でします。
まずは大きめの鍋にたっぷりの水をいれ、コンニャクとゴボウを入れて強火にかけてくださいね。
豚汁レシピ、作り方6
水が煮立ち、ゴボウのアクが出てきたら、シイタケ以外の野菜を加えます。
豚汁レシピ、作り方7
再び煮立ってきたら5分ほど下茹でしてザルに移します。
豚汁レシピ、作り方8 豚汁レシピ、作り方9
ザルに移したら水をかけ、さっと洗い流します。


③昆布を加えて煮てください。
さっと洗った野菜を鍋に戻し、水1リットルと昆布、シイタケを加えて野菜が柔らかくなるまで煮ます。
火加減は吹き零れない程度の強火でいいです。
(・∀・)昆布は最後まで入れたままでいいよ。
豚汁レシピ、作り方10


④味噌は2回に分けて入れます。
野菜が柔らかくなってきたら味噌の半分を溶きいれてください。
(・∀・)最初に入れるので味を染ませて、最後に入れるので香りを確保ってかんじ。
豚汁レシピ、作り方11
火加減を軽く沸騰するくらいに弱くし、野菜が柔らかくなるまで煮てね~

煮込んでいる間に厚揚げを一口大に切り、熱湯をかけて油抜き。
ボールに入れて熱湯をかけると油が浮きます。
この油をお湯ごと捨てればいいよ。


⑤野菜が柔らかくなったら火を強くし、一口大に切った豚肉を、一枚づつ広げながら入れてね。
白葱の葉も入れると豚肉の匂い消しになるよ。
豚汁レシピ、作り方12

 続いて厚揚げを入れてね~


⑥豚肉に火が入ったら火を弱火にし、灰汁をすくってから残りの味噌を入れてください。
(・∀・)味噌により塩分濃度が違いますので、適当に調節してね。
    味噌をほんの少し少なめにして、最後に醤油を少したらすと美味いですよ。


味が調ったら白葱を入れてください。
お椀に具材を山盛りにし、白葱の葉の千切をトッピングして出来上がりです。

豚汁レシピ、作り方16 豚汁レシピ、作り方14

大き目の具材がてんこ盛りになった豚汁の出来上がりです~
野菜を下茹でしているんで割りとさっぱり目ですね。
お好みで一味唐辛子、柚子コショウ等を添えるとまた美味いですよ~

(・∀・)具材を大きく切ったんで煮えるのに時間がかかります。
    急いで作りたいときは野菜を薄めに切って下さい。
    それを水に晒してから下茹で無しで作るといいです。
    味は変わりますけどね。


この豚汁の汁を多目にし、小麦粉を練った「だご」をいれる「だご汁」も美味いです。
「だご汁」は熊本の名物だけど、九州全県でご当地風の作り方があるみたいです。

 



 

 

このブログで作った料理レシピ→レシピ一覧 

スポンサーリンク

コメント

pupuce

merci!
わーい、わーい、豚汁!! 作り方、ありがとうございまーす! じゃ、さっそく作ってみます...と言いたいとこだけど今日は家にベランダを直しに来る人いていつ買い物に行けるか分かんないし、ピアノの生徒も来るし... こんな時にかぎって! 
でも フランスではごぼうが見つかりません...シクシク... 里芋も見たことありません...厚揚げはもちろんありません... こんにゃくはみつかるけど少し遠いところに行かないといけません.不便だなぁ... ま、明日にでも見つかる材料でなんとか作ってみまーす! 里芋はかわりにじゃがいもでもいいでしょうか??? ということで、前もっていただきまーす!!^^

占い師mecha

トン汁は割りと作りますが(^^ゞ
これは具が大きくてヾ(・◇・)ノ
食べがいがありそうですね(^▽^)/
そっか~、白菜の青みのある葉を刻んで
トッピングにすると綺麗ですね♪
東北方面では豚汁ともトン汁とも言いますよ~☆

流音

季節ですね(^0^)
私の方では「とんじる」と呼んでいます。
具だくさんの汁物はいいですね!
栄養たっぷり、体も温まるし、好きです。

野菜を下ゆでしたらいいのですね?
自分はお肉は下ゆでしてましたが(脂を抜くためです^^;)
野菜はそのまま出汁にいれちゃってました。
この方法なら、大きい具も大丈夫ですね♪
厚揚げはいれたことないので、次につくるときは
試してみたいです(^0^)

さといもは好きですが、むくのが難しいですね(^^;)

ちょんまげ女

豚汁、冬は暖まっていいですね。
夏場でも美味しいけどw
こんなに手間かけて作ったら上品なものなりそうです。
私もまねしてみます!
いつもお下品な豚汁ばっかでw

筋肉料理人

pupuceさん、こんにちは~
どういたしましてです。
お店で作るときは、こんな感じで作ってます。
具を大きめに切っているのは、大き目の具で具の存在感を出すのと、
お椀に盛ったとき綺麗に見えるからですね。
商品価値があがるので大きく切っています。
ご家庭ではもう少し小さく切った方が煮えるのが早くていいかも?
それと下茹でしていますが、これもお好みですね。
ワイルドに下茹で無しの方が豚汁らしいって方も多いと思います。
ゴボウが無いのは痛いですね、ジャガイモやサツマイモでもいいと思いますよ。

筋肉料理人

占い師mecha さん、こんにちは~
主食級に食べ甲斐がありますよ~
汁を増やして「だご」を入れれば立派な主食ですね。
白葱の葉は細かく刻んで水に晒して使うといいですよ。
ザルに入れて水の中で揉むといいです。
こうすれば味噌汁や蕎麦、うどんに使えますよ。
そちらではトンジル、ぶたじる、両方使うんですね~

筋肉料理人

流音さん、こんにちは~
お肉は霜降りしたほうが脂が抜けていいかもですよ。
この辺は好みですね。
野菜の下茹ではしても、しなくてもってとこですが、
ゴボウとコンニャクはした方がいいかな?
もっとも、ゴボウも小さめの笹掻きにして、
よ~く水に晒せば大丈夫です。
豚汁って各家庭ごと、地方ごとに味があるから、
自分の好みで作るのがいいでしょうね。
厚揚げも私の好みです。
豆腐が好きでしてね~
厚揚げは油がコクを出しますね。

筋肉料理人

ちょんまげ女 さん、こんにちは~
少し気合を入れて作ってみました~
って言うか、お店ではこんな感じで作ってます。
上に柚子皮をのせたり、糸唐辛子をのせたりしますね。
でも、正直言って、キャンプで作る豚汁の方が美味いかも?(゚д゚)
その時の気分、シチュエーションで作るのがいいでしょう~

たかっち

こんにちは~
神奈川は、とんじるです。
九州出身の家内は、ぶたじるです。
そして僕は家内の影響から今ではすっかり
ぶたじると呼んでいます。
明日から気温がグッと下がり
最高気温は15度満たないとかなので
ぶた汁にはピッタリですね(^◇^)

筋肉料理人

たかっちさん、こんにちは~
やっぱり、そちらは「とんじる」なんですね~
西と東で読み方が違うのは面白いですね。
こちらも今日は冷えてますよ。
昨日まで雨で今日は晴れてるんで一気に寒くなりました。
非公開コメント

筋肉料理人 藤吉和男

藤吉和男、佐賀県在住、料理ブロガー、調理師、料理研究家。料理、バイク、アウトドア、フィットネス全般、熱帯魚が好きです。
料理レシピ開発、料理教室、料理の撮影、スタイリングなど承っております。

著作権は放棄しておりません。
コンテンツの無断使用はご遠慮下さい。

YSP久留米バナー

お友達のお店です。
安心、信頼のバイク屋さん。

スポンサーリンク

 
男の料理ランキング

このエントリーをはてなブックマークに追加

ツイッター

レシピブログ

無断転載禁止です。 please do not reprint without my permission.